OLAFinロスアンジェルス(’14年8月7日③ロサンゼルス観光 ビバリーヒルズ、サンタモニカ )

(前ブログからの続き)
チャイニーズシアターを出発し、サンセット通りを経由してビバリーヒルズに向かいます。


画像

画像


大富豪や映画俳優などの豪邸が立ち並ぶ、全米有数の高級住宅街、ビバリーヒルズ。
ドヒニー・マンション。
石油王ドヒニー氏の邸宅(実際に建てたのは息子のネットドヘニー氏)で、屋根まですべて石で造られ、グレーの石を使っていることから別名グレーストーンとも呼ばれています。
1928年に完成したビバリーヒルズ最初の豪邸で、ここからロサンゼルスの町並みが一望できます。
ホイットニー・ヒューストン主演の「ボディー・ガード」、デミ・ムーア主演の「幸福の条件」で、不動産業者がロバート・レッドフォード演じる億万長者に見せた豪邸もここです。
散策しました。
画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

マイケル・ジャクソン邸もありました。
ガイドさんがネットで大きさを見せてくれました。
画像

門だけしか見えません。
画像


ロデオドライブへ向かいます。
画像

ロデオドライブは、ビバリーヒルズにある高級ショッピングストリートです。
主なショップは、プラダやグッチ、フェンディ、ディオール、ルイ・ヴィトン、カルティエ、ティファニーなど。
高級ブティックはもちろんのこと、カジュアルなゲスなどもあります。
ここは、いつも世界中のセレブでにぎわっています。
北はサンタモニカブルーバードから南はウィルシャーブルーバードまでの約4ブロック(約500m)にショップやギャラリー、レストランなど約50店舗が軒を連ねています。
画像

画像

画像

画像

画像


観光の最後はサンタモニカ・ビーチです。
サンタモニカは、ロサンゼルスにあるビーチで、シカゴから続く、昔の主要幹線道路ルート66の終点でもあります。
画像

画像

サンタモニカビーチは、アメリカで最も有名なビーチの1つ。太平洋に突き出した桟橋、サンタモニカピアや、桟橋の入口のアーチは、ロサンゼルスを代表するものとしてたくさんの映画に登場します。
サンタモニカピアの上には、ジェットコースターや観覧車などがある遊園地と、ゲームセンター、ギフトショップなどがあります。
画像

サンタモニカ・ブルバードはかつてのルート66の一部で、この道路がオーシャン・アヴェニューに突き当たったところがルート66の西の端であった。
それを記念したお土産が売られていた。
画像

画像

ビーチまでやたら遠い。
砂浜を歩いていくのは大変そうだ。
ビーチはやはりハワイの方が良い。
画像

画像


今日でロスアンジェルスも終わり。
明日は夕方の便でホノルルへ戻る。

ハワイ島にはハリケーンイゼルとハリケーンフリオの二つのハリケーンが来ているという。
そんなことは気にしないで、最後の夜を楽しもう。

ガイドさん曰く「リトル東京に利寿司と言う日本人の親方がやっている美味しい店が有るよ!」
との事。
”獺祭”も飲めるという。
行って見よう。
画像

店内。
画像

親父さんが料理中。
画像

全米一の寿司屋激戦区「リトル東京」に、本格江戸前寿司が殴り込みをかけた。
店名はトシ寿司。店主のトシさんはこの道25年の超ベテランシェフ。
かつてコネチカット州でパートナーと老舗寿司店経営に携わっていたが、2006年、奥様の出産を機に西海岸に引っ越して来て、2008年11月、早々とオープンにこぎ着けた。
リトル東京は寿司屋激戦区とは言え、日本人以外が経営している店も少なくない。そんな中で、日本の純粋なお寿司が食べられる貴重な店の一つだ。
ネットによるとオーナーで有り寿司職人で有る関利彦は以下の様に言っているという。

”「ニューイングランド地方(コネチカット、NY、マサシューセッツ、ニューハンプシャー、バーモント、ロードアイランドの6州)の中で、僕のお店はZAGATで26ポイントをもらった。
何百のレストランの中からナンバーワンだったからね。
嬉しいよね、ちゃんと分かる人は分かってるんだなって。
でも、このお店には(ZAGAT評価状を)置いてないよ。
アワード取りましたとか、何もないでしょ。
“今”が大事だからね」”

まずは、珍しい”こしひかり 越後麦酒”を注文。
なかなか行ける。
画像

早速”獺祭の磨き二割三分”を楽しむ。
山田錦の歩留り23%まで磨きこんで仕込んだものだ。
旨い。
摘みは、ソフトシェルクラブ、揚げ出し、ブリ大根、三種揚げ等。
こちらも旨い。
日本の味そのものだ。
画像
 
ちらし。
沢山の具が乗っていた。
どれも旨い。
画像

茶わん蒸し。
画像

生ガキ。
この頃になると”獺祭”が3本になっていた。
口当たりが良い。
日本では飲めなかった酒がロスで飲めるなんて幸せ。
画像

歩留り五割、三割九分、二割三分と飲み比べた。
二割三分が一番口当たりが良い。
好きだ。
もっとも日本でHは300ml/2,160円と若干お高いか?
でも、日本では幻の酒になっていて飲めなかった。
画像

味噌汁。
これも旨かった。
これで3本が四本になってしまった。
画像

人懐っこい、お喋りな寿司職人の親父さんと。
画像

UCLAへ留学していて、アルバイトをしている御嬢さん。
昨日、故郷の埼玉から戻ってきたばかりだとか。
「日本はむちゃくちゃ暑かった!」
画像


充実した一日だった。

明日は昼間ブラブラして夕方の便でホノルルへ戻らなければならない。

ロスは天候も良く空気もカラッとしていて住みやすかった。

但し、車が無ければ動きが取れないことも分かった。