OLAF’S Diary in 京都 (’10/4/9 吉野山の千本桜)

関西のTVを見ていると、吉野山の桜のニュースが良く流れる。
今日は京都を離れて、奈良の吉野山へ行ってみる事にする。
前回は、ツアーで吉野山の一目千本の桜を見に来た。
しかし、時間も無くほんの入り口で帰って来た思い出がある。

(その時のブログ)
http://olaf-mama.at.webry.info/200704/article_2.html

今回は、京都から行くので時間はその時より取れるだろう。
あの時に見た、感激の桜の風景をもう一度楽しんでこよう。


祇園四条から京阪電車で丹波橋まで行き、そこから近鉄電車で吉野まで。
時間は2時間以上掛かるようだ。
頑張って朝早く起きて7時頃の電車でスタート。

9時過ぎに吉野に到着。
かなり人は出ているが、ロープウエーは待たずに乗ることが出来た。

(今日の予定)
薄い水色:乗り物で移動
濃い水色:徒歩で移動

奥千本まで行って、桜を見ながら下りてくるコース。
画像


山頂駅でロープウエーを下りて歩き始める。
未だ午前中早いということもあり、前回のツアーで来た時と違って道は空いている。
歩きやすい。

”黒門”へ到着。
この”黒門”は金峯山寺の総門。
この修験の吉野山全山の総門として位置づけられている。
画像


”蔵王堂””仁王門”
左右に仁王様が見張っている。
画像

”蔵王堂”は正面5間、側面6間、高さ約34m、檜皮葺き(ひわだぶき)の、東大寺大仏殿に次ぐ木造大建築。
蔵王権現像(重文)3体がまつられ、本尊は高さ7m。
画像

”南朝妙法殿”
周りの桜が美しい。
画像

”東南院”
役行者の開基と伝えられる、1300年の歴史を持つ寺院。
本堂・多宝塔・庫裡・客殿からなり、鎌倉期の作と伝えられる大日如来・毘沙門天・不動明王などが祀られている。
画像


”中千本”のバス停から”奥千本”まで、バスが出ている。
急な坂道を一時間半も歩く気力は無いのでバスに乗る。
そんな人ばかりでバスは30分待ち。
ようやく奥千本に到着。
”金峰神社”まで登り坂を登って行くと言うが、疲れそうなのでパス。
この鳥居をくぐって行くと、杉や桜の老樹におおわれて鎮座する金峰神社が有ると言う。
吉野山の地主神、金山毘古命(かなやまひこのみこと)が祭神。
画像

奥千本、上千本、中千本、下千本の桜を眺めながら山を下りてこようと、下山開始。
しかし、杉林ばかりでお目当ての桜が見えない。
途中に高木山休憩所があり、ビュースポットだと言う。
しかし、良く見えない。
山ばかり。
画像

画像

”吉野水分神社”まで下りてきた。
画像

そろそろ山腹、谷にある桜が見え始める。
”上の千本”が見える休憩場所に到着。
奥、上、中、下千本が良く見える。
まさに歌舞伎の背景に掲げられているような景色だ。
画像

画像

画像

画像

画像


先ほどのバス停まで戻ってきた。
お昼になってお腹も空いてきた。
休憩も兼ねて、何処かで昼食を取ろう。
景色のよく見えそうな店を探す。

坂本屋という店に決めた。

景色は良さそうだ。
下千本、中千本のビューポイントは店が立っていてその座敷からしか見えない。
画像

席は景色のよく見える窓際に取ることが出来た。
中千本の桜の景色。
凄い!
画像

画像

昼食は”うどん”と”柿の葉ずし”のセット。
”柿の葉ずし”はこの辺りの名物。
画像

道は段々と混んできて、今やラッシュアワー並み。
画像

食後にこれも名物”葛切り”を食べることにした。
店は、”八十吉”にした。
八十吉は嘉永四年より修験道の里、吉野山で吉野葛製造を創業している老舗だという。
この店の”吉野天人”(葛きり)は吉野本葛で、ご注文をうけてから、作りるそうだ。
どうりで並んでいる人が多かった。
説明文によると、”吉野天人”とはその昔、吉野の深山に天女が舞いおりてその羽衣でひと舞するとすべての人が花見をこよなく楽しんだと言われている。
その天女の羽衣は葛のように滑らかであったところから八十吉では葛きりを「吉野天人」と名付けた。
そうだ。
画像

画像

画像

黒蜜は美味
画像

道はもっと混んできた。
前回来た時のような混み方で歩くのもままならない。
画像

お土産。
可愛らしいお地蔵様を見つけた。
画像

帰りのロープウエーは30分待ち
画像


京都へ帰ってきたら6時近かった。
一日吉野で楽しんできた。
やはり、吉野は遠い。

歩数計は19,492歩を示している。
疲れた!