OLAFの亀戸天神の「鷽替え神事」 (’13年1月24日 亀戸天神)

“うそ”は幸運を招く鳥とされ、毎年新しいうそ鳥に替えるとこれまでの悪い事が“うそ”になり一年の吉兆(きっちょう)を招き開運・出世・幸運を得ることができると信仰されてきました。
江戸時代には、多くの人が集まりうそ鳥を交換する習わしがありましたが、現在は神社にお納めし新しいうそ鳥と取替えるようになり、1月24・25日両日は多くのうそ替えの参拝者で賑わいます。
うそ鳥は、日本海沿岸に生息するスズメ科の鳥で、太宰府天満宮のお祭りの時、害虫を駆除したことで天神様とご縁があります。
又、鷽(うそ)の字が學(がく)の字に似てることから、学問の神様である天神様とのつながりが深いと考えられています。
(過去の鷽替え神事の記録)
  http://olaf-mama.at.webry.info/201101/article_11.html 
(湯島天神の鷽替え神事)
  http://olaf-mama.at.webry.info/200901/article_16.html


亀戸駅から天神様へ歩いていく。
通りの手すりに鷽の飾りが。
何とも言えない手すりだ。
画像

参道への入口に飾りが目立つ。
鷽替え神事の飾りが。
画像

何時もの鳥居が目立つ。
画像

なに~~~~!
「鷽替え神事のお詣りの方はこちらへ!」
こんな看板見た事が無い。
前回は橋を渡って直ぐにお詣りできたのに・・・
仕方なく左の方へ行ってみる。
画像

何と凄い行列。
え~~~~~。
これを並ぶの。
仕方がないので並ぶことにする。
画像

今年はやはり寒かったのだ。
未だ梅は咲いていない。
蕾が膨らんでいるだけだ。
もう直ぐ春が来る。
はや~~~~~~く来い。
画像

枝垂れ梅も蕾が膨らんでいるだけ。
何となく寂しいネ。
画像

ようやく本殿の近くまで到着。
11時半に並び始めてもう1時。
1時間半も頑張った。
画像

古い鷽の納め場所。
画像

お参りの前に鷽を頂く。
行列をガードマンがコントロールしつつ案内をしてくれる。
前回はお参りをしてから鷽を受けた。
今回は逆だ。
画像

鷽が並べられている。
画像

売り子さん。
画像

お参りをする。
画像

大きな鷽が立っている。
画像

二礼二拍手一拝。
画像

亀さんが甲羅干しをしていました。
画像

藤棚の向こうに東京スカイツリーが見えました。
画像

頂いてきた鷽です。
今年の良き年のお守りとなって下さい。
画像


今年はやはり寒いのだ。
梅は未だ咲いていない。
前回の鷽替え神事の時は白梅、紅梅がかなり咲いていた。

春はまだ遠い様だ。