OLAFロンドン五輪のメダリスト凱旋パレードを見に行く(’12年8月20日 銀座)

史上最多の38個のメダルを獲得したのを記念し、日本オリンピック委員会(JOC)が初めて凱旋パレードを実施した。
五輪3連覇を果たしたレスリング女子の吉田沙保里選手をはじめメダリストら72人がオープンカー、オープンバスで参加した。
約50万人の観衆が銀座通りに集結し大混雑になっていた。
パレードの最後には東京オリンピック誘致の雰囲気を盛り上げようと幟を立てたオープンバスも参加していた。


朝の8時のニュースで銀座通りの中継をしていたが、早くも人が集まり始めていた。
大混雑が予想され、OLAFは行くか行かないか迷ったが大寝不足を作ってくれた選手に敬意を払うため行く事に意志を固めた。
OLAFは猛残暑の中、パレードスタートの1時間前の10時に銀座通りに行ってみた。
既に観客が沿道を埋め尽くしていた。
徹夜組もいたとか・・・

銀座6丁目付近でパレードを見ることにした。
11時少し過ぎ、大歓声が聞こえてきた。
画像


先導は吉田選手と日本選手団主将を務めた陸上の村上幸史選手が乗ったオープンカー。
ビルの壁に寄りかかりながら見ていたので背の低いオープンカーは良く見えなかった。
画像


一台目のオープンバスが登場。
アレ! 反対側に乗っている選手の顔は見られない。
半分のメダリストしか見られないことになっているの?
往復はしてくれないヨネ。

画像


卓球3姉妹の福原愛、石川佳純、平野早矢香の各選手。
卓球王国の中国に穴をあけた立役者だ。
皆可愛い!
画像

その中に重量挙げの三宅宏実選手が入っていた。
小さな子なのだ。
確か48kg級だから小さいわけだ。
画像

笑顔が可愛い福原愛ちゃん。
画像

ボクシングの男子バンタム級、清水聡選手。
画像

ボクシングの男子ミドル級、村田諒太選手。
画像

ひときわ大きい陸上のハンマー投げ、室伏広治選手。
祈・被災地復活の手書きプラカードを掲げていた。
画像

画像

柔道の女子78キロ超級、杉本美香選手、女子57キロ級、松本薫選手。
松本選手はウルフと言われていたが穏やかな顔だった。
画像

画像

競泳の立石諒選手と鈴木聡美選手。
すがすがしい印象はTVと変わらない。
画像

競泳の寺川綾選手。
画像

体操の内村航平選手。
なでしこの選手はほとんどの選手が反対側にいる様だ。
画像

画像

画像


なでしこジャパンの大野 忍、澤 穂希選手。
画像

笑顔が素晴らしい日本の大黒柱、澤 穂希選手。
画像


フェンシングの三宅諒、太田雄貴、千田健太、淡路卓選手。
一番はしゃいでいたのは太田雄貴選手だ。
画像

画像

女子バレーの選手。
画像

画像

東京へオリンピックを誘致しようという幟を立てたバス。
もう一度東京でオリンピックが見たい!
画像



あっという間に通り過ぎてしまった。
もっとゆっくり走ってくれても良かったのに!

でも、猛残暑の中だったが行って良かった。
頑張っていた選手に御礼の声援を送ることが出来た。

もう一度東京でオリンピックをして欲しい。
人生で2回も東京オリンピックが見られれば最高だ。
閉塞感のある今の日本。
皆でオリンピックを呼び込んで日本の転換期にして欲しいものだ。