OLAF 初釣り「キス釣り」に行く (’11年1月3日 東京湾中ノ瀬の落ちギス釣り)

「新年の初釣りは、3日。
今度はフグではなく、キス釣りだぞ!」
「正月3日から釣りをやるバカはそんなにいないだろうから、きっと空いていてノンビリ出来るぞ!」
そんな言葉で、OALF釣り師匠Yさんから、お誘いを受けて早速キス釣りに出かけた。


「3日の午後からの半日釣り。
早朝出て行くより、少しは寒くないゾ!
防寒をしっかりして出かけよう!」
と言うことでAM10時に家を出発。
京急で金沢八景まで行って、船に乗るとの事。
山陰地方では大雪に降り込められて、電車の中で新年を迎えた人もいるとか。
思ったほど寒くは無い。

12時頃に八景の船宿「荒川屋」さんに到着。
手続きをして、乗船。
前回のフグ釣りは散々な目にあったが、「今日はなんとしても釣って帰るぞ!」
と密かに祈って席を取る。
画像

午前の部は、人は少なかったが最高100匹以上だとか。
午後の部も、釣り客は10人程度で、初心者のOLAFにしてみれば、オマツリ等で迷惑をかけることも少なそうと安心。
12時半出港。
画像

金沢のシーパラダイス行きのモノレールが、通って行く。
シーパラダイスももう営業しているのか?
画像

釣り場は、「中ノ瀬」と呼ばれる地域だと言う。
冬の低水温期のシロギス釣りは俗に「落ちギス」と呼ばれ30メートルほどの深場で釣ると言う。
釣り場に向かう船が他にもいた。
波はそれほど高くないが、高速で走っていくとしぶきがかかる。
画像

画像

さすが東京湾。
大型のコンテナ船が東京港の方へ進んでいく。
こんな船にぶつかったら、ひとたまりも無いであろう。
画像

一時間かからないで、釣り場に到着。
「始めて下さい!」と船長の合図。
早速、竿を下ろす。
誘ってくれたOLAFの釣り師匠Yさん。
大型のキスをゲット。
OLAFの竿にも早速のあたり。
ブルブルとくる感じは最高。
画像

途中の成果。

OLAFは一匹釣れると、それをはずし、新たに餌をつけて海中へ再度仕掛けを降ろす時間が長くかかる。
餌はイソメでニョロニョロ動く。
針になかなかかからない。

隣で釣っているYさんはこの辺の時間は短い。
なおかつ2本の竿をうまく操る。
ベテランと初心者の違いは大きいナ~~~~~。
それでもこれだけのキスが釣れた。
「楽しい~~~~。」
画像

4時。
「終了です。竿を上げて下さい。」
楽しかった釣りも終了。
少し、夕焼け。
画像

家に帰ってから、キスを捌く。
テンプラが旨い。
しかし、今日はもう夕食時間は過ぎている。
ハラワタだけ出して、明日塩焼きにして食べることにする。
何匹か、捌いてお刺身にして一杯のおつまみにした。
シコシコしていて美味だった。
画像


今回の釣りも楽しかった。
そこそこ釣れた。
竿も仕掛けも誘ってくれた師匠Yさんが準備してくれて、OLAFは釣るだけ。
寒さもそれほどではなかった。
「次回は何を釣りに行く?」
楽しみがまた増えた。