OLAFの亀戸天神の「鷽替え神事」 (’15年1月24日 亀戸天神)

「藤の花の天神様」で名高く、江戸庶民信仰の本源として長い間関東天神信仰の中枢を占めている亀戸天神社。文政3年(1820年)より続く鷽替神事は亀戸天神社のもっとも特殊な神事だ。
鷽は「幸運を招く鳥」とされている。
前年の鷽を神社へ返納し、新しいものと「とり」(鳥)替えることで1年の吉運を招き、開運・出世・幸運を得ることができると信仰されている。

今年は25日は別件の行事が有り鷽替え神事に行けない。
亀戸天神の「鷽替え神事」は24日、25日両日行われる。
湯島天神の「鷽替え神事」は25日一日のみだ。
今年は亀戸天神へ行くことにした。
(過去の鷽替え神事のブログ)
http://olaf-mama.at.webry.info/201401/article_16.html
http://olaf-mama.at.webry.info/201301/article_10.html
昨年は湯島天神、一昨年は亀戸天神だった。
どちらも菅原道真公をお祭りしているので問題ないだろう。

10時過ぎに亀戸駅へ到着。
亀戸天神へ向かい歩いて行く。
亀戸4丁目の交差点を左に曲がり天神様へ歩いて行く。
鷽がデザインされた歩道との境界線。
画像

「ナンナンと~~~~~~。」
交差点一つ前から大行列が出来ている。
多分この最後部が鷽替えの行列では・・・
思い切って並んでみる。
一昨年来た時には境内の中で並んだ覚えは有るが、こんな所から並んでいた覚えは無い。
皆さん「何故~~~~。今年は変~~~~~!」
そんな声が大きい。
画像

並んでズルズル動いて大通りまで出たのは一時間後。
参ったな~~~~~。
大通りで信号1つ分。
またズルズル動く。
画像

ようやく大通りから参道へ曲がる。
画像

鳥居まで来る。
此処までで並び始めてから2時間。
凄い!
腰が痛くなってくる。
でも意地で頑張る。
紅梅が咲いている。
画像

境内内部も一昨年と同じ混雑状況。
画像

左側には梅の木が沢山植わっている。
未だ固いと蕾みの木、ちらほら咲き始めた梅の木等が混じっている。
画像

画像

境内の奥まで並んでバックする。
まだまだ凄い人並みだ。
画像

ようやく、鷽替えの鷽を頂けるテントへ。
これまで並び始めて3時間半。
1時半近くなっていた。
良く頑張ったものだ。
画像

鷽を授けてくれるテント下へ。
画像

一番大きな鷽と二番目はもう販売終了。
巫女さんも頑張っている。
画像

画像

ゴチャゴチャも終了しようやくお参り。
画像

ホッと一息。
でも、疲れた。
境内では、天神雑子が奉納されていた。
画像

その傍ではロウバイが綺麗に咲いていた。
画像

東京スカイツリーも綺麗に見えている。
画像

帰り道の露店は暇そうだった。
画像



お腹も空いたので亀戸餃子とビールで一休み。
ぱりぱりしていて旨い。

帰って鷽を神棚に飾った。
昨年より小さい。
携帯用のごく小さな鷽も出ていた。
此処にも値上がりの波か?
画像


今年は何故あれほど混んでいたんだろうか?
土曜日だったから・・・

今年も無事に過ごせますように!