OLAF’S Diary in 京都 (’10/3/30 ②平野神社・鴨川土手の桜)

地蔵院から北へ歩いて、平野神社へ。
平野神社は桜の名所として知られています。
これは、平安時代中期に花山天皇が平野神社の境内に桜の木をお手植えされたことから始まったと言われています。
それ以来、京都を代表する桜の名所となり、江戸時代には『平野の夜桜』として、庶民にも親しまれました。
現在、境内には約50種類およそ400本の桜の木があるそうです。


昨年も桜の頃に来たが、同じように花見の宴席が出来上がっていた。
平日にも拘らず、宴会をしているメンバーも。
世の中は泰平で幸せだな~~~~~~~~。
画像

入ると扁桃桜(アーモンド)の花が目につく。
綺麗だ。
画像

魁 桜 平野神社の代表的名桜だ。
遠くから見ると煙のように見える。
花は白く、一重の枝垂れ。
この桜の開花により京都の人々は花見の季節を感じるそうだ。
画像

画像

一重の桜が美しい。
画像

紅枝垂れ
花弁は赤色が強い。
まだ、蕾が多い。
これから満開本番の様だ。
画像

陽光
これもきれいな桜だ。
ほぼ満開。
画像

画像

画像

彼岸枝垂れ桜
画像

枝垂れ桜
円山公園の枝垂れ桜はここから移植したと説明文が立っていた。
平野神社ではその面影がまだ残っている。

画像

画像

画像

鳥が桜の蜜を吸っているようだ。
枝から枝へ飛びまわっている。
メジロだったら良いのに・・・
画像

寒桜
画像


平野神社を後にして、河原町三条の鴨川の土手に出てみた。
桜がすでに咲いている。
画像

先斗町の歌舞練場の裏側が見える。
鴨川をどりがもう始まっている?
芸舞妓さんが練習に励んでいるんだろう。
画像

鴨川の堰が光って桜が引き立っている。
画像

画像

画像

のんびりと釣りをしている人が。
寒いだろうな~~~~~~~。
画像


高瀬川の桜も既に見頃だ。
4月に入ると高瀬川桜祭りもあるそうだ。
ライトアップがされると見えて、川の中にライトがセットされている。
画像

画像


昨日は、雪でどこにも行く気にならなかった。
今日は寒かったが、あちこち散策した。
まだ、満開には今一歩の様だが、枝垂れ桜を中心に見ごろを迎えている所が多かった。
これから、約2週間桜を楽しむゾ!