OLAF in 三社祭(’10年5月14日 大行列見物)

5月14日。
早いもので、いよいよ東京の夏祭りの代表”三社祭り”が始まった。
今日は、大行列が行われる。
その行列を見に浅草へ出かけた。
午後1時、浅草の”見番”前を出発して、”馬道”を通り”雷門”から”仲見世”を通って”浅草寺”へ。
年によって西回り、東回りがあるようだが、今年はこのルートだ。


天気も晴れて暑いぐらい。
浅草の街に着くとアサヒビールの本社の先に建設中の”東京スカイツリー”が良く見える。
今368mと既に東京タワーを抜いた日本一の高さになっている。
忙しくクレーンが荷物を釣り上げている姿は、今しか見ることが出来ない。
感動だ!
画像

出発地点の”見番”へ到着。
この辺は、”象潟町会”と言って下町情緒溢れる浅草老舗の料亭が建ち並び花柳界の赴きも味わえる浅草観音裏だ。
既に町内の山車、御輿が組み立てられ”ひきはじめ”が行われていた。
この町内の山車は太鼓の上に人形が付いていて珍しい姿だ。
画像

画像

画像

行列に参加する浅草芸者さん達が見番へ集まってくる。
出発15分前。
隊列が組まれ、綺麗どころも揃って出番を待つ。
日本の芸者さんで唯一の西洋人芸者のフィオナ・グラハムさんも行列に参加するようだ。
この人はかなりの変わり者で、オーストラリアのメルボルン出身。
留学で日本に来て博士号まで取ったのに芸者さんに転進。
画像

画像

画像

画像

画像

画像

出し物によって、着る着物が異なっているようだ。
画像

画像

日本髪が美しい。
結い方も人によって異なっている。
襟足も綺麗に塗り上げられ、京都の舞妓さんを思い出す。
画像

画像

画像


1時。
いよいよ出発。
出発地点の先頭に移動。
警官の先導で、列は進み始める。

大行列は、お囃子屋台-金棒-鳶頭木遣-祭役員-獅子頭-びんざさら舞手-芸子連-白鷺の舞の順番となっている。
画像

先頭の浅草あやめ連のお囃子屋台。
画像

飾り付けの”藤の花””菖蒲”が今の季節を伝えている。
画像

鳶の組頭衆。
木遣が雰囲気を盛り上げる。
画像

祭役員の行列の後に、びんざさら舞の幟が続く。
画像

この行列の後、獅子舞とびんざさら舞が神事として浅草神社の拝殿で奉納される。
五穀豊穣や悪霊退散を願う田楽舞(ささら舞)と子孫繁栄や害虫・悪疫消除祈願の獅子舞。二つの舞が舞れるのは、現在では大変に珍しいといわれている。
獅子舞の獅子頭とびんざさら舞の舞手が大行列で行進し、。

その獅子舞に使われる獅子頭。
画像

赤髪の男、これは猩々?
京都の天座の大歳神社の祭には田楽の後に猩々を舞うと言われている。
画像

びんざさら舞の起源。
三社祭で催される 五穀豊穣を祈願して行われる舞で 田楽の一種です。
田楽とは田植行事を芸能化したもので 平安時代に興り、鎌倉から室町時代にかけて 大変流行したものです。
演者は派手な衣装を着て、びんざさらを摺り鼓を打ちながら さまざまな音を出し、いろいろと陣形を変えて 豊年や悪霊退散を願って踊るものです。

手に持っているびんざさら。
『びんざさら』は『編木』『拍板』などと書きます。
竹、あるいは木の薄片数枚から百枚前後の上部を紐で束ねた楽器で民俗芸能の中でも田楽系統の踊りに用いられています。
神事びんざさら舞で使うびんざさらは、おおむね長さ15センチ、厚さ0.6センチの檜の板を百八枚重ねた木製のもので、左右両端を両手で持ち、アコーディオンのように開いたり閉じたりすると、板と板がふれ合って音を出します。
画像

笛や太鼓もありました。
画像

「浅草おどり」の芸者衆が続きます。
先導役を務めるのが手古舞の女性たち。
手古舞は、祭礼の踊り舞台で祭囃子に合わせて踊る舞踊のことで、神輿や山車を先導する男装の女性として知られる。
伊勢袴・足袋(たび)・草履(ぞうり)を履き、男髷(おとこまげ)を結い、片手に金棒を持った片はだぬぎの姿。
皆、浅草芸者さんです。
画像

画像

華やかで艶やかな浅草おどりの芸子連が続きます。
画像

画像



幇間さん達が続きます。
若手幇間、櫻川七助もいました。
太鼓持ちは、今では、日本で4人しかいないとか。
正に天然記念物。

綺麗どころを含め、何人かとはお座敷遊び入門でお世話になった芸者衆も幇間さんもいました。

http://olaf-mama.at.webry.info/200901/article_10.html
http://olaf-mama.at.webry.info/200901/article_11.html

画像


最後に白鷺の舞が続きます。
独特の衣装です。
画像

羽を広げて踊ります。
この白鷺の舞は京都でも見ました。

衣装が少し違います。
京都は鶏冠が赤く、後は総て白い衣装でした。

http://olaf-mama.at.webry.info/200807/article_16.html

画像

お囃子屋台から綺麗なお囃子が流れてきます。
画像

画像


いよいよ始まりました。
夏になります。
例年より涼しいかな?

天気は続きそうです。
明日もお御輿を見に浅草へやってくるかな?