OLAFのメバル釣り (’14年2月23日 富士見のメバル乗合船)

何時ものメンバーで釣りに出かけた。
キス釣りをやっていた富士見の乗合でメバル釣りが始まったと言う。
今までやった事が無いメバル釣りに挑戦しようと話がまとまる。
仕掛けも分らず、竿も分らない。
竿も、仕掛けも借りようと言う事で竿なしで釣り船屋へ。


7時半出船。
朝食のおにぎりなどをパクつきながら出かける。
波も無いし、天候も良い。
でも、海の上は寒い。
完全な防寒体制。
画像

本牧沖と言うので1時間以上船に揺られる。
羽田沖、川崎沖などを通り、港の大きさに圧倒される。
8時半過ぎ本牧沖へ到着。
岩礁の傍で釣り開始。
メバル船が集まっている。
画像

船長曰く「メバルは根ががりを恐れず海底に重りを立てる様な感じで、あたりを待つ。
魚信があっても慌ててあわせては逃げられる。
一呼吸おいてからゆっくり巻き上げるのが大切。」との事。
暇な釣りだ。
誘いもしなくて良い様だ。
画像

あちこち場所を移動しながらの釣。
あまり釣果は出てない。
皆さん苦労している様だ。
最後に「海ほたる」の換気口の周りの岩礁で釣りをする。
画像

画像

3時過ぎに釣り終了。
今日は釣れてる人でも十数匹程度だ。
初めての釣でOLAFは6匹。
肝心なメバルは1匹のみ。
仲間では最高2匹。
後はカサゴ。
画像

早速捌いて煮魚に。
肝も大切に取り出す。
煮魚としたらカサゴの方が好きだ。
一杯やりながら大新鮮な魚を楽しむ。
ハゼやキスより数が少ないので捌くのも楽。
画像


3月もメバル釣りの船が出ると言う。
リベンジにもう一度メバル釣りをしようと言う事になっている。
次回はもっと釣るぞ!