テーマ:アメリカ

OLAFのQEクルーズ(’13年3月21日 ②パナマ運河通過)

ミラフローレス閘門を通り、フローレンス湖を通過し、ペデルミグル閘門を通りセンティニアル橋を潜り、ガツン湖へ出てきました。 一段落したので、カリブ海へ出るためのガツン閘門を通るまで、部屋に戻ってゆっくりします。 部屋へブッフェからテイクアウトしてランチを食べます。 ハンバーグにしました。 シャンパンで乾杯です。 この…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

OLAFのQEクルーズ(’13年3月21日 ①パナマ運河通過)

今日は今回のクルーズの一大イベントパナマ運河を通過する日だ。 このパナマ運河(Panama Canal)は、太平洋と大西洋(カリブ海)を連絡する閘門式(こうもんしき)の海洋運河です。 中央アメリカ南東部のパナマ地峡にあり、7万5000人以上の作業者が10年以上の歳月をかけ、1914年に開通しました。 運河がつくられるまでニューヨー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

OLAFのQEクルーズ(’13年3月20日 ①終日航海)

今日は充実クルーズの日。 明日は今回のクルーズの目玉パナマ運河を通る。 今日はその説明会がある。 明日の作戦を立てる日だ。 何時もの様に朝航海している場所を確認する。 パナマに向け航行中だ。 今日もデッキ3のウオークに行く。 朝日が美しい。 1時間早くしたり時差の変更が激しく、昨日の7時が今日の6時等。 シップ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

OLAFのQEクルーズ(’13年3月19日 ③スター・プリンセス出港とディナー)

(前ブログからの続き) プンタレナス観光から戻ってディナーの準備をしていると隣に停泊していたスター・プリンセスが出港した。 クイーンエリザベスより少し前に来て、少し早く出て行った。 船からゲストが手を振っている。 最後に双方の船が汽笛を鳴らして挨拶を交わした。 袖すりあうも多少の縁。 ディナー。 帰…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

OLAFのQEクルーズ(’13年3月19日 ②コスタリカのプンタレナス観光)

いよいよ熱帯林の中のウオーク開始。 蒸し暑い。 ガイドさんを先頭にゆっくり歩きはじめる。 ハキリ蟻の巣。 凄い大きさだ。 そのハキリ蟻が自分の体より大きな葉を巣作りのため運んでいる。 木の上から巣まで一日に20回も往復するそうだ。 この様な姿はTV等で見た事はあるが本物は初めてだ。 興味深い。 トゲトゲ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

OLAFのQEクルーズ(’13年3月19日 ①コスタリカのプンタレナス観光)  

今日も昨日に引き続き上陸、観光の日だ。 初めて足を踏み入れるコスタリカ。 コスタリカはチリやウルグアイと共にラテンアメリカで最も長い民主主義の伝統を持つ国で、中央アメリカでは例外的に政治的に安定が続き、かつ経済状態も良好な国家だった。 しかし1990年代以降は麻薬の横行により治安の悪化と社会の不安定化が進行している。 歴史的には…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

OLAFのQEクルーズ(’13年3月18日 ③ニカラグアのグラナダ観光)

(前ブログからの続き) コロン公園の周囲の古い建物を見学し、最後に修道院博物館を見学することになった。 中庭。 博物館内のお土産屋さん。 いよいよ帰る時間となった。 バスで港へ向かう。 富士山の様ななだらかなモモトンボ火山が綺麗に見えた。 港へ。 楽団が送ってくれた。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

OLAFのQEクルーズ(’13年3月18日 ②ニカラグアのグラナダ観光)

時々街を通りこして目的のグラナダの街へやってきた。 スペイン植民地時代の面影が残っているグラナダの街。 カラフルな壁、中庭が有り、人々がのんびり歩いている。 コロン公園を中心に、通りに沿ってコロニアルな街並みが続いており、歩いている脇を馬車が通り過ぎていく。 町全体がまるでタイムスリップしたような光景で、見ていて飽きない。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

OLAFのQEクルーズ(’13年3月18日 ①サンファン・デル・スール上陸)

今日は初めてニカラグアに足を踏み入れる。 ニカラグアは、中央アメリカ中部に位置するラテンアメリカの共和制国家である。 北西にホンジュラス、南にコスタリカと国境を接し、東はカリブ海、南西は太平洋に面している。 また、カリブ海にコーン諸島やミスキート諸島を領有している。 スペイン植民地時を経て1821年にスペインから独立。 スペイ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

OLAFのQEクルーズ(’13年3月17日 ディナー、ショー、ボールルームダンス)

今日も終日航海の日だ。 ”聖パトリックの日”だそうだ。 セントパトリックス・デーは、アイルランドにキリスト教を広めた聖人聖パトリックの命日。 3月17日。 カトリックにおける祭日であり、アイルランド共和国の祝祭日。 緑色の物を身につけて祝う日で、「緑の日」とも呼ばれる。 特に、シカゴのシカゴ川をフルオレセインで緑色に染め上げ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

OLAFのQEクルーズ(’13年3月16日② カクテル・パーティ、ショー、ダンスパーティ)

初めてのフォーマル・ナイト。 その姿で船長主催のカクテルパーティに参加する。 お洒落をしてクルーズの夜を楽しもう。 昨日届いていた船長からの招待状。 これを持参するそうだ。 5時頃クイーンズルームへ出かける。 船長と写真を撮りたい人は左側から並んだ。 船長のサインが後から届けられた。 入場するとシャンパン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

OLAFのQEクルーズ(’13年3月16日① 朝のウオーク、階段踊り場の写真、袋投げ大会)

今日から又2日間終日クルーズが続く。 やはり太平洋を航行しているので船の揺れは続いている。 しかし、ロスを出発した頃の寒さは無い。 暖かい、むしろ暑い日が続いている。 今日は初めてのドレスコードがフォーマルの日だ。 船長主催のカクテルパーティもある。 終日クルーズを楽しもう。 今朝起きてどの辺を航行しているかTVをつけ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

OLAFのQEクルーズ(’13年3月15日④ アフタヌーンティー、ベランダレストランでディナー)

(前ブログからの続き) 遅い昼食を食べにリド・レストランへ行く。 今日は軽くパスタを食べよう。 今日もアフタヌーンティーで優雅な一時を過ごしたい。 音楽は弦楽四重奏だと言う。 2本のヴァイオリン、1本ずつのヴィオラ、チェロによって構成される。 美しい音色だ。 何でもウクライナ出身の4人の若い女性のグループ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

OLAFのQEクルーズ(’13年3月15日③ プエルトバジャルタ観光)

(前ブログからの続き) お土産屋さんへってから海岸へ行く。 テキーラを使ったカクテルが振る舞われると言う。 エビが有名なようだ。 エビの飾り。 焼きエビ。 牡蛎も売っている。 海岸。 お土産売りが近寄ってきた。 空飛ぶスパイダーマンもお土産だ。 これから…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

OLAFのQEクルーズ(’13年3月15日② プエルトバジャルタ観光)

プエルト・バジャルタは典型的なメキシコの町の雰囲気に囲まれている街だと言う。 石畳の道、植民地時代の建築、赤瓦の屋根、バルコニー、ブーゲンビリアの白色で覆われた壁全が美しいと言う。 広場で風船が売られ、女性がフライパンで食べ物を準備し、遠くではオルガンと波が聞こえ、ウォーターフロントの彫像は誇らしく立っている。 早速ツアーに出…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

OLAFのQEクルーズ(’13年3月15日① メキシコのプエルトバジャルタ入港)

初めての寄港日だ。 メキシコのプエルト・バジャルタ。 OLAFはメキシコに上陸するのは人生で初めて。 メキシコについて知っていることは ・日本の5倍の面積を誇り、地域によって様々な風土や習慣、そして魅力的な観光地を持つ広大な国。 ・思いつくのがサボテン、大きな帽子、マリアッチぐらい。 ・お酒はサボテンから作るテキーラ。 ・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

OLAFのQEクルーズ(’13年3月14② 終日クルーズ アフタヌーンティー、ディナー、コモドア)

昼寝をして起きると陸の影が見えた。 どの辺かTVを点けてみる。 サンルーカス岬の西側を航行している様だ。 ネットによると 「サン・ルーカスはバハカリフォルニア半島最南端に位置するリゾート地、 隣にあるサンホセデルカボを含み、この地域一帯はロスカボスと呼ばれている。 ロスから飛行機で2時間というアクセスの良さもあり、ハリウッド…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

OLAFのQEクルーズ(’13年3月14① 終日クルーズ 鍼デモンストレーション、カジノ教室)

今日も終日クルーズの日だ。 何のイベントで遊ぼうか? 昨夜はそれほど揺れなかった。 慣れてきたのかな・・・ 今朝は良い天気の様だ。 TVで居場所を確かめる。 バハカリフォルニア半島のサンマルガリータ島の西側を航海している様だ。 この辺は緯度的には台湾と同じような緯度だ。 でも、それほど暖かくない。 島影が大…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

OLAFのQEクルーズ(’13年3月13④ 終日クルーズ ディナー、ショー、ダンスパーティ)

終日航海の一日も終了しようとしている。 色々なイベントに参加するとかなり忙しい。 楽しめる。 ダンス等も久し振りにやってみた。 圧巻はアフタヌーン・ティーだった。 優雅な時間が過ごせる。 クルーズの最高な時間だ。 6時からディナーだ。 デッキ2のブリタニアレストランだ。 今日のドレスコードはセミフォーマル。 ネク…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

OLAFのQEクルーズ(’13年3月13③ 終日クルーズ ダンス練習、アフタヌーンティー、ショー)

船内ツアーが終了したのでいったん部屋へ戻る。 さてこれから何をしようか? 船内新聞で考えることにする。 色々なイベントがあるので迷ってしまうかナ。 昨夜部屋に入っていた日本語船内新聞を読む。 予定を決めた。 まづ、軽く昼食を食べる。 12時15分からはワルツ初級のダンスのレッスン。 3時30分からはア…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

OLAFのQEクルーズ(’13年3月13② 終日クルーズ  クイーンエリザベス船内ツアー)

(前ブログからの続き:クイーンエリザベス船内ツアー) 時計のある前側の吹き抜けの階段を上がってデッキ3へ移動した。 此処の壁にもクイーンエリザベスの絵が掛かっていた。 船首にはデッキ1~3まで吹き抜けでロイヤルコートシアターがある。 姉妹船のクイーン・ヴィクトリア(QV)で大好評のプライベート・ボックス席を採り入れた劇場…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

OLAFのQEクルーズ(’13年3月13① 終日クルーズ  クイーンエリザベス船内ツアー)

昨夜は初めての夜だったが良く揺れた。 前回は地中海クルーズだったので、揺れると言う事はほとんど感じなかった。 今回は太平洋を航行しているので風の影響をもろに受ける様だ。 船室内にもキシキシと言う音が響きあまりよく眠れなかった。 今日は一日航海だ。 朝起きると、キュナードの情報TVを点ける。 メキシコ沖を航行している。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

OLAFのQEクルーズ(’13年3月12日② クイーンエリザベス乗船)

<クイーンエリザベス概略> 処女航海 2010年10月12日 総トン数 90,400トン 全長 294m(964.5ft) 全幅 32.3m(106ft) 全高 62,5m 速力 約23.7ノット 定員 乗客2,092名 現役のクイーン・エリザベス(3代)は、サービス、内装ともに引退した「クイーン・エリザベス2」を引き継…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

OLAFのQEクルーズ(’13年3月12日① 成田出発~ロス空港着)

三回目のクルーズは憧れのクイーンエリザベスに決めた。 ロスからパナマ運河を通りカリブ海の島を巡りフロリダ、ニューヨークで下船。 ニューヨークは一泊して少し観光が出来る予定だ。 (地図) (スケジュール表) (オプショナルツアー) 旅の始まりは何時もの成田空港。 15時10分発のデルタ航空ロスアンゼルス直行便…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

OLAF思い出のアルバム(’00年1月20日~23日 息子と2人でGUAM旅行)

昔の写真をスキャナーで取り込み、アルバムの整理と旅の記録を残しておこう。 今からほぼ10年前に息子と2人でGUAMに射撃旅行に行った。 後にも先にも息子との2人旅はこの旅だけだ。 さてどんな旅行になったのか。 宿泊はグアム第一ホテル。 このホテルは新婚旅行で行ったホテル。 当時は未だオープンしたばかりで綺麗なホテルだった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

OLAF思い出のアルバム(’94年9月アメリカ・ヨーロッパの旅②)

今日はエディンバラ城を見学に行った。聞きしに勝る綺麗なお城。エディンバラの街も大変美しい良い街であった。 そもそも、エディンバラは、スコットランドの首都であり、ロージアン州の州都。 地名は「エドウィンの城」の意味だそうだ。 スコットランドの東岸、フォース湾に面するこの都市は、グラスゴーにつぐスコットランド第2の都市で、人口は45万…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

OLAF思い出のアルバム(’94年9月アメリカ・ヨーロッパの旅①)

昔の写真をスキャナーで読み込み、思い出のアルバムをブログで残す事にする。OLAFは仕事仲間と、’94年9月15日から27日まで12日間アメリカからヨーロッパを回ってきた。 81年アメリカ、89年5月ヨーロッパ・アメリカ、8月ヨーロッパ、に引き続き今回は、幾つか企業を訪問する事は有るも、ゴルフ道具持参でゴルフを楽しむのが主目的の出張。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

OLAF思い出のアルバム(’81/11 アメリカ・カナダ 17日間 ⑥)

バンクーバー観光に出かける。世界一住みやすい綺麗な町。またグレーラインで出かける事とした。 11月20日 スタンレーパーク Stanley Park ダウンタウンの北西にある405haの広大な公園。 入り江に突き出した岬全体が、深い森に覆われた自然公園になっている。湖や川、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

OLAF思い出のアルバム(’81/11 アメリカ・カナダ 17日間 ⑤)

流通環境変化の視察の旅は終了。後は、観光の旅。シカゴ、カナダのバンクーバー。さ~~~楽しむぞ!!! 11月18日 今日はシカゴの観光を楽しむ日。また、観光バスに乗る。なんせ一人旅。 観光がスタート。ニューヨークとはまるで違う風景。 科学産業博物館(MUSEUM OF…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

OLAF思い出のアルバム(’81/11 アメリカ・カナダ 17日間 ④)

昨日は、ポートワシントンの友人のご家庭を訪ねさせて頂いて、久し振りに日本食を頂いた。満足。有難う御座いました。本日は、単独グレイラインでニューヨークの観光を楽しむ事にする。 11月15日 グレーラインは3コースあった。総て見てしまおうと全部をカバーするコース” オールループツアー(英語説明)”に乗ることとした。出発地点に急…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more