OLAFのフグ釣り (’12/9/15 今年2回目 夏の東京湾のフグ釣り 船宿新明丸から出航)

先月に引き続き再度フグ釣りに挑戦。
前回、調子の悪い仲間がいて、リベンジ戦と相成った。
http://olaf-mama.at.webry.info/201208/article_15.html
今日は前回と違って風も無く快晴。
さて今回はどうなるか?


7時半出港。
出港を待つ間、前に停まっている”マゴチ”の乗合船の釣り人と歓談。
未だ”マゴチ”は釣った事が無いので興味深い話が聞けた。
エサはハゼの生餌だという。
ハゼを釣るのは”フグ”の船長だという話だ。
綺麗につらないと生餌にはならない。
OLAFがハゼを釣るとエサを飲み込まれすぐに死んでしまい生餌にはならない。
画像

いよいよ出港。
タコ釣りの乗合船はこれから出港する。
画像

満潮から少し引き潮になっているが、橋を潜るのはギリギリ。
船の操舵室の天井を下げて橋を潜る。
船長が天井から顔を出して前を確認する。
画像

晴天。
高速道路の向こうに橋が見える。
画像

何時もの様に鶴見つばさ橋の下を通る。
画像

出港から40~50分。
釣り場に到着。
既に釣り船が多く釣りを開始している。
画像

「竿を下してください!」
号令一家釣り開始。
画像

仲間に早速ショウサイフグを釣りあげる。
満面の笑み。
画像

OLAFも釣り上げる。
カットウに見事にヒットしていた。
画像


2時半までみんな頑張る。
3時半までに橋を潜らないと満潮になって帰れなくなる。
帰港。
入道雲が凄い。
未だ夏そのものだ。
画像

橋の手前で前方のタンクに海水を入れる。
「これで吃水が4cm下がる。何とか橋を潜れるゾ。」
船長の仕事。
画像

フグを捌いてくれる。
画像

釣果。
フグが5匹。
サバが2匹。
アジが2匹。
サバの陰になっていてフグを1匹捌いてもらうのを忘れた。
どうしよう?

今回は何を釣りに行ったのだろう?
でも、サバ、アジが掛かると引きが強くて楽しい。
今回はフグは小さな物が多かった。
残念!
画像

今日はフグのから揚げにした。
なかなかの美味。
画像


今日も暑かった。
真っ黒に日に焼けた。
風呂に入って一杯やりながら食べたが未だ船で揺られている感覚が残っている。
楽しい釣りだった。
次回は何を釣りに行くのかな?