OLAFのシスコ、ハワイ旅行(’17年9月2日①ヨセミテ国立公園観光)

昨日1日は暑かったが、ガイドさん曰く「41℃だった。こんな暑さは20年シスコに住んでいるが初めてだ。
多分歴史に残る大記録だろう」。
暑かったわけだ納得!
今日は世界遺産ヨセミテ国立公園観光の日。
なんでも、シスコからは片道300km以上あって4時間半程度かかるそうだ。


そこで、朝7時半にツアーは出発。
総勢50人の大型バスでのツアーだ。
画像

ガイドさん曰く「9月2日はレイバー・デイでアメリカでは数少ない3連休です。混雑が予想されます!」
フリー・ウエイを走り始めるが、非常に順調。渋滞などまるで無い。
有りがたい!
バスが走って行く道の景色は色々と変わってくる。
発電用の風車が回っている所もあった。
画像

カリフォルニアはアーモンドの産地だそうだ。
アーモンド畑が延々と続く場所もあった。
画像

岩がごつごつとした場所も有った。
画像


途中マリポリと言う街でトイレ休憩。
画像

たまたまレイバーディのカントリーフェスティバルが行われていた。
パレードがもう直ぐ出発の様で、道路際に椅子を持ち出して待っている人が見える。
画像

パレード出発の準備をしている飾りダシ。
いかにも田舎のお祭りだ。
画像


ランチはバスの中で鮭弁が出る。
時間の節約だ。
積み込んでバスの中でパクつく。
久々の和食弁当。
画像


ヨセミテ渓谷に近づくと小さな川が流れていた。
ゴールドラッシュの頃にはこの辺まで一攫千金を求めて人が入ってきたと言う。
今は、静かに流れているのみ。
画像


ヨセミテ渓谷は、何度かの氷河期によってこの地域に氷河が削ったU字型の峡谷が生まれた。
まさにニュージーランドで「ミルフォード・サウンドのフィヨルドクルーズ」へ行った時に、山を氷河が削って、断崖絶壁の壁の山肌を見た。
ヨセミテ渓谷のU字型の渓谷はそれにそっくりだった。
崖下には岩がゴロゴロしている所とかも良く似ていた。ヨセミテは雨季では無いのでカスケードと呼ばれる雨が降ったときだけ現れる滝は見えなかったが。
(ニュージーランドのブログ)
http://olaf-mama.at.webry.info/201602/article_1.html
http://olaf-mama.at.webry.info/201602/article_2.html

画像

この後入園料を支払うゲートが有ったが、そこで大渋滞。
12時頃には、公園内で観光が始まる予定だったが実際には3時少し前からになってしまった。
約3時間の遅れだった。

画像


(次ブログへ続く)