OLAF百穴射場で射撃 (’16年7月25日 百穴射場)

銃砲所持許可は3年に1回の書き換えが必要だ。
その度ごとに、経験者講習、家族の銃砲所持許可承諾書、医師による精神障害が無い事の証明等が必要になる。
更に数年前からは経験者実技講習、ある年齢以上になると認知症では無い事の医師の診断書も必要になった。
今回は射撃仲間の一人が丁度この書き換えに当たり、経験者実技講習を受けなければなくなった。
そこで、仲間三人と射撃場に行き一人は実技講習、後の二人はその仲間のひやかしと久し振りの射撃を楽しむ事にした。


梅雨の合間のそれほど暑く無い日で幸いだった。
夏の射撃はホホと銃の間に汗が溜まったり、ほんとは夏の射撃は好きでないが幸いな日だった。

百穴射場には4~5年前に来たことが有る。
久し振りだ。
実技講習が有るので遅れては大変と早めに行ったが7時半に射場入口に到着。
8時半開場と言う事で未だ1時間もある。

9時ちょっと前に開場。

画像


実技講習は初めの1時間は審査員による説明と銃の組み立てテスト。
その後クレーを25枚撃つ。
2枚以上当たらないと不合格になると言われる。
此処での試験方法は「射台1番から一人五枚づつ撃つ」方式だ。
画像


練習射台は月曜日にも拘らず2組の人が集まった。
好きな人は夏でもやるのだ。
画像


この射場の売り物が木に食べられているコカコーラの看板だ。
レストランの入り口付近の木に付いている。
4~5年前に来た時は看板が割れていなかったような気がしたが、今では木の生長で看板が割れていた。
画像

画像


12時には友人のテストも終わり合格した。
良かった。

さて、東京へ戻ってランチにでもしましょうか。
OLAFは半年ぶりの射撃だったが、マーマーの成績。
OLAFは来年が実技講習の時だ。

時々射撃にきましょう。
暑くない、寒くない時に。