OLAF’S Diary in 京都 (’09/4/13 番外編 京都食べ歩記④)

三週間の桜を楽しんだ京都滞在から帰ってきた。
京都滞在中に食べ歩いた記録を残しておこう。
記録第四弾目。
B級グルメ中心だが記念として。


大原の里

花曇、花冷えの日が続いた。
桜は未だ2~3分咲き程度。
寒いので京都の大原へ日帰り温泉行く事にした。
寂光院のお参りを終え、温泉と昼食。

場所は寂光院参道にある”大原の里”という民宿だ。
画像

休憩場所兼食事処に案内される。
庭には未だ桜等は咲いていない。
画像

食事はこの宿自慢の味噌鍋。
イキのいい地鶏とネギや白菜やサツマイモといった土地ものの旬の京野菜がたっぷり添えられている。
自家製味噌ということだが、甘口でなかなかの美味。
画像

画像

ビールでいい気持になり、昼寝。
ひと眠りした後温泉に浸かる。
温泉はこの宿自慢の五右衛門露天風呂が気に入った。
OLAFも大満足。
画像


大原まで足を延ばし、日帰り温泉を楽しんだ。
あちこち桜を求めて徘徊してきたが、今日はゆっくりした。
大正解の一日だった。


葱や 平吉

高瀬川の沿いにある葱料理専門店。
高瀬川は桜満開。
ライトアップされていてなんとも言えない。
画像

画像

画像

大きな暖簾と入口の葱が目立つ。
こだわりの素材は、京都上賀茂の畑から泥つきの状態で直接入るとか。
今が旬の筍、空豆、新玉葱が美味しそう。
画像

画像

店内には、色々なところに新鮮野菜が置かれていて、そのままご注文に応じて料理してくれる。
画像

画像

テーブルの上にも野菜が取り揃えてある。
玉葱越しに窓から高瀬川のライトアップされた桜が良く見える。
画像

座ると、九条葱のお薬味が枡一杯出される。
「なんにでも葱を加えて食べて下さい。」との事。
九条葱ぬた。
画像

葱入りじゃこ豆腐。
九条葱が旨い。
画像

葱かき揚げ。
塩で食べるとこれまた美味。
画像

店長さん。
此処の名物黒焼きを創ってくれる。
「頭がこうだからハレーションを起こすかもヨ。」と言いながらポーズをとってくれた。
笑顔が良い。
画像

空豆の黒焼き。
ゆでるより美味しい。
画像

新玉葱の黒焼き。
あまい。
玉山椒入りの塩と味噌。
味噌のほうが旨かった。
画像

筍の黒焼き。
えぐみがなんとも言えない。
まさに新春のあじ。
木の芽入りたれが又良い。
画像


満開の桜と京都野菜に満足した夜だった。