OLAFの愛宕神社千日詣り②(’17年6月23日  新橋・信州そば「おにかけ」)

愛宕神社の千日詣りも無事終了。
遅いランチを新橋の「おにかけ」で食べよう。
この蕎麦屋は長野の郷土料理の店として有名。
以前に茸蕎麦を食べた事が有り、また行ってみたくなった。


店名の「おにかけ」は、長野の郷土料理、お煮かけ蕎麦に由来するのでは無いかナ?
「お煮にかけ蕎麦」ってのは、もともとは、長野の鬼無里村で、味噌汁に蕎麦を入れたのが始まりなんだそうだ。
野沢菜を干したという干葉(ひば)や野菜が入って煮込まれたつゆを、蕎麦にかけたかけそばのことらしい。
生野菜そばってのは、この「お煮かけ蕎麦」にヒントを得て作られたもの?

画像

店内はちょっと遅いランチタイムだったので空いていた。
画像

椅子席が2つと小上がりがある。
画像

メニューは置いていない。
壁の張り紙を見て注文。
常温の日本酒を頼む。
野沢菜がお通しとして供される。
濃すぎず薄くもない、
おいしーい野沢菜だった。
画像

一杯やりながら待っていると、大きなお盆にお蕎麦、つゆ、卵スープ乗って提供されました。
スタッフから、所謂「つゆ」は蕎麦湯用なので、卵スープに味噌玉を溶いて、ブッカケにして頂く様、説明が有りました、
お蕎麦の上には、色とりどりの野菜が乗っていて、キレイです。
トマト、胡瓜、玉葱、人参、ピーマン、枝豆・・・
まずは、味噌玉を謎の汁に溶き、ブッカケにしました。
何とも不思議な味です。
お蕎麦の香りや風味を楽しむことは難しいそばです。
味噌のお味は、田舎風というか、素朴でちょっと無骨な感じ。
信州はお味噌も有名ですし、醤油等高い時代には江戸でも蕎麦を味噌味で食べたと言います。
野菜たっぷり、お蕎麦そのボリュームも十分あり、ヘルシーですが満腹になりました。
そう言えば壁に「少量も有ります。」と張り紙が有りました。
画像


お蕎麦そのものは、田舎風でちょっと太目。
でも、のど越しで楽しむ蕎麦では無く、噛んで楽しむ蕎麦で生野菜と合わせるにはこれが良いと思いました。

満足でした。

千日詣りとランチ。
良い日でした。