OLAFのハゼ釣り (’13年12月1日 富士見のハゼ乗合船)

今年のハゼはどんな感じのか?
久し振りに門仲の富士見のハゼの乗合でハゼ釣りに行った。
師匠が音頭を取って朱塗りの菅笠軍団が7人勢ぞろい。
しかも、全員なかどうしの竿でハゼ釣りを楽しむ。
OLAFはなかどうしの竿は初めての使用。
今まではリールでやっていた。
はたしてどうなるか?


風も無く晴天。
釣り日和だ。
定刻7時半に出港。
画像


走ること一時間。
今日は木更津まで。
深川辺りでやるのかと思っていたら船長曰く「木更津で釣れはじめている。
型は例年と違い小ぶりだが数は出始めている。
今年はどうも一番子、二番子辺りは海水温の上昇で育っていないらしい。
従って小型が多い様だ。」

木更津の防波堤の内部で釣り開始。
画像

画像


この付近に釣り船が集まっている。
画像


海は静かでまさに釣り日和。
太陽が海に反射して眩しい。
しかし、ハゼはぼつぼつ。
船長が「上げて!走るよ」
「この辺でやるよ」
場所を頻繁に変えて釣れる場所を探る。
師匠に大物がくる。

師匠にんまり。

画像


木更津の湾内をあちこち場所を変えながら探る。
画像

画像


2時過ぎ終了。
一路門仲の釣り宿へ。

帰宅してハゼを調理。
ハゼは少ない。
そして小さい。
確か昨年はこの頃はもっと大型だった様な気がする。

グループの中の名人でも40匹。
OLAFの倍程度だ。
少ない。

画像


小さいハゼでも調理の手間はかえって掛かる。
大苦労。

それから風呂。
一杯飲みながら天ぷらを食べる。
舞茸が有ったのでそれも揚げる。

苦労した後の一杯は美味。
画像


今回なかどうしで釣ったのは初めて。
手返しの悪さもあった。
もう一度チャレンジしたい。
師匠宜しくお願い致します。