OLAF in HAWAII(’13年7月19日 ホノルルメモリアルパーク 金閣寺)

何時もパリハイウエーを通るときに気になっていた三重塔の屋根。
ネットで調べるうちに「ホノルル・メモリアル・パークにある京都ガーデンと呼ばれる日系の方が眠る墓地群があり、そこに金閣寺と三重塔が有る。」ことが分った。
早速見に行くことにした。
ホノルルの神社は総て見に行っている。
「ホノルルには4宗派からなる神社があるそうです。
出雲大社(島根・出雲大社)、金刀比羅神社(讃岐・金刀比羅宮)、大神宮(伊勢神宮)、石鎚神社(四国・石鎚神社)です。」
(大神宮)
http://olaf-mama.at.webry.info/200906/article_24.html
(ハワイ金刀比羅神社)
http://olaf-mama.at.webry.info/200906/article_19.html
(ハワイ石鎚神社)
http://olaf-mama.at.webry.info/200906/article_21.html
(ホノルル出雲大社)
http://olaf-mama.at.webry.info/201102/article_9.html
お寺は行っていない。
物珍しいマキキの教会には行ってみた。
(マキキ教会)
http://olaf-mama.at.webry.info/200906/article_21.html


クヒオ通り山側から2番バスで出発。
アラワイ運河を渡ったコンベンションセンターで下車。
ここで4番バスに乗り換える。
4番バスは今迄に乗った事が無い。
チャイナタウン辺りを通るのでそこでの乗り換えも可能の様だが、いつも使うバス停には4番バスの表示が無い。
少し遠回りでも安全策を取った。

バスに乗ること40分。
ヌアヌアベニューとジュット通りの交差点で下車。
この辺りがホノルル・メモリアル・パークだ。

バスを降りると墓地の向こうに屋根が見えた。
画像

日本式のお墓ももの凄く沢山並んでいた。
そのわきを通り急な坂道を降りていくと三重塔と金閣寺が現れた。
ネットによると
”ホノルル・メモリアル・パークにある京都ガーデンと呼ばれる日系の方が眠る墓地群があります。
1958年にメモリアルパークが設けられ、1966年に仏教徒の魂が眠るこの地に金閣寺と三重塔が建設されました。
落成記念として、当時の京都市長から世界平和を願って大きな和鐘が贈られたことにより、この地が京都ガーデンと呼ばれるようになりました。
京都の金閣寺からは、当時の金閣寺の住職・村上慈海氏もハワイの金閣寺の落成式に出席して落慶法要をされています。
村上慈海住職は、金閣寺が1950年に焼失した当時の住職です。
京都の金閣寺は1955年の竣工ですので、ハワイの金閣寺はその11年後に完成しています。

奈良の南法華寺に建つ三重塔をモデルにした三重塔は、パリハイウェイからもほんの少し見えます。
大きさは、南法華寺よりもすこし大きく、高さは24m、塔の相輪の先まで含めると34mもあり見栄えがします。
金閣寺は頂上の鳳凰像を除いて11mあり、京都とほぼ同じ大きさです。
金閣寺の周りには京都と同じように鏡湖池も設けられています。

このメモリアルパークは、2003年に破産でクローズするという憂き目に会い、金閣寺も三重塔も維持が出来ず取り壊しという話もありましたが、檀家の寄付によって、なんとかまぬがれているのが現状。
2004年にはアメリカの歴史的建造物として登録されたんですが、今後どうなるんでしょうか。”
との事だ。


三重塔。
画像

金閣寺。
画像

画像

画像

残念ながら池に水は有りませんでした。
画像

鳳凰です。
画像


本物の京都の金閣寺です。
(京都の金閣寺)
http://olaf-mama.at.webry.info/200904/article_4.html


本物と比較するとあまりに汚れている。
もったいない。

歴史的建造物としての価値をどう後世に伝えるか・・・

考えさせられる見学でした。