OLAFの湯島天神の「鷽替え神事」 (’14年1月25日 湯島天神)

今年も鷽替え神事の日が来た。
ネットによると鷽替え神事は以下の様な内容だそうだ。
”古来より、天神さまゆかりの鳥として親しまれている「鷽」(うそ)は、首からほおにかけて美しい紅色で頭と尾が黒く、背や腹はネズミ色の小鳥です。
平素私達が知らず知らずのうちに使う「嘘」を、天神さまの「まこと」に替えていただき、正しい幸運を招く意味から初天神の一月二十五日に、この鷽鳥を木彫りにした「鷽」を新しい「鷽」と取り替える神事が「鷽替え神事」です。
もともとは、神棚に供えておいた「鷽」を「替えましょう」「替えましょう」と呼びかけて、手から手へ、取り替えてゆき、凶事をうそにして、幸運に替えることを念願して行われたもので、江戸時代はじめから始まったと云われています。
現在では、凶事をうそにして幸運に替える開運のお守りの意味から、受験生の受験のお守りとして求められる方も多いようです。”
昨年は亀戸天神へ行ったが今年は湯島天神へ行く事にした。
(今までの鷽替え神事の記録)
http://olaf-mama.at.webry.info/201301/article_10.html
http://olaf-mama.at.webry.info/201101/article_11.html 
http://olaf-mama.at.webry.info/200901/article_16.html


御徒町からトコトコ歩いて湯島天神へ。
9時半頃に湯島天神へ到着。
未だ早いのにかなりの人出だ。
画像

境内に入ると既に咲いている梅があった。
白梅。
画像

紅梅。
画像

鷽替え用のテントが境内に作られていた。
かなりの混雑。
画像

画像

列の後ろに並ぶ。
10分程度の並び時間で済んだ。
画像

大きな鷽が700円、小さな鷽が500円。
画像

巫女さんが対応してくれた。
画像

これから一年宜しくお願い致します。
画像


未だ昼食には早いし、一杯飲んで帰るにも早い。
帰りにアメ横で何か買って帰ろう。