OLAFの”皇居乾通りの春の一般公開・紅葉通り抜け”(’17年12月3日)

再来年の5月には、ご譲位される現天皇。
その天皇陛下の80歳の卒寿を記念して2014年から始まった皇居・乾通りの一般公開。
今年は工事が終了して1年ぶりに12月2日~12月10日の9日間行われています。
早速、本日行ってきました。


(通路の図面)
画像


秋の通り抜けに来るのは初めてだ。
桜の季節には来た事がある。
(”皇居乾通りの春の一般公開・桜並木の通り抜け”のブログ)
http://olaf-mama.at.webry.info/201603/article_3.html

朝10時開始と言う事で9時半頃に入り口の坂下門へ到着。
しかし、混雑が予想されると言う事で9時半から入門は開始されていた。
その、お陰でほとんど混雑無で入場が出来た。

坂下門の少し手前で手荷物検査と金属探知機を使ったボディーチェックが行われた。
待ち時間は殆ど無し。
ラッキー!
混雑覚悟で早めに来たけど拍子抜け。

画像


坂下門を潜り、普段は見られない皇居の中へ。
画像


宮殿の前(お正月に一般参賀を見に来たことが有る場所)を通る。
(一般参賀のブログ)
http://olaf-mama.at.webry.info/201101/article_2.html
画像


宮内庁の建物(12月1日に天皇陛下の退位の期日を決める会議が行われた場所)を通る。
画像


りいよいよ乾通りへ。
紅葉も真っ赤に色づき、ちょうど見頃といった感じ。
画像


「局門」周辺の紅葉は、皇居内でのみ見られる風景だ。
黒い門に紅葉が映える。
画像


「富士見多聞」周辺の紅葉も皇居でなくては見られない。
真っ青な空、歴史を感じる石垣に紅葉の赤が映えます。
素晴らしい風景だ。
画像


「道灌壕」周辺の紅葉。
画像


「東御苑」へ行く方の石垣と紅葉。
画像


満足して歩いて出口の「乾門」へ。
画像


表側は銀杏の黄葉がこれまた綺麗だった。
画像



此処で最後の黄葉を眺めて今日の散策を終了。