OLAFのキス釣り (’15年8月13日 荒川屋から午後船でキス釣り )

今日は師匠が「甥っ子を連れてキス釣りに出かける。」と言う事でOLAFも一緒に連れて行ってもらう事にした。
天候は大荒れが予想されていた。
横浜の降水確率70%、波は2mと何時もは0.5mに比べ東京湾にしては酷く高い。
さてどんな釣りになります事やら・・・


出かける時には雨が降っていたので、傘をさして家を出る。
「こんな日の釣は久し振りですネ~~~。」等と言いながら電車で八景まで。
到着したら雨は上がっていて、時折日も差してくる。
荒川屋さんからは出船すると15分程度で釣り場に着く。
乗船前に仕掛けを準備する。
画像


出船して10分。
釣り開始。
数はあまり出ないが、形は良い。
「プルプルと言うキス特有の引きが楽しいネ。」等と話しながら楽しむ。
師匠は大型キスの一家釣り。
「強く良く引いた。」
画像


4時沖上がり。
直ぐに船宿へ到着。
今日の釣果はキス15匹、ベラ3匹。
画像

数はあまり出なかったが、23cm級がゴロゴロ。
画像


今夜の夕食はベラの煮つけとキスのお刺身、キスの卵のバター焼き。
キスのお刺身は捌くのは若干面倒だが、上品な味でコリコリして美味。
画像


翌日はキスの天ぷら。
これまた美味。
画像


雨には少し降られてカッパを着る時もあったが、予想が良い方向に外れ、晴天で暑い日だった。
そして、二晩新鮮な魚を楽しめた。
そろそろ、キスのシーズンも終了か・・・
ハゼの季節になる。
ハゼ釣りの乗合に変更される船宿が増える。
初めのうちはハゼは小さく唐揚げが中心で楽しみは大きく減る。

もう一度大型キスを釣りにきたい。