OLAF in HAWAII (’12年2月26日 リトルビレッジ・ヌードルハウスでブランチ)

地元の友人が「美味しくて、綺麗な店だ。」と紹介してくれた”リトルビレッジ・ヌードルハウス”でブランチをする事にした。
地図で見るとチャイナタウンのホテルstとスミスstの交差点から山側に数件行った所の様だ。
パパイヤ、ランブータン、マンゴー、レタス等も無くなっていたのでチャイナタウンで買ってくるのにタイミングも調度良い。


ヒルトンの前から9時半頃の42番に乗る。
ベレタニアstのチャイナタウン一つ前で降車。
もう一本海側のホテルstの方へ歩いて行く。

スミスstを横切って行く。
リトルビレッジ・ヌードルハウスの場所は直ぐに分かったが、開店はAM11時だと言う事がわかった。
中華街の店は朝が早いと思っていたのに・・・
しかたなく先に果物等買い物をする事にした。
スミスstを歩いて行くとこんなに素敵な壁を発見。
今まではドラゴンのバス停からキング通りでワイキキの方へ帰ってしまっていたのでこの辺は歩いた事が無い。
画像

歴史的な建物。
日曜の朝と言う事なのか、チャイナタウンの喧騒は感じられない。
ホームレスが寝ている姿がチラホラ。
画像

するとカハラ・モールで良く行くドレス屋さんの”カリスタ”の看板を発見。
こんな所にも同じ店が有ったの?

(カハラ・モールの中のカリスタ)
http://olaf-mama.at.webry.info/201201/article_25.html

画像

画像

中で店員さんに聞いて見ると「昨年、オープンした。」との事。
店内はカハラ店と似ている。
こちらもバーゲン中だった。
画像

画像

画像


11時過ぎたのでもう一度”リトルビレッジ・ヌードルハウス”へ行く。
看板が木製で面白い。
画像

ハワイ版ミシュラン的ランキングのハレアイナ賞の2010年度チャイニーズ部門で金賞に輝いたお店だと言う。
こちら他にもいろいろな賞の受賞の証がズラリと飾られている。
画像

画像

中に入ってびっくり。
「これが、チャイナタウンの中国料理屋さん?」と疑うほどの綺麗さなのです。
壁にも日本風?香港風?飾りの庇が付いていたり。
画像

宴会場の様な個室が準備されていたり。
画像

画像

調理場もガラスで仕切られている中が良く見えるオープンキッチン。
凄い焔で鉄鍋がふられている姿は無い。
そう言ったコックさんの姿も無い。
画像

メニュー。
画像

豊富に揃ったベジタリアンメニューに加え、レギュラーメニューのチキンやビーフなどの素材を野菜に変えることも可能だそうだ。
87番のビーフとブロッコリーのフライド・ヌードル、97番のシュリンプ・ワンタン麺をオーダー。
画像

デザートには103番の杏仁豆腐。
画像

ビールは無い。
昼食で無くて良かった。
オーダーした品が続々登場。
フライド・ヌードルはクリスピータイプのカリカリの細麺。
今までシーフードを頼んでいたがビーフのかた焼きそばは久し振りで美味。
画像

ワンタン麺は器が小さい。
量が多いハワイとしては珍しい。
汁は甘め・・・
麺を見たくて取り出してみました。
ワンタンは中にぷりぷりのシュリンプがドンと入っている。
これまた美味。
画像

画像

これで24$弱。
日本ならラーメン2配分のお値段程度。
何時も思うがチャイナタウンはリーズナブルだ。
画像


中華料理屋のみならずベトナム料理屋でもそうだが、テーブルの上にマスタードや辛みそやコショウ等の調味料が置いてあるのが普通だがこの店にはコショウすら置いていなかった。
うちの店の味に文句は無いだろう!
そんな態度の表れ?

チャイナタウンの中では例外的に綺麗な店。
こんな店が有ったのだ。
チャイナタウンの色々な顔を見た感じだ。