OLAF’S Diary in 京都 (’09/3/28 嵐山・嵯峨野・祇園白川)

今日も花冷えのする寒い日であった。
それにもめげず、嵐山・嵯峨野界隈の桜見物に出かけた。
夕食は、祇園白川のお座敷天ぷら”おおざわ”を予約してある。
ライトアップされた白川の夜桜を見ながら天ぷらを楽しもう。


嵐山の桜は未だの様だが、出かけた。
満開になると、山全体が桜色に染まるはずだが、渡月橋越しに見える景色は今一歩。
でも、かなり色がつき始めている。
画像

桂川の岸辺の桜は、かなり咲いている。
お弁当を広げお花見をしているグループもそこかしこにいる。
土曜日ということもあって、かなりの人で混雑をしている。
画像

画像

ここの枝垂桜も満開になっている。
画像

渡月橋を渡って嵯峨野の方へ行ってみる。
渡月橋から見える景色。
夏の猛暑日に鵜飼を見に来たのを思い出す。
来週あたりはもっと綺麗になるはず。
画像

天龍寺へ歩く参道に可愛らしいお地蔵様と道祖神が飾られていた。
京都の街にはよく似合う。
画像

画像

天龍寺は来週あたり来ることにして、今日はパスする。
久し振りに”落柿舎”まで嵯峨野の田園風景を楽しむことにする。
竹林を抜けて行く。
竹林の青々した景色は心和む。
画像

落柿舎は元禄の俳人向井去来の遺跡である。
前回来た時に、趣のある茅葺の建物だったのを覚えている。
しかし、今丁度改修工事中で門は固く閉ざされていた。
残念!
画像


嵯峨野の散策を終え、白川の”おおざわ”へてんぷらを食べに行く。
19日に来た時より、岸辺の桜は多く咲いていた。
画像

”おおざわ”は白川に架かっている橋を渡って入って行く。
美味しい天ぷらと冷酒が楽しみ。
画像

カウンター席で目の前で天ぷらを揚げてくれる。
お座敷から灯籠の立っている坪庭がよく見える。
落ち着いている。
画像

いよいよ、天ぷら開始。
画像

画像

締めはかき揚げの乗った天茶。
画像

デザートは、抹茶アイスの天ぷら。
周りは熱く、中はアイスがほど良く溶け始め美味。
画像


ほろ酔いかげんで外へ出ると、暗闇にライトアップされた桜が美しい。
画像

画像

巽橋のたもとの青々した柳越しに眺める白川の桜はこれまた見もの。
画像

高瀬川に来てみた。
鴨川の岸辺の桜はまだチラホラなのにここの桜はかなり咲いている。
そして、なんとライトアップが始まっているではないか!
細い川に桜のトンネルだでき始めている。
画像


19日に京都へ来てから早くも10日が経とうとしている。
少しずつだが、着実に桜は咲き始めている。
九州、四国、静岡の一部では満開の便りが聞こえてくるが・・・
京都の桜は、来週あたり満開になってくれるかナ~~~~~。