OLAF’S Diary in 京都 (思い出編 食べ歩記 ”蓮月茶や””葱や平吉”)

京都B級食べ歩記。
今回は、前回ブログに続き、また筍料理と湯豆腐の食べ歩きの記録。


京都で湯豆腐というと、今までは”豆水楼”ばかりであった。
今回は八坂神社のそばの知恩院のまん前の、”蓮月茶や”に行った。
老舗の湯豆腐やさん。
ここは、関西のお友達がお馴染みさん。
昼食を頂く。

通りに面した門。
暖簾が歴史を物語っている。
画像

玄関。
隣の丸窓が美しい。
画像

窓から知恩院の桜が良く見える。
満開だ。
画像

最初のつきだし。
生麩のしぐれ煮。滝川豆腐。かにみそ豆腐。
生麩のしぐれ煮は初めて食べた。
佃煮風。
かにみそ豆腐はかにみその味が強く美味。
画像

生麩田楽。
味噌が旨い。
画像

豆腐のグラタン。
筍もグラタンにしてしまうし、豆腐までグラタンに。
京都の人はグラタンがお好き?
画像

湯豆腐。
画像

ゆば煮と高野豆腐。ご飯。
画像


今晩も又筍料理を食べたい。

行きつけの高瀬川の辺の”葱や平吉”。
ここは、旬の野菜の丸焼きが旨い。
大好きな店の一つだ。

高瀬川の橋の上には、散った桜の花びらが積もっていた
来た時は未だ満開前。
それが、今や散り始めている。
今年は寒く満開の期間が長いが、それでもそろそろ終わり。
画像

いつもの入り口の暖簾。
画像

窓からライトアップされた桜が見える。
画像

入り口の所に桜が飾ってあった。
美しい日本の店で旬の野菜を頂けるなんて、何と幸せ!
画像

何時もの様にオヤジさんが頑張っていた。
画像

何時ものように九条葱が枡一杯出される。
これが美味しいのだ。
筍の天婦羅。
画像

空豆の黒焼き。
画像

焼き筍。木の芽味噌が美味。
画像

焼き豚と安納芋の丸焼き
安納芋は甘い。
画像

鳥雑炊。
出汁が良く出ていてこれまた美味。
九条葱を沢山入れて頂く。
美味。
画像


お腹が一杯。
大満足。
今回は良く筍を食べた。