OLAF’S Diary in 京都 (’09/4/6 吉田神社・真如堂・金戒光明寺・平安神宮)

昨日の5日日曜日から、本格的に春の季節になった。
花冷えはどこかに去り、ポカポカ。
半袖でも良い、歩くには最高。
京都の桜も満開宣言が出された。
そんなこともあり、京都の街もお花見と観光客で大混雑。
新学期、入学式が始まるので少しは空いてくるのかなと思っていたが、決してそんなことはなかった。


今日は洛東の有名な神社仏閣を散策する。
スタートは吉田神社
市バスの京大正門前で降りて表参道を歩き始める。
京大は入学式の日だったので、クラブ活動勧誘の現役生と新入生で大混雑。
学生さん達が青春を謳歌している姿を見ると懐かしく昔を思い出す。
京大正面前方に朱色の大鳥居が見える。
画像

大鳥居をくぐり砂利道を進み、石段を登りきると境内となり、左手に見える鳥居の奥に本宮がある。
画像

本宮は桜に囲まれていた。
吉田神道の根本道場で正式名称は「日本最上神祇斎場所日輪大神宮」という。
画像

幽斉桜(ゆさいさくら)が咲いていた。
画像

境内には、色々な末社があり若宮社への階段の下に鹿の神鹿像がある。
この神鹿像は、昭和32年(1957)、吉田神社御鎮座千百年記念事業の一つとして、境内の一角に鹿を遊ばせたが、鹿の増加と周辺地区への配慮から打ちきられた。
その後、昭和60年(1985)、神鹿として鋳造したものだ。
画像

画像

真如寺へ行く途中に哲学の道によってみた。
まさに満開となっていた。
ちょっと前までは、こんなに咲いていなかった。
桜のトンネルの完成。
画像

画像

画像


次の散策先は真如堂
天台宗のお寺で、正しくは鈴声山(れいしょうざん)真正(しんしょう)極楽寺。
比叡山の戒算上人が永観2年(984)延暦寺の常行堂にあった、慈覚大師作と伝える阿弥陀如来像を神楽岡に移し、開祖したのが始まり。
三門付近の桜の花が見事。
画像

画像

本堂南側の庭に春日局お手植えの「たてかわ桜」、前には、優美な姿の三重塔そして鎌倉地蔵がある。
画像

画像

本堂(真如堂)に祀られているのは、本尊の阿弥陀如来像(慈覚大師円仁作)、本尊右側に千手観音菩薩立像、本尊左側に不動明王坐像。
画像

画像

次は黒谷(金戒光明寺)へ。
東大路から表参道を東へ約10分ほど歩くと、高麗門の前に来る。
「黒谷」は通称である。
正式には紫雲山金戒光明寺(こんかいこうみょうじ)という浄土宗の大本山。
画像

高麗門から入り参道を行くと左手に三門が見える。
ここも桜が綺麗だ。
画像

画像

三門を抜けて石段を登りきると、視界が開ける。
正面に御影堂その横が金戒光明寺、右手に豊臣秀頼が再建した阿弥陀堂。
左手に鐘楼、瑞泉院がある。
後ろを振りかえると、その位置が高台のため、いま通り抜けた三門を上から見下ろせる。
三門を通しての桜が絵画の様だ。
また 目の高さで見る三門は、また違った景色だ。
桜に隠されそうに立っている。
画像

画像

前に御影堂が出現する。
ここも桜が美しい。
画像

御影堂の横の阿弥陀堂との間に黒松が堂々とした枝ぶりで目立つ。
源平の戦いの後、有名な武将が池で鎧を洗い、この松にかけたとして有名らしい。
黒谷鎧かけ松」などの表記があった。
画像


最後は平安神宮の神苑の紅枝垂桜を見ようと平安神宮にやってきました。
どこからでも目立つ朱色の大鳥居までたどり着きました。
今までの神社仏閣とはえらい違いで、すごい観光バス、観光客の数です。
画像

疎水に架かる朱色の橋(慶流橋)から川岸の桜が綺麗に見えます。
満開になっていました。
画像

いつ見ても立派な朱丹(しゅぬり)の応天門。
人であふれかえっていました。
画像

大極殿の前の境内も人また人。
画像

神苑への入口のある大極殿に向かって左の白虎楼も入場券を買う人で満杯。
出口のある右の蒼龍楼もまた出てくる人で大混雑。
入苑したとしてもラッシュ並みの混雑だろう。
今回は止めておこう。
画像

右近の桜で満足しておこう。
画像


春らしい日差しの中、満開の桜に満足。
東山花灯路、桜の開花宣言、満開宣言まで京都を楽しんだ。
旬の筍や春野菜もおいしい。
京都の春は、最高。
こんな一日でした。