OLAFの宮古・八重山9島めぐり⑪ (’14年2月4日 石垣島川平湾、羽田へ )

最後の観光場所、川平湾でグラスボートからサンゴ礁を眺める。

石垣島のマップ。
画像

石垣港からバスで平川湾へ。
途中に具志堅 用高さんの記念館が建っていた。
画像

ランチは「みね屋工房」に隣接されたレストランで”アグー豚のしゃぶしゃぶです。
この工房ではみんさー織を作っている様でした。
「いつの世までも…」の文様で有名になり、バックや帯、小物などに加工されて沖縄各地で販売されていた。
画像

島野菜とアグー豚が並べられていました。
アグーは、沖縄固有の貴重な在来豚です。
今から約600年前に中国から導入され、沖縄で飼い続けられていた小型の「島豚」が由来となっています。
アグーの肉質は、霜降り肉で脂に甘みと旨みがあり、一般的に市販されている豚肉に比べて肉質が優れていると評価されているそうだ。
画像

画像

画像


平川湾へ向かいます。
途中の海岸で海の中から立っている植物がありました。
これがマングローブに育つのかしら?
画像

グラスボートが並んでいました。
天気は悪く白波が立っていて「出船出来ないかも。」と心配していましたが大丈夫の様です。
画像

画像

底を覗きこみます。
画像

石垣島の周辺には、白波で縁取るように北半球最大ともいわれているサンゴ礁が発達しています。
アオサンゴ群落をはじめ、ハマサンゴ、エダサンゴ、コモンサンゴの群落のある白保東のサンゴ礁を見ることが出来ました。
クマノミ等も泳いでいました。
画像

画像

画像

画像

亀も横切りました。
画像

シャコ貝もありました。
こんな大きいのが海の底で見られるとは驚きでした。
画像

画像


石垣空港から直行で羽田へ帰ります。
羽田が雪の関係で混乱している様です。
出発が30分も遅れました。
画像

画像


宮古諸島、八重山諸島に来たのは初めてだった。
ゆっくり時間が流れていました。
自然しかありませんでした。
ゆったりするには良い所です。

冬の間一ヶ月程度のロングステイを考えて見ようかナ・・・