OLAF in ハワイ (’10/9/23 マノア・マーケットプレイス、PAESANOでランチ)

先日、ハワイの友人と夕食をしたマノア・マーケット・プレイスのPAESANOにランチを食べに行く事にした。
アメリカンスタイル・イタリアンは満足できる美味しさで、今回のステイ中もう一度行きたい気持ちも強かった。
そして、いつも友人の車で、夜に行ってしまうのでマノアMPがどんな所かまるで分らない。
やはり得意のTHE・BUSで行ってみないと状況が掴めない。
更に、ここではファーマーズ・マーケットも開かれると言う。
ここのファーマーズ・マーケットも見てみたい。
そんな思いで、小さな路線バスの旅に出発した。


9月23日

アラモアナSC山側から6番バスに乗る。
ホノルルの街中を通り、ハワイ大学の構内を周回しマノアの住宅街に入って行く。
ビックリしたのは、割と細い道なのに路上駐車している車がメチャクチャに多い。
今までオアフ島の中でこんな光景は見たことが無い。
何故??
古くから日系人が多く住むこの辺りには、昔懐かしいままの校舎が残る日本語学校や、きれいに整えられた芝生のある家など、華やかさはないけれど閑静な住宅街だ。
そこに、路上駐車の車の列。
バスも気を付けながらノロノロ走る。
なにか、不釣り合い????

そうこうしているうちに、マノアMPに到着した。
入口には核テナントとしてメーシーズがデンと店を構える。
メーシーズは格の高いスーパーで店づくり、陳列等も綺麗でウオルマートなどとはステータスが異なる。
やはり、住宅街の格の高さを示している様だ。
画像

ショッピングモールの一部にファーマーズマーケットが出来ていた。
毎週火、木、日に開かれるファーマーズ・マーケット。
野菜、果物の他にカトレアや胡蝶蘭、シンピジュムの花、ハワイアンクラフト等即売。
月下美人の実「ドラゴンフルーツ」もここに並んでいた。
パパイヤ、ライチ、マンゴーなど季節の果物や新鮮な幸が所狭しとならべられている。
画像

画像

どこのファーマーズマーケットでも見られる光景だ。
美味しそうなパパイヤをゲットした。
画像

採れたて野菜が豊富だ。
画像

画像

ここのショッピングモールには有名な店が多い。
画像

ロコに人気の店の数々。
ベイカリー・マノア。
ここのパンは早いうちに買いに行かないとすぐなくなる限定物だそうだ。
オーナーはお店を構えて6年目のしのざき夫婦。
大評判は食パンで、ふっかふかイングリッシュ・ブレッドは一日2回オーブンで焼き12個の限定、ホテルブレッドにいたっては9個しか焼かない限定幻のパン。
これら食パンだけでなく、菓子パンもおいしいものが勢ぞろいしていた。
画像

アイランド・マナプアファクトリー。
マナプア専門店。
日本でいう肉まんタイプの蒸しマナプアと、パンタイプの焼きマナプアの双方とも多くの種類が揃っている。
先日行ったチャイナタウンのロイヤルキッチンより中国色を強く出していた。
お昼近かったので店内には買い物客がかなりおり、人気の高さを物語っていた。
画像

画像

お目当てのPAESANOはこの並びにあった。
11時開店。
人の気配は無かったように感じたが11時になったら、オープンしてくれた。
画像

先日はワインを飲みながらのディナー。
今日は早めのランチ。
ランチでも要予約と言うほどの人気店だが、開店直ぐの11時少し過ぎに入店したので未だお客さんは一組だけだった。
昼間の店内。
入口に森光子、キンキ・キッズ、元少年隊の東山紀之も来店した時の写真が飾ってあった。
画像

画像

ランチは先日食べた時の味が忘れラれないアンティチョークを再度注文。
ビールとの相性も抜群だ。
画像

パスタはマッシュルームのトマトソースかけ。
これまた美味。
画像

食後のエスプレッソを楽しんでいると、お客さんが続々と入ってきた。
やはり、噂に違わない凄い人気店なのだ。

場所等分らなかったがこれで納得。

コンドに帰った。
昼下がりのビーチを楽しもうとI-podを耳にブラブラした。
青い空に白い砂。

今日のランチも大満足したしゆったり過ごそう。


ヨットハーバー。
画像

サーファー。
画像

ダイヤモンドヘッド。
画像

ビーチ。
画像

レインボータワー。
画像