OLAF in HAWAII (’11年1月30日 ハワイの海で魚釣り)

最近、日本で魚釣りデビューをした。
冬の東京湾でフグ、キスの釣りを経験した。
ハワイへ行ったら今までやったことが無かったが、魚釣りをしてみようと思っていた。
そんな訳でさっそくフィッシング・ツアーに予約。
いかにも日本人受けしそうな名前”サシミ・フィッシング”に申し込んだ。


夜のフィッシィングもある様だが、昼間のフィッシングに予約。
11時半にホテルへピックアップに来てもらう。
他のホテルにも回り、子供連れ4人家族、OLAF達と同じ様な老夫婦2人、アメリカ人男性2人、合計8人で船着き場へ到着。
船着き場はワードセンター前の船だまり。
サシミの看板が目立つ。
画像

手続き。
1人55$。
3時半までのコースで昼食付き。
高い?高くない?
画像

乗船。
船の周りには釣り竿が立てられている。
スピニングリールが付いた竿で簡単な仕掛けの様だ。
画像

12時15分出向。
画像

画像

陽気な船長。
画像

沖へ出る。
画像

スタッフがバーベキューを始める。
本日の昼食準備。
画像

目指すはダイアモンドヘッド沖。
船はどんどん進む。
画像

沖から眺めるレインボータワーは初めて。
画像

ロイヤルハワイアンホテル。
沖から眺めてもピンクが目立。
画像

昼食。
ご飯にビーンズがのって、ハンバーグ半分、ソーセージ1本、パイナップル付きの簡単な物。
画像

釣り開始。
「底まで重りを下し、着地したら少し巻き上げあたりを待つ。」といった説明?
英語での説明のみ。
日本語OKは嘘?

開始早々にOLAFママがカワハギを釣り上げる。
大喜びのOLAFママ。
何故か判らないが、スタッフはその魚をリリース。
カワハギは煮て食べれば美味しいのに!
画像

OLAFも同じ様なカワハギをゲット。
さい先良し!
画像

ところが、30分も釣りをしていないのに大雨が降り始める。
凄いスコール。
波も出てきて、揺れも始まる。
釣り中止。
時間がもったいない。
「雨が早く上がりますように。」
画像

待つ事1時間。
ようやく再開。
同じ様なカワハギが2匹。
これは行けるかナ。
ほかの魚が何故釣れない?
またまた、リリース。
画像

OLAFママにもあたりが。
今回はかなり大型のハギ。
ピンクの尾っぽで、黄色のヒレ。
なんとなく熱帯魚風。
しかし、これもリリース。
画像


ロスタイム1時間あるも3時半に帰港。
一時間ぐらいサービスしてくれても良いのに!
全部で5匹のみ。
全部リリースで食べる楽しみ無し。

同じ車でピックアップされてきた隣の家族ずれ5人は、全員船酔いでゲーゲー。
一匹も釣れず。
それに比べれば、船酔いもしないで5匹も釣れた。
大いに楽しんだから良いとしますか!

初めてのハワイでの釣りは雨に降られた記録。
事をきっと思い出すゾ!
また、楽しもう!

釣った魚を持ち帰れた人は、大タコを釣り上げた老夫婦と赤い熱帯魚みたいな魚を釣ったアメリカ人のみ。
リリースルールはどんな物なのかな?