OLAF in 京都(’09年11月22日 永観堂・南禅寺・平安神宮)

野仏庵の後に本来は曼殊院へ行く予定だったが、何かこの辺の紅葉は変なので行くのをやめた。
バスで永観堂へ向かうことにした。


モミジの永観堂」と称されるほどの紅葉の名所。
期待しよう。
今年の春、桜を見に行ったが桜はあまり大したことは無かった。
ただ、みかえり阿弥陀は、慈悲に溢れたやわらかい表情をみせてくれていた。
また、会える。
画像

山門の付近の紅葉。
画像

堂内に入ってそこからの紅葉。
画像

勅使門も紅葉がバック。
美しい。
画像

画像

画像

鐘楼付近の紅葉。
画像

池も紅葉で美しい。
画像

銀杏の落葉と、赤いモミジの対比がなんとも言えない。
画像

画像

噂に違わない紅葉だった。

次は南禅寺へ行く。
石川五右衛門が、あまりの美しさに思わず「絶景かな、絶景かな!」と見得を切った、南禅寺三門も紅葉で美しい。
画像

疎水の水路閣も紅葉で彩られていた。
南禅寺の寺院とは異なる赤レンガのアーチが南禅寺の境内に造られてる。
これは、琵琶湖の水を京都に流す「琵琶湖疎水」が通る水道橋です。
画像

画像

画像

画像

疎水記念館の噴水も紅葉と絡まって春見た時と印象が違う。
画像

本日の散策の最後は平安神宮
疎水の紅葉が綺麗。
春来た時は桜が満開だった。
画像

右近の橘には、実が付いていた。
違った秋を感じる。
画像

神苑に入る。
春は桜が美しかった。
秋の紅葉はどうかナ。
神苑は東神苑、南神苑、中神苑、西神苑の4つに分かれている。
ゆっくり回遊式庭園を散策する。
画像

画像

画像

画像


東神苑の栖鳳池と泰平閣(橘殿)が紅葉で飾られている。
春と全く違う風景。
画像

画像

画像


今日の散策はこれで終了。
春行った所をいくつか回ってみたが、桜の風景とは全く違う。
京都は季節ごとに違った顔を見せてくれるのが楽しい。