OLAFのQEクルーズ(’13年3月14① 終日クルーズ 鍼デモンストレーション、カジノ教室)

今日も終日クルーズの日だ。
何のイベントで遊ぼうか?
昨夜はそれほど揺れなかった。
慣れてきたのかな・・・


今朝は良い天気の様だ。
TVで居場所を確かめる。
バハカリフォルニア半島のサンマルガリータ島の西側を航海している様だ。
この辺は緯度的には台湾と同じような緯度だ。
でも、それほど暖かくない。
画像

画像

島影が大きく見えていた。
画像

朝日が昇ってきた。
数日見てなかったような気がする。
眩しい。
画像

画像


ネットによると
”バハ・カリフォルニア半島はメキシコ西部にあり、南北に約1300キロも伸びている半島です。
バハとは「低い」とか、「下の方」という意味。アメリカのカリフォルニア州より下の方の場所に位置することから、バハ・カリフォルニアと呼ばれます。
同時に、昔はカリフォルニア州辺りをアルタ・カリフォルニア(上の方のカリフォルニア)と呼ばれたそうです。
そもそもカリフォルニアとは、幻の島「カリフォルニア島」に由来しています。
バハ・カリフォルニア半島が大きな島だとヨーロッパ人は長い間信じていたそうです。

2005年に「カリフォルニア湾の島々と自然保護区」として世界自然遺産に登録され、500~1000頭程度やって来るというシロナガスクジラやバンドウイルカの群れを見ることが出来ます。”
と言う事の様だ。

船内新聞を読んで今日のスケジュールを決める。
今日も大いにクルーズ生活を楽しもう。
画像

朝食を食べてしまおう。
リド・レストランのブッフェで朝食を食べる。
早かったので空いていた。
画像

画像

鯨、イルカが見られるかもしれないと言う事で船首のコモドア・クラブから海を眺めることにした。
入口の飾りが目についた。
画像

画像

人は少ない。
画像

画像

イルカが何頭か船の前を横切った。
早くて、写真を撮ることが出来なかった。
残念!

10時からは鍼治療のデモンストレーションがあった。
スパの教室で数人が集まっていた。
イケメンの鍼治療の先生が講義と実技を行った。
欧米の人達からは東洋の神秘的なイメージで鍼治療に対する関心は高いと言う。
画像

画像


10時45分からは、「日本人のお客様のためのカジノ無料ゲーム教室」が行われた。
カジノはやった事が無かったので参加してみた。
ルーレットの賭け方のルールを教わって早速実践。
画像

画像

皆さん真剣だ。
「この様に手を横に振ったらもう賭けてはいけない。」
画像


次はブラックジャック。
画像


昼食を食べることにした。
今日はリド・レストランのピザにする。

オーダーして焼いてもらう。
「10分待って!」
焼き立ては美味だ。
画像

画像

美味だ。

12時15分からはまたダンスレッスンに出かけた。
今日は初級タンゴだ。
画像

ダリア先生。
画像


少し疲れた。
昼寝でもしようか。