OLAFの陶芸教室参加 (’18年1月24日 蕎麦猪口)

今度は蕎麦猪口に挑戦した。 自分で打った蕎麦をこれで頂くのが楽しみだ。 ①工程:土練りと作陶(12月5日) 秋冬バージョンの器に挑戦することにした。 今まで作ったことが無かった蕎麦猪口を作成することにした。 粘土は、前回同様「特こし」を使う。 600gを使用。 ②工程:仕上げ(削りと高台づくり)(12月12日) …

続きを読むread more

OLAF雪の温泉を楽しむ(’18年1月4~8日  グリーンパール那須)

今年のお正月は国内で過ごした。 でも、「温泉には行きたい」と言う事で何時もの「グリーンパール那須」へ行ってきた。 この温泉は東北自動車道で高速バス、湯元へ着くとホテルからお迎えの車が来てくれる。 乗り換えも無く楽だ。 温泉自体は派手さは無いが単純硫黄泉でお湯は最高。 大好きな温泉だ。 今回は4日から2泊3日の温泉。 東…

続きを読むread more

OLAFの初詣(’18年1月1日 素盞雄神社)

寒いが静かで晴天。 良い元日が迎えられた。 おせちを食べる前に地元の氏神様、素盞雄神社(すさのう)神社へ初詣に行った。 昨年の暮れには「年越しの祓」に来たばかりだが、気分は変わっている。 日にちが変わる真夜中から始まる初詣の列が一区切りついて、昼前のまた行列が出来る前の空いている境内。 念入りに二礼二拍手一拝でお参り。…

続きを読むread more

OLAFの年越しの祓(’17年12月29日  素盞雄神社神社)

地元の氏神様、素盞雄神社(すさのう)神社で年越しの祓が行われている。 暮れの街を楽しみながらお参りに行ってきた。 掲示によると “大祓(おおはらい)とは6月と12月に斉行される罪穢(つみけがれ)を祓い清める神事で、前者を『夏越しの祓』、後者を『年越しの祓』と言い、私たちが生活している間に、知らず知らずに罪を犯し、穢れに触れ、本来の…

続きを読むread more

OLAFのキス釣り (’17年12月23日 荒川屋から午後船でキス釣り )

金沢八景の荒川屋さんから、キス釣りの午後の乗合船で江戸前のキスを釣りに行った。 今回はシニア2人組。 前回は18名の大団体が乗ってきて、大混雑だったが今日は何時ものシニア多数の静かな釣り。 12時半出港。 皆さん仕掛けの準備に余念がない。 八景島のコースターが良く見える。 PM1時に「中の瀬」の釣り場に到着。…

続きを読むread more

OLAFのフグでの忘年会(’17年12月20日 とらふぐ亭)

何時もお安い居酒屋で忘年会をしているが、今日はちょっと贅沢にフグ料理で忘年会をした。 気心が知れた友人との忘年会だ。 場所は「とらふぐ亭」。 泳ぎとらふぐセット(全7品)で、皮刺し、泳ぎてっさ、泳ぎてっちり、なべ皮、雑炊、香物、デザートと一応フグコース。 から揚げ、白子等は付いていないがまあ良しとしよう。 最初はてっさ。 …

続きを読むread more

OLAFの羽子板市見物(’17年12月18日 浅草浅草寺)

江戸時代から続く有名な歳の市で、浅草寺の納めの観音詣の縁日12月17日(日)から19日(火)に行われてています。 羽子突きの羽根は虫を食べるトンボに似ていることから、悪い虫(病気)を食べる、あるいは羽根の先端に付いている「豆」から、「まめに暮らすことができる」など、羽子板はもともと縁起物として扱われていた様です。 やがて女子が誕生し…

続きを読むread more