テーマ:祭り

OLAF酉の市へ行く (’13年11月3日 鷲神社)

江戸の昔より「1年の無事に感謝し、来る年の幸を願う」酉の市。 早いものでもう一の酉の季節になってしまった。 多くの露天商が立ち並び、手締めの音があちこちから聞こえ、境内は大にぎわいする。 福をかきこむといわれる開運・商売繁盛のお守り「熊手」をゲットしてこよう。 今年は3の酉まであるが、やはり1の酉にお参りに行って古い熊手をお返し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

OLAF in 三社祭(’13年5月19日 くみ踊り鑑賞の集い)

くみ踊りとは、浅草花柳界では、三社祭期間中、立方と地方を織り交ぜた数人の組を作り、その組のことを「組」と呼び、組がお座敷をつける時に踊る踊りを「くみ踊り」と呼びます。 お座敷をつける(踊りをご披露する)時も、通常の曲ではなく、その年の三社祭に合わせて曲を自ら選び、構成し、師匠に振り付けしていただいて、そのためにお稽古を積んで、三社祭期…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

OLAFの夏祭開幕 (’13年5月12日 下谷神社大祭)

今年は神田明神の大祭と下谷神社大祭が同じ日になってしまった。 本来的には、下谷神社大祭が下町で一番早い夏祭りとされている。 どちらに行こうか迷ったが、神田明神の大祭は4年前に行っているので今年は下谷神社大祭に行く事にした。 (記録) http://olaf-mama.at.webry.info/200905/article_3.…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

OLAFの神田小川町雪だるまフェア見物(’13年1月19日 神田小川町)

”靖国通り神保町交差点から小川町交差点、小川広場で開催される「第12回雪だるまフェア」。 群馬県嬬恋村の協力で、70トンの雪が運び込まれ、靖国通り沿いの「雪だるまコンテスト」では、巨大な雪だるまが20体以上並びます。 小川広場では、ソリ滑りやかまくら体験が楽しめます。 温泉から足湯も直送!ホッと一息入れてください。” こんなネッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

OLAF神田明神へ大黒祭りの四條流庖丁儀式を見物(’13年1月13日 神田明神)

神田明神のご祭神・だいこく様により福がもたらされる「だいこく祭」が平成25年1月12日(土)、13日(日)、14日(祝)の三日間行われる。 特に13日は「四條流庖丁儀式」が奉納されると言う。 TV等で見た事があるが未だ直接見た事が無い。 確か鯉に直接手で触れること無くさばくと言う儀式の様だった。 見に行こう。 地下鉄で秋葉…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

OLAFの羽子板市見物 (’12/12/19 浅草寺境内)

浅草歳の市の羽子板市が開かれた。 年の瀬の正月用品の市から発展した東京を代表する冬の風物詩だ。 江戸末期頃、羽子板に龍講の歌舞伎役者を貼りつけたことから女性に人気を集め、徐々に羽子板の市が増え「羽子板市」として定着。 明治以降は羽子板の技術も発展し、「江戸押絵羽子板」として昭和60年に東京都の伝統工芸品に指定されている。 仲…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

OLAFの酉の市 鷲神社お参り (’12/11/20 鷲神社)

今年は二の酉の年。 今日が二の酉の日。 いわゆる「二の酉のおとりさま」だ。 昨年の熊手を納め、今年の熊手を頂いてくる。 例年お参りしている鷲神社に出かけてきた。 ”鷲神社は天日鷲命(あめのひわしのみこと)日本武尊(やまとたけるのみこと)をお祀りした由緒正しい神社です。 現在は「おとりさま」として一般にも親しまれ崇敬を集めてお…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

OLAFの文京朝顔・ほおずき市(’11年7月23日源覚寺の「ほおずき市」、伝通院の「朝顔市」)

夏の風物詩「文京朝顔・ほおずき市」が、趣きのある小石川のまちなみの中で開催された。 「朝顔市」は徳川家ゆかりの伝通院、「ほおずき市」は「こんにゃくえんま」で知られる源覚寺が会場だ。 来週からはまた猛暑がぶり返すと言われているが、台風の後、やや涼しい日が続いている。 このチャンスに見に行ったことが無かったので行って見る事にした。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

OLAFの風鈴祭り見物 (’11年7月18日 西新井大師風鈴祭り)

7月18日、今朝は3時前に起きてTVに釘付け。 ”なでしこジャパン”が世界一に。 この瞬間が見たかった。 「おめでとう!」 従って眠い。 しかし、明日からは大型台風6号の影響で大雨が予報されている。 やはり、今日のうちに西新井大師の風鈴祭りを見に行ってこよう。 今年で11回目を迎えるこの風鈴祭りは、夏の西新井大師に活気…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

OLAFのとうろう流し見物 (’11年7月17日 第60回うえの夏祭り不忍池とうろう流し)

2011年7月16(土)から”第60回うえの夏まつり”が始まった。 今年のテーマは”東日本復興支援”だそうだ。 『~だから、「うえの」は大志を抱く。~  東北の玄関口、うえのから復興を応援します。』と言うキャッチフレーズ。 従って例年のごとくの上野公園不忍池畔の水上音楽堂でのイベント、植木・盆栽市・縁日・骨董市の他に復興支援物産…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

OLAFの東京散歩弟44回 (’10年6月5日 三河島の山車人形見物)

近所の素盞雄神社で、天王祭が行われました。 六月は旧暦では夏。 春と秋に稲の収穫を祈念感謝する農村型の祭禮に対して、天王祭は京都の祇園祭と同様、夏に流行する疫病を振り祓う都市型の祭禮と言えます。 やはり京都の祇園祭文化が江戸にも流れてきていたのです。 六月二日の宵宮祭、三日の例大祭は、町屋、三河島、南千住・三ノ輪の三地区六十…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

OLAF in 三社祭(’10年5月15日 くみ踊り鑑賞の集い)

今日も良い天気だ。 三社祭で晴れが続くのはそうそう無い様である。 今日は、三社祭協賛「くみ踊り観賞の集い」が行われる。 昨日、大行列に参加していた綺麗どころが出て踊りを披露してくれる。 浅草の「見番」の二階で12時半開場、1時開演。 少し早めに行って、お御輿も見ることにしよう。 昨日も来た浅草観音の裏手にある見番へ入って…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

OLAF in 三社祭(’10年5月14日 大行列見物)

5月14日。 早いもので、いよいよ東京の夏祭りの代表”三社祭り”が始まった。 今日は、大行列が行われる。 その行列を見に浅草へ出かけた。 午後1時、浅草の”見番”前を出発して、”馬道”を通り”雷門”から”仲見世”を通って”浅草寺”へ。 年によって西回り、東回りがあるようだが、今年はこのルートだ。 天気も晴れて暑いぐらい。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

OLAFの羽子板市見物 (’09/12/18 浅草寺境内)

年末の恒例行事「羽子板市」を見に行く。 浅草寺の境内へ。 平日の午前中にもかかわらずかなりの混雑。 仲見世はもうお正月準備が済み、お正月気分。 平成本堂大営繕美観プロジェクトがすすんでいた。 本堂周囲は完全に工事壁で囲まれていた。 外観に彩り(いろどり)を添えるため日本を代表するデザイナー山本寛斎氏率いる「株式…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

OLAF ”目黒のさんま祭り”でさんまを食べる (’09/9/6)

6月5日のTY番組”出没!アド街ック天国”で目黒特集。 内容は“さんま祭り”。 毎年、品川区側と目黒区側の2回にわたって開催。 品川区側の「目黒のさんま祭り」の会場は、目黒駅東口をおりてすぐの目黒通り。 ここで6,000尾ものさんまが焼かれ、10時から無料配布されるのです。 焼きさんまのお皿には、岩手県宮古市産のさんまをメイン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

OLAFのサンバカーニバル見物 : ②S1リーグ (’09年8月29日)

(前ブログからの続き) サンバカーニバルも開始から2時間半経過。 S2リーグの行進も終わり、いよいよS1リーグの行進が始まる。 S1リーグの方が、仕掛けも大掛かりでチームメンバーも多い。 猛暑の中、頑張って見ているがそろそろ限界か? 汗びっしょり、立ちっぱなしで足も痛くなってくる。 S1リーグ11位の”G.R.E.S…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

OLAFのサンバカーニバル見物 : ①S2リーグ (’09年8月29日)

東京・下町の夏の終わりを彩る恒例の浅草サンバカーニバルが29日、台東区の雷門通りなどで開かれ、19チーム、計約4700人のダンサーがリズムに合わせ、歌や踊りを披露した。 サンバカーニバルは今回で29回目。 色鮮やかな衣装と羽根飾りをまとったダンサーたちが、軽快なステップで約800メートルの通りをパレードした。 今日は昨年の雨模様の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

OLAFの東京散歩 第22回 (’09年7月10日 浅草ほおずき市)

7月10日の観世音菩薩の縁日。 この日に参詣すると、四万六千日参詣したほどの功徳があるという。 浅草寺では境内にほおずき市が立つ。 雨が降りそうなので、早めにカメラ片手に家を出る。 浅草仲見世通りは未だ空いている。 修学旅行生がお土産屋を覗いている姿が目立つ。 仲見世に吊り下げられている風鈴の音が心地良い。 まづは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

OLAFの東京散歩 第21回 (’09年7月7日 入谷朝顔まつり)

鬼子母神の境内と言問通り沿いで開催される、朝顔市に行って来ました。 100店余りの店が立ち、売り子さんたちの威勢のいい声が飛び交ってました。 今日は梅雨の合間。 晴れてはいるが、じっとりと湿気の多い暑い日。 朝顔市に出かける。 地下鉄”入谷”を降りると直ぐ目の前に”朝顔祭り”の看板が目に飛び込んでくる。 お昼近かった事も…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

OLAFの天王祭見物 (’09年6月6日 素盞雄神社の氏子まつり)

六月は旧暦では夏。 春と秋に稲の収穫を祈念感謝する農村型の祭禮に対して、天王祭は京都の祇園祭と同様、夏に流行する疫病を振り祓う都市型の祭禮といえる。 「本祭」は三年に一度行われ、祭礼日(六月二日・三日)の次の土日に本社神輿が渡御する。 昨年が「本祭」だったので、今年は「陰祭」では本社神輿はでない。 「氏子まつり」という形だ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

OLAF日光へ春季例大祭・百物揃千人行列を見に行く。(’09年5月18日 その②)

(前ブログからの続き) 春季例大祭は、久能山から徳川家康公の神霊が日光に移された当時の祭典の再現である。 18日の百物揃千人行列(正式には神輿渡御祭-しんよとぎょさい-)が最大の行事となっている。 OLAFは日帰りツアーに参加して、それを見に行く事にした。 「桟敷席で見物できます!」が売り物だ。 行列は更に続きます。 御…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

OLAF日光へ春季例大祭・百物揃千人行列を見に行く。(’09年5月18日 その①)

春季例大祭は、久能山から徳川家康公の神霊が日光に移された当時の祭典の再現である。 18日の百物揃千人行列(正式には神輿渡御祭-しんよとぎょさい-)が最大の行事となっている。 OLAFは日帰りツアーに参加して、それを見に行く事にした。 「桟敷席で見物できます!」が売り物だ。 日光は今年の1月に温泉と観光で行ったばかりだが、今回…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

OLAFの神田祭見物 (’09年5月9日 神田祭 ②附け祭り)

神幸祭の祭礼行列が神田明神を朝の9時半に出発した。 午後4時頃に日本橋三越本店に到着するという。 ここから、最後の御輿、山車、武者行列、等の附け祭りが追加されるという。 附け祭りとは、曳物(ひきもの)と呼ばれた巨大なはりぼての人形や様々な踊り子が流行の衣装を身にまとい流行の音楽を奏でながら行列に参加した人々などのことを言い、毎回違…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

OLAFの神田祭見物 (’09年5月9日 神田祭 ①神幸祭)

いよいよ東京に夏を告げる祭りの幕が切って落とされた。 最初の祭りは、神田祭り。 江戸総鎮守である神田明神で行われる祭事。 徳川将軍上覧の祭りであったため、天下祭ともいわれている。 江戸時代を通じて全国的に有名な祭のひとつとして「日本三大祭り」「江戸三大祭り」の中に数えられた。 2年ごとに本祭と陰祭が入れ替わり、2009年は本…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

OLAFのお正月(’09年1月1日)

OLAFは今年、自宅でお正月を迎えた。 天気も良く、なかなか良いお正月だった。 おせち料理を食べ、お屠蘇をいただき、地元の素盞雄(スサノウ)神社へ初詣に行き、新年の無事を祈ってきた。 しめ飾り お正月の花 おせち料理 初詣は素盞雄大神(スサノオ大神)を祭ってある素盞雄(スサノウ)神社へ。 天照大御神の御弟神…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

OLAFの羽子板市見物 (’08/12/19 浅草寺境内)

OLAFは羽子板市最終日の12月19日に浅草へ羽子板市見物に行った。 羽子板市はネットによると 羽子板市の起源は、古くは「邪気を跳ね返す板」として女の子の成長からを願う風習からきています。 現在のような浅草の羽子板市は明治中期、毎年歳末に行われる浅草寺「歳の市」の主要商品として販売されていたのが始めといわれています。 戦後の昭和…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

OLAFの酉の市('08/11/5 浅草鷲神社)

日本に帰ったらもう酉の市。 今年は三の酉まである。 火事が多いといわれる三の酉の年。 浅草鷲神社に出かける。 一昨年の酉の市ブログ。 http://olaf-mama.at.webry.info/200611/article_1.html 酉の市のパンフレットを配っていた。 屋台の中を神社へ向かう。 イカ焼き…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

OLAFのサンバカーニバル見物(’08年8月30日)

OLAFは浅草へサンバカーニバルを見物に行った。 今年は28回目にあたるそうだ。 けっこう歴史のある、イベントになったものだ。 TV等ではニュースで『この夏最後の催事が行われました。行く夏を惜しんで40万人の見物客が訪れました。』等紹介されるイベントだ。 大雨注意報が出ている中、傘を片手に浅草へ。 雨で出鼻をくじかれ、到着…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

OLAF’S Diary in 京都(’08/07/09 みやび会御千度 )

OLAFは、祇園町の舞のお師匠さん井上八千代家元を筆頭に井上流の現役舞妓さん芸子さんが、毎年新しいデザイン柄の浴衣をお揃えで着て、八坂神社に集まる『みやび会』へ行って来ました。 今年の浴衣のデザインは『流水』という洒落たデザインでした。 みやび会は9時半頃、皆が到着して、本殿の周りをぐるぐる回り『お千度』し、願をかけます。 その後…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

OLAF’S Diary in 京都(’08/07/08 二階囃子)

OLAFは夜の京都の街に繰り出しました。 『二階囃子』と呼ばれるお囃子の稽古を見てみたいと思ったからです。 全山鉾32基の内、囃子方が乗るのは12基だそうです。 それらの山鉾町では、一年間練習してきた囃子の最終仕上げの練習が行われます。 コンチキチン・・・コンチキチン・・・ 囃子を練習する姿を見、囃子を聴きたい・・ そんな思…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more