OLAFのイイダコ釣り (’11年9月18日 富津の鹿島丸で富津沖へ)

連休の真ん中の日、イイダコ釣りに出かけた。
師匠が今回は「フグ釣りに行こうかと思ったが未だ余り釣れない様だ。イイダコ釣りにする。」
との事で富津へ出かけた。
イイダコはラッキョウをつけた引っ掛けの針で釣り上げると言う。
餌の交換も無く、子供、女性にも人気のある釣りだとか・・・
さて、どんな釣りになるのやら?


連休の真ん中。
房総半島の富津まで出かけるので道路が混むだろう。
なおかつ乗船は朝の6時までにしなければならない。
従って、出発は早朝?真夜中?の3時半。

ろくに寝られないで3時前に起床。
即出発。
途中でもう一人の釣り仲間を拾って、本日は4人で釣りに行く。

首都高からアクアラインに入り富津へ。
途中、雨に降られる。
道は空いていて、到着は5時過ぎ。
「早かったネ~~~~~~!」がみんなの印象。

朝焼けが美しい富津公園の傍の出航場所、釣り船の鹿島丸で手続き。
やる気満々の師匠と釣り仲間。
画像

みんなが揃ったので6時前に出航。
船は満員ではなかったが女性も多い。
朝日が昇ってくる。
「まぶし~~~~~!」
船は富津沖へ。
画像

前回の地震で海中灯台が傾いていた。
対岸には富津の火力発電所が見える。
東京電力の火力発電所である。
原発ストップで活躍中?
画像

海は台風16号が近づいていると言うが静かだ。
波も無い。

行く手には富士山が綺麗に見える。
眺めは最高!
釣果が期待できそうな風景だ。
画像

10分程度で釣り場所に到着。
既に違う釣り宿からの船が釣りを始めていた。
今まで釣り場所まで1時間程度走るのが常だったが此処は短い。
水深は3m~4m程度だと言うことでかなり浅い。
画像

師匠と釣り仲間。
やる気満々。
「さ~~~~。頑張りましょう!」
画像

画像

12時には終了する半日釣りだ。
皆黙々と頑張る。

未だイイダコは小さく、ラッキョウにしがみついたかどうか分からない。
キス釣りのように掛かるとブルブルと言ったあたりが感じられない釣りだ。
一匹釣ると感じが分かると言うが、OLAFには良く分からない。
砂に錘がもぐって重くなっているか、イイダコが乗って重くなっているのか判らないので、から合わせをしたり色々して見る。
終了まじか。
半日で何とか7匹釣れた。
蛸が逃げられ無いように、網に入れる。
画像

最高に釣った人は女性でベテランだと言う。
100匹以上。
この差は何だ?
初めてやったイイダコ釣り。
7匹でもよしとするか・・・

帰ってから、言われた通り塩で洗って滑りを取り、頭を鋏で切り開いて、内臓と墨を取り出しさっと茹でた。
これを山葵醤油で頂く。
一杯のお摘みに最高だ。
画像


中々の美味。
でも物足りない。
もっと食べたい!

朝早かったので一杯飲んで眠くなった。
昼寝でもしますか。

今シーズン中にリベンジに来ようとの話が出ている。
次回はもっとお摘みを釣りたいものだ。