OLAFのバスツアー(’18年3月5日 伊豆の国パノラマパーク)

前から、お安いバスツアーに予約していた。
行先は、沼津付近の淡島周辺、伊豆の国パノラマパーク中心。
前にも行った事があるが、富士山を見るつもりで、予約してた。
(前回の記録)
http://olaf-mama.at.webry.info/201101/article_10.html
出発時点ではそれほど天候は酷くなかったが、徐々に酷くなってきた。


ランチは、淡島周辺のレストランで、海鮮焼。
一番驚いたのは、活きたアジの踊り焼。
生きたまま、コンロに乗せ、暴れないようにトングで押さえつける。
静かになったら、裏返して焼、食べる。
こんな、残酷な踊り焼は、初めてだった。
画像


その後、淡島周辺のクルーズ。
窓は雨粒で覆われ、ろくに風景は見えず。
画像

画像


その後、「伊豆の国パノラマパーク」の標高差411mのロープウェイで山頂へ。
晴れていれば、山頂からは富士山や駿河湾などの絶景が見らるはずだった。
前回は良く見えて、満足した。
今回は、雨の中、景色などまるで見えず。
画像


山頂に登っただけで、直ぐ下山してきた。
画像

画像

その後、「強風のため、ロープウェイは運航を中止します。」の張り紙。
無事降りてこられて、良かった、良かった。

ロープウェイ乗り場のお土産屋さんに、「まゆ玉飾り」なるものが、飾られていた。
竹の枝にまゆ玉とつるし雛と同じ様な、手作り人形などが飾られていた。
この辺の伊豆長岡温泉では、養蚕が盛んに行われていたそうです。
まゆ玉飾りはもともと蚕がより多くの繭を作ってくれるようにと、いわば豊年を祈るための飾り物だったそうです。
それが、最近観光資源として復活してきたとの事。
素朴な飾りで、つるし雛とは違った趣がありました。
画像


通常の吊るし雛も、沢山飾られていました。
画像

画像

画像


帰りは沼津から、高速に乗る。
その手前の、お土産屋さんに立ち寄って、干物などを買う。
でも、欲しい物が無かったのでパス。
画像

画像


それにしても、酷い天候の中のバスツアーでした。
普段の行いが、悪い人が一緒だったのかな?