テーマ:温泉

OLAFの新緑の温泉(’18年4月14日~16日 グリーンパール那須温泉)

雨風が一段落した東京を11時に出発し、高速道路バスで那須温泉(ホテル・グリーンパール那須)へ来ました。 今回も2泊3日でゆっくりする予定です。 ここは良く来る温泉で前回は、2月に来てます。 (前回のブログ) http://olaf-mama.at.webry.info/201803/article_2.html その時は、雪の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

OLAFのランタン祭り③(’18年3月12日~13日 津南温泉)

(前ブログからの続き) ランタンフェスティバルを見た翌朝は、「雪下にんじん掘り体験」。 雪の下に埋まっている人参を、各自3本掘り出して、お土産に持ち帰る。 何でも、雪ノ下のにんじんは、寒さから身を守るため、自らでんぷん質を糖分に変えて、甘くなるとか。 昨日に引き続き、またまた、雪の中を畑まで歩く。 地元農家のスタッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

OLAFのランタン祭り②(’18年3月12日~13日 津南温泉)

(前ブログからの続き) 十日町で傘つるし雛を見物した後、今夜の宿泊宿「ニュー・グリーンピア津南」に到着した。 このホテルは苗場山麓にある高原リゾートホテルで、「プライベートゲレンデ」の真ん中に建っていた。 従って、歩いて0分でスキーゲレンデだ。 そこが、ランタン上げの会場になる様だ。 到着すると、大きな体育館に連れ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

OLAFのランタン祭り①(’18年3月12日~13日 津南温泉)

旅行会社のバスツアーで、新潟・津南スカイランタンと津南温泉に行ってきました。 ランタン祭り」を見に、台湾まで行こうか、どうしようか迷っていた。 台湾は何回か行っているし、ツアー参加すると、また故宮博物院等の台湾観光が付いている。 ランタン祭りだけ見たいのだが・・・ ネットを探していたら、津南でスカイランタン・フェスティバルが有る…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

OLAFの雪の温泉(’18年2月22日~24日 グリーンパール那須温泉)

国内温泉が好きになり、1月に引き続きまたお気に入りの那須の温泉に行ってきました。 何時もの様に東北自動車道を、JR特急バスで那須温泉湯本へ。 そこにホテルからお迎えの車が来てくれる。 乗換など殆どなく。往復の移動がとても楽だ。 ロビーはお正月の時とは違う飾りでお雛様。 孫がいないのでお雛様には、最近縁が無い。 もう、そう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

OLAF in 宮ノ下富士屋ホテル②(’18年2月1~2日)

(前ブログからの続き) 朝起きると大雪で周囲は真っ白。 先月の那須温泉、湯西川温泉に引き続き雪の温泉を楽しめた。 真っ白な朝。 朝食の前に最後の温泉へ。 ナトリウム・塩化物泉だ。 朝食は、メインダイニングルーム「ザ・フジヤ」で頂く。 途中に吊るし雛が飾られていた。 このダイニングは「日光東照宮本殿」を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

OLAF in 宮ノ下富士屋ホテル①(’18年2月1~2日)

ネットのニューズで “「富士屋ホテル」が4月から2年間休業する。 国の登録有形文化財にもなっている本館などに耐震補強工事を施すほか、老朽設備を刷新する。20年の東京五輪・パラリンピックを見据え、快適さや安全性を高めてより多くの人に利用してもらえるようにする。“ との記事が載っていた。 そこで、昨年行ったばかりだが休館前に行っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

OLAFの雪の湯西川温泉(’18年1月25~25日 湯西川)

東京は零下4℃になって半世紀ぶりの記録だとか。 そんな中湯西川温泉に行ってきました。 鬼怒川温泉までは時々来ていましたが、その奥の湯西川温泉は2回目です。 鬼怒川温泉を超すあたりから、湯西川温泉に近づくにつれ、凄い雪景色に変化してきました。 北国の人には申し訳ないですが心踊る風景です。 東京にも雪は降りましたがここに比…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

OLAF雪の温泉を楽しむ(’18年1月4~8日  グリーンパール那須)

今年のお正月は国内で過ごした。 でも、「温泉には行きたい」と言う事で何時もの「グリーンパール那須」へ行ってきた。 この温泉は東北自動車道で高速バス、湯元へ着くとホテルからお迎えの車が来てくれる。 乗り換えも無く楽だ。 温泉自体は派手さは無いが単純硫黄泉でお湯は最高。 大好きな温泉だ。 今回は4日から2泊3日の温泉。 東…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

OLAFの那須温泉 (’17年12月6日~12月7日、グリーンパレス那須)

何時も爺さん仲間と行く那須温泉「ホテルグリーンパール那須」。 此処の温泉は寝湯だ、打たせ湯だ等派手さは無いが泉質は「単純硫黄泉」でゆったり入れ好きな温泉だ。 今回は何時も「良い温泉だった。」とOLAFママに話していたら、私も行きたいと言う事になり OLAFママと行く事になった。 東北自動車道を高速バスで終点の那須温泉…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

OLAFの那須温泉 (’17年10月30日~11月2日、グリーンパレス那須)

OLAFは爺さん仲間2人組みで紅葉でも見ながら、温泉と一杯を楽しもうと2泊3日で那須温泉「ホテルグリーンパール那須」へ行ってきた。 此処の温泉は派手さは無いが泉質は「単純硫黄泉」でゆったり入れ二人とも好きな温泉だ。 今回は2泊するのでかなりゆっくりできる。 (過去に宿泊した時のブログ9 http://olaf-mama.at.w…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

OLAFの那須温泉一泊(’17年7月17日~23日 ホテルグリーンパール那須)

ホテルグリーンパール那須がリニューアル工事も終わり、オープンしたとの事で、爺さん2人組みで、第一回暑気払いに行って来た。 前回は3月に来たので、4か月ぶりだ。 何時もの様に高速バスで那須湯元まで。 そこのバス停からは、ホテルの送迎バスでホテルまで。 2時過ぎにホテル到着。 ロビーはリニューアルと言っても変化は無い様だ。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

OLAFの春の瀬戸内紀行ツアー⑧(’17年4月20~23日小豆島、道後温泉)

(前ブログからの続き) いよいよ「しまなみ海道」を通過して岡山まで行く。 広島県尾道市から愛媛県今治市へと伸びる「しまなみ海道」。 瀬戸内の海の島々が橋でつながれ、ずっと伸びていくそのルートは、地域の人たちの利便性が向上しただけではなく、観光スポットとしても人気を集めています。 六つの島を橋が繋いでいる。 其々の島の景色と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

OLAFの春の瀬戸内紀行ツアー⑦(’17年4月20~23日小豆島、道後温泉)

(前ブログからの続き) 今日は松山城を見学し、しまなみ海道を渡り岡山から新幹線で東京へ戻る。 天気は良さそうだ。 昨日バスガイドさんが 「営業しながら」10年工事で、道後温泉本館耐震補強工事をする方針が確定した。 と説明してくれた。 ”道後温泉本館の耐震補強工事などを検討する松山市道後温泉活性化計画審議会(柏谷増男会…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

OLAFの春の瀬戸内紀行ツアー⑥(’17年4月20~23日小豆島、道後温泉)

(前ブログよりの続き) いよいよ道後温泉の有る松山へ来ました。 街へ入ると直ぐに路面を走る坊ちゃん電車に出会いました。 ホテル古湧園へ着きました。 このホテルの売りは、 ①日本書紀にも登場する最古の温泉。 三千年余り昔より湧き出る道後温泉。 天然温泉を露天風呂や内湯で、ゆっくりとお楽しみいただけます。 ②夜景…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

OLAFの春の瀬戸内紀行ツアー⑤(’17年4月20~23日小豆島、道後温泉)

(前ブログからの続き) 第75番札所、善通寺へお参りする。 五岳山 善通寺の創建は、『多度郡屏風浦善通寺之記』(江戸時代中期成立)によると、唐より帰朝されたお大師さまが、御父の寄進した四町四方の地に、師である恵果和尚の住した長安・青龍寺を模して建立したお寺で、大同2年(807)臘月(陰暦12月)朔日に斧始めを行い、弘仁4年(813)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

OLAFの春の瀬戸内紀行ツアー④(’17年4月20~23日小豆島、道後温泉)

(前ブログからの続き) オリーブの島・小豆島のシンボルともいえる代表的観光地。 公園内にはハーブガーデンやオリーブ園、宿泊施設があり、道の駅としても親しまれています。 白いギリシャ風車のある広場は、瀬戸内海を見渡せる、公園内でも最高の絶景ポイントです。 小豆島に初めてオリーブがやってきたのは明治41年。 当時の農商務省が三重、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

OLAFの春の瀬戸内紀行ツアー③(’17年4月20~23日小豆島、道後温泉)

いよいよツアー2日目がスタート。 今日は午後から天候が崩れると言う予報が出ている。 何とか晴れて欲しいが、持ち歩きの荷物へ傘を入れて出発する。 ホテルから出て直ぐに寒霞渓へ行く。 そこから、小豆島オリーブ公園を見学。 その後、又フェリーで高松港へ戻る。 その後、郷屋敷でランチ、陸路を走って善通寺参拝。 その後本日の宿泊…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

OLAFの春の瀬戸内紀行ツアー②(’17年4月20~23日小豆島、道後温泉)

(前ブログからの続き) いよいよ小豆島へ行く。 此処はOLAFにとって生まれて初めての場所だ。 JR高松駅に到着し、フェリー乗り場へ。 隣のビルに有る。 乗船。 フェリーに車が乗り込んでくる。 出港。 島の中を小豆島の土庄港へ向かって進んでいく。 OLAFはベトナムのハロン湾…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

OLAFの那須温泉一泊(’17年3月8~9日 ホテルグリーンパール那須)

友人が那須温泉に行ってみたいとの事で、2人で温泉旅行に出かける。 前回は雪の中の那須温泉だったが、もう雪は無いだろう。 (前回の那須温泉のブログ) http://olaf-mama.at.webry.info/201701/article_10.html 彼も一杯飲むので飲ベイ爺さん二人旅と行きますか。 また、高速バスで出…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

OLAFの河津温泉・湯河原温泉②(’17年2月19~21日 20日湯河原温泉「石亭」) 

(前ブログからの続き) 河津を11時頃出発。 伊東線、東海道線と乗り継いで湯河原へ。 途中から大暴風雨。 「強風のため、電車が遅れております。まことに申し訳ございません。」 のアナウンスが流れる。 もう影響が出始めた。 東海道線も既に30分からの遅れで熱海を出発。 降ったり止んだり、大雨だったり、時々太陽が見えたりと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

OLAFの河津温泉・湯河原温泉①(’17年2月19~21日 19日河津桜見物と河津温泉) 

OLAFは19日~20日は河津桜見物と河津温泉に宿泊。 20日は河津から湯河原へ移動し湯河原温泉に宿泊の予定。 2泊3日の温泉旅行に出かけた。 今回はツアーでは無く個人的旅行にした。 今までに河津桜まつりにツアーで来て伊豆半島を駆け足で廻った事が有った。 (ブログ) http://olaf-mama.at.webry.inf…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

OLAF in 宮ノ下富士屋ホテル②(’17年1月30~31日)

(前ブログからの続き) 一泊で今日はもう帰る。 でも、大満足の温泉だ。 今朝はメインダイニングの”ザ・フジヤ”で頂く。 ロビーへ歴史を感じさせられる階段を使い降りて行く。 魚の彫刻が刻まれたタイル。 メインダイニング”ザ・フジヤ”へ行く。 昭和5年(1930年)、日光東照宮本殿をモデルに建てられたメインダイニングル…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

OLAF in 宮ノ下富士屋ホテル①(’17年1月30~31日)

またまた温泉に入りたくなって宮ノ下の箱根富士屋ホテルに行く事にした。 何年か前に行った事が有るが部屋の猫足のバスに温泉をたっぷり貯めて入るのが最高だった。 バーでダーツをしたり、メインダイニングでフランス料理を食べたりゴージャスな雰囲気を味わった。 又、それをしてみよう。 ここ数回は湯元の富士屋ホテルに行っていた。 此処の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

OLAFの那須温泉一泊(’17年1月22~23日 ホテルグリーンパール那須)

寒さが続いている。 腰も痛くなった。 温泉へ入りたい思いがつのり、早速温泉へ行く事にした。 ホテルグリーンパール那須がとれた。 行くことにしよう。 王子から高速バスで那須湯元まで行くとホテルの送迎バスが有ると言う。 高速バスに乗って、東北自動車道を北上。 塩原の手前で高速を降り下道を走る。 雪に囲まれた山々が目に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

OLAFの飛騨の里ライトアップ&雪見ローカル列車・白川郷・高山ツアー⑦(’17年1月6~7日)

(前ブログからの続き) いよいよ、残された観光地馬篭宿、飯田の水引博物館へ行く。 その後、東京まで戻る。 ⑥馬篭宿観光。 岐阜県中津川市には江戸時代の五街道の一つ中山道があります。 中山道は木曽を通るので「木曽路」とも呼ばれ、参勤交代や大名や皇族のお輿入れにも盛んに利用されました。 木曽路には今もなお風情豊かな宿…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

OLAFの飛騨の里ライトアップ&雪見ローカル列車・白川郷・高山ツアー⑥(’17年1月6~7日)

(前ブログからの続き) ⑤「かしも明治座」を見学。 今から100年以上も前に加子母の人々によって作られ、今も脈々と守られている劇場です。 間口約20m、奥行き約25m。建設当時のままの姿を保つこの劇場は、今もなお現役。 毎年9月、加子母歌舞伎保存会による公演会をはじめ、クラシックコンサート、落語会など、様々な催し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

OLAFの飛騨の里ライトアップ&雪見ローカル列車・白川郷・高山ツアー⑤(’17年1月6~7日)

(前ブログからの続き) 残された時間で飛騨の小京都とも呼ばれる高山の古い街並みを見てこよう。 陣屋を後にして歩きはじめると、山岡鉄舟(1836〜1888年)の若かりし頃のブロンズ像が立っていました。 弘化2年(1845年)、飛騨郡代となった父の小野朝右衛門高福に従い、10歳から17歳の時期を飛騨高…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more