OLAFのキス釣り (’13年4月27日 富士見のキス乗合船で大型キス16匹)

26日は大型低気圧が上空に入り、ヒョウが降ったり、竜巻が起こったり、とんでもない日だった。
27日の釣りはダメかとも思ったが、朝起きると好天だった。
釣り日和。
久し振りの釣りだ。
さて、どうなりますか・・・


何時もの深川の富士見から出船。
予定通り7時半出港。
まだ、満潮で引き始めた所だ。
橋を潜っていくが、何とか通れる所まで下がった。
画像

東京湾へ近づいてきた。
画像

仕掛けづくりに余念のない師匠。
画像

”東京ゲートブリッジ”を潜っていく。
画像

走る事、一時間ちょっと。
中ノ瀬沖に到着。
早速釣り開始。
画像


午後2時撤収。
OLAFはあまり釣れなかった。
タイミングが合わず。

帰り。
東京湾の真ん中に浮かぶ「海ほたる」の白い建物は「風の塔」。
川崎側から海ほたるまでは、海底トンネルですが換気塔として川崎港の沖合にあった。
画像


今日の釣果は少し残念。
キスが16匹。
イシモチ一匹。
画像


塩焼は明日にして今晩は天ぷらを食べる。
久し振りのキスの天ぷら。
軽くて美味。
画像


ちょっとしか飲まないのに酔ってしまった。
未だ、船に揺られている感じが残ってる。

クルーズから降りた時のような感じだ。

東京湾も魚が豊富で釣りが楽しみだ。

ただ今回は、細い赤いクラゲの触手がエサなどに絡みついてきた。
これを手で取るとヒリヒリした痛みが残る。
これには参った。

次回はリベンジでもっと沢山釣り上げたい。