テーマ:荒川区

OLAF桜に魅せられて④(’18年3月25日 荒川自然公園)

友人とビールを飲みながら、お花見をしました。 公園には、子供を連れたお母さんたちが同じように、お花見をしていました。 ほほえましい、風景です。 早い物で、もう花吹雪が舞い散る時期になってしまいました。 満開だと思ったらもう散り始めていました。 花びらが角にたまってました。 「この速さで時間が過ぎて行く…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

OLAFの陶芸教室参加 (’18年1月24日 蕎麦猪口)

今度は蕎麦猪口に挑戦した。 自分で打った蕎麦をこれで頂くのが楽しみだ。 ①工程:土練りと作陶(12月5日) 秋冬バージョンの器に挑戦することにした。 今まで作ったことが無かった蕎麦猪口を作成することにした。 粘土は、前回同様「特こし」を使う。 600gを使用。 ②工程:仕上げ(削りと高台づくり)(12月12日) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

OLAFの初詣(’18年1月1日 素盞雄神社)

寒いが静かで晴天。 良い元日が迎えられた。 おせちを食べる前に地元の氏神様、素盞雄神社(すさのう)神社へ初詣に行った。 昨年の暮れには「年越しの祓」に来たばかりだが、気分は変わっている。 日にちが変わる真夜中から始まる初詣の列が一区切りついて、昼前のまた行列が出来る前の空いている境内。 念入りに二礼二拍手一拝でお参り。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

OLAFの年越しの祓(’17年12月29日  素盞雄神社神社)

地元の氏神様、素盞雄神社(すさのう)神社で年越しの祓が行われている。 暮れの街を楽しみながらお参りに行ってきた。 掲示によると “大祓(おおはらい)とは6月と12月に斉行される罪穢(つみけがれ)を祓い清める神事で、前者を『夏越しの祓』、後者を『年越しの祓』と言い、私たちが生活している間に、知らず知らずに罪を犯し、穢れに触れ、本来の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

OLAFのフグでの忘年会(’17年12月20日 とらふぐ亭)

何時もお安い居酒屋で忘年会をしているが、今日はちょっと贅沢にフグ料理で忘年会をした。 気心が知れた友人との忘年会だ。 場所は「とらふぐ亭」。 泳ぎとらふぐセット(全7品)で、皮刺し、泳ぎてっさ、泳ぎてっちり、なべ皮、雑炊、香物、デザートと一応フグコース。 から揚げ、白子等は付いていないがまあ良しとしよう。 最初はてっさ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

OLAFの「越前手打ちそば教室」(’17年12月17日 荒川区主催)

OLAFの趣味の一つに蕎麦打ちが有ります。 そこで、区報に載っていた福井手打ちそば教室に参加してきました。 OLAFが住んでいる区は、福井県との交流都市で、毎年12月に「福井手打ちそば教室」と題して、そば打ちの体験教室を開催してくれます。 平成20年より続けており、今年で8回目です。 講師は、全日本素人そば打ち名人大会の第1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

OLAFの蕎麦居酒屋で昼のチョイ呑み(’17年12月16日 ひろと屋)

町屋に有る蕎麦居酒屋「ひろと屋」さんで、友人と昼のチョイ呑みを楽しんできました。 下町の蕎麦居酒屋でランチタイムから蕎麦前が楽しめます。 壁の棚には焼酎などマイボトルが沢山。 今日は空いていました。 ここのランチの「そば定食」はお安くチョイ呑みのお摘みには最高です。 天婦羅3種にお刺身(内容は仕入れで変わる)、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

OLAFの陶芸教室参加 (’17年12月2日 冬バージョンの角皿)

今回も区が主催してくれる陶芸教室に参加する事が出来た。 夏バージョンの酒器セットで片口を作ったが、今度は秋冬バージョンの酒器セットに挑戦することにした。 片口が終わったのでおつまみ用の角皿を作成することにした。 ①工程:土練りと作陶(11月7日) 今度は秋冬バージョンの酒器セットに挑戦することにした。 片口の後はお摘み用各…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

OLAFの陶芸教室参加 (’17年11月3日 冬バージョンの片口陶器)

今回も区が主催してくれる陶芸教室に参加する事が出来た。 夏バージョンの酒器セットで片口を作ったが、今度は秋冬バージョンの酒器セットに挑戦することにした。 まづ片口から作成することにした。 (前回作った夏バージョン酒器セット) ① 工程:土練りと作陶(10月5日) 夏バージョンの酒器セットで片口を作ったが。 今…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

OLAFの陶芸教室参加 (’17年7月19日 今回はビアカップに挑戦)

区が主催する木曜日、全3回で陶芸作品を作る教室に参加した。 区の設備でも焼成釜を持っている場所が少なく、公募が有っても抽選が外れ、なかなか参加できなかった。 今回は大当たりで参加する事がかなった。 (前回の陶芸教室のブログ) http://olaf-mama.at.webry.info/201608/article_1.html…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

OLAF、爺さん仲間と花見(’17年4月3日 尾久の原公園)

桜がなかなか満開にならないが、爺さん仲間とお花見に行った。 場所は近場の公園「尾久の原公園」。 今まで行った事が無かったのでどんな所か楽しみだ。 今日は良い天気で暖かだ。 お花見日和。 ビールやお酒を途中のスーパーで購入し公園へ。 桜は未だ思ったほど咲いていなかった。 ただ、川沿いの沿道のしだれ桜が綺麗に咲いていた。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

OLAFの陶芸教室参加 (’16年8月4日 陶芸教室全3回で作った作品)

今まで陶芸をしたかったが、チャンスが無かった。 今回毎週火曜日全3回で陶芸作品を作る教室に参加した。 さてどの様な作品が出来るか・・・ ◎第一回目 7月12日 10:00~12:00 工程:土練りと作陶 初めに講師が説明をしてくれる。 土練りはデモンストレーションのみだった。 菊練りは蕎麦打ちの工…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

OLAFの夏越しの祓 (’16年6月30日 素盞雄神社)

今日は素盞雄神社で6月晦日の大祓式《茅の輪くぐり》の神事が行われる。 早速お参りに行く事にした。 ネットによると ”スサノオノ命(みこと)が遥か遠くの南の海に妻問いにでかけたときのことです。 陽はすでにどっぷりと暮れ、旅に疲れはてたスサノオノ命は蘇民将来(そみんしょうらい)・巨旦将来(こたんしょうらい)という名の兄弟に宿を乞いま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

OLAFの素盞雄神社の桃まつり見物 (’16年4月2日 素盞雄神社)

世の中は桜満開の初めての週末と言う事で、桜がニュースの中心だったが、OLAFは素盞雄神社の桃まつりを見に行く事にした。 ネットによると ”素盞雄神社は、平安時代延歴14年4月8日境内東方にある奇岩が瑞光を放ち、二柱の御神影が現れ、『吾れは素盞雄大神・飛鳥大神なり。吾れを祀らば、災を祓い福を増し、永くこの郷土を栄えしめん。』との御神勅…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

OLAFの東京散歩 第27回 (’09年10月30日 千住・橋場・隅田川秋月)

今回は南千住の歴史を巡り、十三夜を眺めるウォーク・ツアーに参加した。 地元の歴史家がツアーの案内をしてくれる。 歴史家の話によると 『南千住地域は、江戸の頃より江戸から日光に通ずる日光道中最初の宿駅として、また水陸交通の主要拠点として早くから開けたところです。 古くは源頼朝が奥州藤原氏討伐で祈願した神社があり、また江戸の二大…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more