OLAF 芝桜、藤を見るツアーに参加する(’10年4月28日 ② 足利フラワーパーク)

昨日から大雨。
天気予報によると今日は午後からは雨が上がると言っているが、はたして?
申し込んであるお手軽バスツアーに参加する。
当日キャンセルはお金が戻ってこないので出来ない。
内容は初めに秩父の羊山公園で芝桜を見る。
その後、長瀞の岩畳の岩藤を見て、最後に足利フラワーパークの藤。
ここは夜間ライトアップの藤が見られるという。

今年は、季節が遅れているので、花はどうなっているか?
開花しているか?満開になっているか?


見物開始頃には雨もあがりホッとした。
羊山の芝桜は綺麗な花の絨毯を見ることが出来た。
その後の長瀞の岩畳の岩藤は未だ開花前で残念ながら見ることが出来なかった。

いよいよ本日の最終、ライトアップされた足利フラワーパークの藤だ。
この頃になると、もう雨の心配は無い。
日も照り始めている。

足利フラワーパーク藤の見所の説明は以下の通りです。

約8万8000平方メートル、東京ドームグラウンドの7個分の広さの園内に四季折々の花が咲き乱れる花のテーマパーク。
園内は数多くの花々や植物で彩られており、4月中旬~5月上旬頃が藤が見ごろ。
栃木県の天然記念物にも指定されている、樹齢140年を越える600畳敷の大藤棚3面、世界でも珍しい八重の大藤棚、世界唯一の長さ80mもの「白藤のトンネル」、日本では珍しい「きばな藤のトンネル」、そしてスクリーン仕立てで池に映る水鏡効果の藤など、300本以上の藤が咲き誇りこの世のものとは思えない程の息をのむ美しさです。
また期間中は園内全体をライトアップして幻想的な「夜の藤」を演出します。


あ~~~~~~~。
ところが入場してみると未だ殆ど咲いていない。
画像

画像

しかし、フラワーパークなので他の花が咲いている。
画像

ツツジなどは満開。
画像

他の花を見ることで、我慢しますか?
画像


樹齢140年を越える600畳敷の大藤棚
画像

画像

満開の写真が飾られていた。
こんな風だったらさぞかし美しかろう・・・
画像


日本では珍しい「きばな藤のトンネル」。
ここも未だ咲いていない。
画像

写真で見るだけか~~~~~。ここも。
画像


咲いている方の藤。
画像

画像


八重桜がライトアップされている。
満開だ!
藤を見に来たのに。
画像


ここも咲いていない大藤棚。
画像

写真だけ。
画像


世界唯一の長さ80mもの「白藤」。
画像

写真だけ。
画像


咲いていたらさぞかしと思わせる藤。
画像

写真のみ。
画像


日もとっぷり暮れた。
水上花壇がライトアップされて美しい。
画像

画像

画像

画像

画像


ライトアップされた『うす紅橋』。
画像


食事でもして、帰りますか。
唯一開いていたレストラン。
画像


帰りの出口に本物の藤が咲いていた。
温室で咲かせたのだろうか。
本日唯一見た藤の花。
画像


今年の花はツアー会社泣かせだろう。
どこも、遅れている。
今日も三箇所巡って、何とか見られたのは羊山の芝桜のみ。
あとは、残念でした。
次回の楽しみにとって置くしか有りませんナ~~~~~~。