OLAFinロスアンジェルス(’14年8月6日国境越えメキシコ・ティファナとサンディエゴ観光)

今日は国境越えメキシコ・ティファナとカリフォルニア・サンディエゴ観光ツアーに参加します。
ロサンゼルスから約300km南下したカルフォルニアの最南端の街、サンディエゴを観光し、海岸線をドライブしてメキシコへ。
陸続きの“国境越え”でメキシコ・ティファナへ。
自分の足でアメリカとメキシコの国境を越えて、ガラリと変わる雰囲気を存分に感じる事が出来るツアーだそうです。


地図で見るとかなりのロングドライブです。
画像


出発はホテルを朝の9時15分にピックアップに来てもらいました。
5号線を南下し、75線を経てサンディエゴへ向かいます。
フリーウエイは未だ朝の渋滞が続いていました。
画像

11時過ぎにサンディエゴ・ダウンタウンの街並みが見えてきました。
カリフォルニアは広い!
実感です。
画像

11時半頃にサンディエゴ湾を望む”シーポートビレッジ”に到着しました。
ここは、港に面したショッピングビレッジで、市民の憩いの場&デートスポットといったところでした。
港を行き交う軍艦や観光船を眺めながら、のんびりとするには良い所でした。
ブティック、ギフトショップ等もありましたがトイレ休憩が中心でした。
横須賀に太平洋艦隊の旗艦として配備されていたミッドウエイが停泊してました。
”ミッドウエイ博物館”になっているとの事でした。
画像

画像

ミッドウエイです。
画像

洒落た海に突き出たレストランもありました。
画像

更に5号線を南下し、アメリカとメキシコ国境に到着しました。
アメリカの電車もここが終点のようでした。
画像

画像

いよいよ徒歩で国境を越えてメキシコ側ティファナの街へ渡ります.
アメリカの車の保険は、メキシコ国内に入るとカバーされないので、ガイドさんは、国境沿いのパーキングに車を停めて、歩いて国境を渡ります。
画像

想像していた国境とは大きく違いました。
こんな道を歩いて国境を越えます。
なんだこりゃ!
そんな感じでした。
画像


メキシコの国境を渡る入り口です。
画像

遊園地の入り口の様な回転扉でメキシコに入ります。
入り口にはイミグレーションもありませんでした。
画像

メキシコに入って振り返ると、アメリカへの入国の車が列をなしているのが見られました。
車の間に売店が有りました。
驚きです。
なんでも有の国なんだ!
画像

歩いてアメリカに入国する人の列が見えます。
ガイドさんが「先週の日曜日は再入国するのに通常は2時間程度でしたが、4時間も並びました。
今日も長い列なので最悪それくらいかかるかもしれません。
御覚悟を!」
との事。
日陰もなく暑い太陽に照らされて4時間は辛そう・・・
今日は最悪の日になるのかな???
画像

一歩メキシコに入ったらカリフォルニアとは別世界。
街の雰囲気も、匂いも、活気も、人の感じも、全く違い、「また別の国に来たんだ~」となりました。
陽気なメキシコ人が気軽に声をかけてきます。
たくさんのギフトショップやレストランがあります。
看板や商品などの色使いが、原色ばかり。
ラテンの国と言う印象です。
画像

画像

画像

画像


此処で、本場のメキシコ料理のランチを食べました。
画像

マリアッチの演奏をしていた。
画像

ビールはコロナでは無いメキシコビール。
料理が出てきました。
サルサ。
ちょっとスパイシー。
画像

トルティーヤを焼いているおばさんがカメラを向けると愛想を振りまいてくれた。
画像

色々乗っているお皿が出てきました。
甘くない豆やサラダ風の野菜等。
画像


演奏をしているオジサンに呼ばれて喜んでいるOLAFママ。
画像

国境の町の治安を守っているポリス。
一緒に写真を撮ってくれました。
画像


お土産屋さんに行ったらソンブレロをかぶってマリアッチの姿で記念写真を撮らされました。
画像


さあ、覚悟してアメリカへ再入国しましょう。
列は朝よりももの凄く短くなっていた。
メキシコ人のアメリカ入国の列。
再入国者用の列。
どちらも短く45分の待ち時間で再入国できた。
ガイドさん曰く「最短記録です!」
ラッキーでした。
画像


今までにメキシコにはクルーズで入国したことが有った。
その街とはまるで雰囲気が異なっていた。
この町の方が強く南国メキシコを感じた。
(過去のメキシコの記録)
http://olaf-mama.at.webry.info/201304/article_9.html
http://olaf-mama.at.webry.info/201304/article_10.html
http://olaf-mama.at.webry.info/201304/article_11.html

面白いツアーだった。