Olaf's Daiary In Honolulu (‘09/6/22 ラニアケア・ビーチ)

今日は、ラニアケア・ビーチへホヌさんを見に行く。
その後、ハレイワの街をブラブラし、クアアイナでハンバーガーをかぶりついて来よう。


朝、風も強く薄曇り。
ラニアケア・ビーチはガイドブックによると「亀さんが甲羅干しのため砂浜に上がって来る。
遭遇率90%以上。
あまり近づかないで優しく見守ってネ。」等と書かれている。

期待して出かける事に。

52番バスでオアフ島を半周してハレイワへ向う。
アラモアナから大した待ち時間も無く出発。
しかし、ダウンタウンを離れ、フリーウエイに入り降りる頃から雲行きが怪しくなってくる。
道が濡れて大雨が降ったような跡。
大丈夫かな?
昨日のマヌアの滝以来雨の神に好かれている。
2時間弱バスは走ってハレイワの町を抜けラニアケア・ビーチに到着。
残念ながら雨がぽつぽつ降り出す。
ビーチには大勢の人が一か所に集まっている。
期待大。
画像

画像

でも残念ながらホヌさんは砂浜にはいなかった。
海中にいるようだ。
スノーケルをつけた子供や、水着の人達が何やらワイワイガヤガヤ。
カメラを向けている人もいるので海中を泳いでいるのが見えてるらしい。
ホヌさん一匹に人何人?
こんなに人で囲まれたら海岸へ上がってこられないんでは?
それとも、こんな天気では甲羅干しが出来ないと言うこと?
パラパラ降る雨の中20分程度頑張ったが上がってこない。
ここのホヌさんを保護している「malama na honu」という団体の旗や看板がむなしく見える。
結果はホヌさんを見て騒いでいる人を見に来た事になってしまった。
画像

ホヌさんはハワイ島の方が多くいるようだ。

(ハワイ島で見たホヌさんのブログ。)
http://olaf-mama.at.webry.info/200809/article_33.html

ちょうどバスが来たのでハレイワまで戻る。
ハレイワの町は何も変わっていない。
インテリアのヨシダさんち。
画像

何時も混んでるシェイブアイスのマツモトさんち。
画像

同じシェイブアイス屋さんだけど何時も空いてるアオキさんち。
画像

貝殻のお土産屋さん。
画像

ノースショアMPの看板。
画像

ギャラリーのイルカの像。
画像


お目当てのハンバーガー屋”クアアイナ”に到着。
このクアアイナーはハワイの言葉で「田舎者」、「無骨者」という意味だそうだ。
1975年にテリー・トンプソンによってハワイ・オアフ島の北西海岸にある世界中のサーファーには特に有名な街ハレイワに開店したサンドイッチショップが元祖とされてる。
日本には1997年に進出。
現在では日本国内に15店舗を展開している。
インターネットの”グルナビ”にも載っているハンバーガーショップ。
日本国内ではまるでレストラン扱い。
画像

店内は何と言うことも無いハンバーガー屋さん。
でも、ちょうど昼時ということもあり混雑している。
画像

画像

画像

チーズバーガーとアボガドバーガーを注文。
1/2LB(230g)と1/3LB(150g)あるが230gは無理だろう。
1/3LB(150g)にした。
アボガドバーガーは日本では1,080円。
(ハンバーガーとは言えない?なんせMACでは100円バーガーの時代。)
ここ本店では8.4$なり。
オーダーしてから焼くと言うことで待つ事20分。
ようやく名前が呼ばれる。
噂に違わない凄いボリュウム。
1/2LB(230g)にしなくて良かった。
ほんとの食べ方は、これを重ねて押しつぶしてかぶりつくらしいが、そんな食べ方をしている人は現地の人にもいない。
画像

画像

味はなかなかの美味。
でもこれが世界一?
OLAFはもう少し粗挽きビーフの方が好きかな?

二時間弱のバスの旅でホヌを見に行ったが残念ながら見られなかった。
食べたかった”クアアイナ”のハンバーガーは食べられた。
アラモアナまで帰ってくる途中で天候は回復。
晴れればホヌが見られたのかな~~~?