テーマ:荒川

OLAF素盞雄神社へお雛様を見に行く(’18年3月3日  素盞雄神社)

近所に有る神社で、初詣などにも行くところだが、この季節になると、桃の花が咲き、寄贈されたお雛様が所狭しと飾られる。 暖かい昼下がり、カメラ片手にブラブラしてきた。 (前回見に来た雛飾り) http://olaf-mama.at.webry.info/201403/article_1.html ピンクの桃の花は、今年は遅れてい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

OLAFの初詣 (’15年1月1日 素盞雄神社)

1日午後から初詣に出かけた。 前回初詣に行ったのは2010年だった。 (前回の記録) http://olaf-mama.at.webry.info/201001/article_1.html 素盞雄神社は氏神様だ。 午後だと言うのに、大行列が出来ていた。 「獅子舞」も出てきて盛り上がっている。 ようやく石の鳥居まで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

OLAF素盞雄神社へお雛様を見に行く(’14年2月28日  素盞雄神社)

ポカポカした良い天気だ。 散歩をする。 昔、素盞雄神社に雛飾りがあったのを思い出した。 http://olaf-mama.at.webry.info/201003/article_5.html 今年はどうなっているのだろう。 カメラ片手出かけることにした。 素盞雄神社は平日のPMと言う事も有り閑散としていた。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

OLAF花電車を見に行く (’11年10月1日 都営交通100周年記念都電荒川線の花電車)

都営交通は平成23年8月1日に創業100周年を迎えました。 これを記念し、昭和53年以来33年ぶりに花電車を運行することといたしましたので、お知らせいたします。 花電車のデザインは、都営交通100周年を祝うバースデーケーキをイメージしたものです。夜にはろうそくの部分に明かりがともり、一層華やかになります。 花電車とは車両を改造して…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

OLAFの東京散歩弟48回 (’10年6月30日 素盞雄神社の『夏越しの祓』)

6月30日に素盞雄神社で『夏越しの祓』が行われました。 昨年、一昨年は京都八坂神社の疫神社で7月31日に祇園祭の最終神事『夏越祭』で茅の輪くぐりをして、お祓いをしてもらってきました。 2008年のブログ http://olaf-mama.at.webry.info/200808/article_1.html 2009…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

OLAFの東京散歩弟47回 (’10年6月27日 荒川伝統文化ライブとミニウオークツアー)

『下町荒川の伝統文化ライブと体験観光ツアー』が「あらかわ観光協議会」の主催で行われました。 「あらかわ観光協議会」は荒川を観光振興で活性化しようと設立されたもので、平成22年度までに観光協会設立を目指していると言う。 梅雨の合間の蒸し暑い日曜日の午後、日暮里駅前に集合してツアーが開始されました。 午後一時、事務局を含め総勢30…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

OLAFの東京散歩弟44回 (’10年6月5日 三河島の山車人形見物)

近所の素盞雄神社で、天王祭が行われました。 六月は旧暦では夏。 春と秋に稲の収穫を祈念感謝する農村型の祭禮に対して、天王祭は京都の祇園祭と同様、夏に流行する疫病を振り祓う都市型の祭禮と言えます。 やはり京都の祇園祭文化が江戸にも流れてきていたのです。 六月二日の宵宮祭、三日の例大祭は、町屋、三河島、南千住・三ノ輪の三地区六十…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

OLAFの東京散歩 第35回 (’10年3月19日 素盞雄神社の桃祭り)

素盞雄神社の桃が綺麗との情報で、行って見た。 境内に建て看板が建っている。 疫神祭(えきじんさい) 当神社は、平安時代延歴14年4月8日境内東方にある奇岩が瑞光を放ち、二柱の御神影が現れ、『吾れは素盞雄大神・飛鳥大神なり。 吾れを祀らば、疫病を祓い福を増し、永くこの郷土を栄えしめん。』との御神勅により創建された神社で、桃花満…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

OLAFの東京散歩 第30回 (’10年1月3日 素盞雄神社へ初詣)

1日、2日はバタバタしていて初詣に行けなかった。 そこで、3日に地元の氏神様、素盞雄神社へお参りに行った。 ここは、素盞雄の尊を祭ってある有名な神社だ。 今日と八坂神社と同様「蘇民将来子孫也」の幟が立っている。 また、松尾芭蕉が奥の細道に旅立った神社としても有名だ。 「蘇民将来子孫也」の幟。 善男善女が沢山初詣に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

OLAFの東京散歩 第29回 (’09年12月19日 伝統芸能、江戸の里神楽・江戸紙切り)

『伝統芸能に親しむ会』があった。 出し物は江戸の里神楽と江戸紙切りだ。 面白そうなので行ってみた。 初めは、松本源之助社中(まつもとげんのすけしゃちゅう)が行う国の指定文化財「江戸里神楽」。 神楽は、神代の昔からお祭に奉仕してきた日本で一番古い芸能。 全国にいろいろな神楽があったが、その中で、「里神楽」は、民間の神楽、つま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

OLAFの天王祭《素盞雄神社例大祭》見物(’08年6月7日)

梅雨の合間、晴れ渡って暑い土曜日。 午前中にOLAFは平成20年度 天王祭(素盞雄神社例大祭)を見物に行きました。 しかも、初めての着物着て。 今年は「本祭」。 三年に一度行われ、本社神輿が渡御します。 (それ以外の年に行われる「陰祭」では本社神輿はでません。町内神輿やこども神輿等のみです。) 天王祭は京都の祇園祭と同様、夏…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more