OLAF’S Diary in 京都 (’09/4/ 番外編 京都食べ歩記③)

三週間の桜を楽しんだ京都滞在から帰ってきた。
京都滞在中に食べ歩いた記録を残しておく。
記録第三弾目。
B級グルメ中心だが記念としておきたい。


月居 京都新橋店

一番好きな、京都の祇園新橋の情緒深い町並の中にある中華の店。
満開の桜を白川沿いに歩いていく。
ポカポカ陽気で春らしい。
画像

白川の桜に鷺がとまっていた。
街中にこんな鳥がいるなど楽しい。
画像

もと御茶屋の町屋の風景がなんともいえない。
舞妓さんが似合う街。
昨年の八朔で舞妓さんを追っかけた思い出がよみがえる。
画像

その中に目指す店”月居”はあった。
画像

目の前で料理人の動きが見えるカウンターに座る。
早速、最初のスープが出される。
画像

画像

塀の外からは見えない庭。
画像

メインの小皿料理を準備する料理人。
画像

16種類の中華風小皿。
暖かい物あり、冷たい物あり楽しい。
冷酒とも良く合う。
少しずつだが色々食べられて満足。
どさっと出されるより嬉しい。
画像

食事は”鶏煮込み麺”。
沸騰したそのまま熱々で出される。
画像

”ふかひれご飯”も美味しい。
これも熱々。
シェアーして両方を楽しむ。
画像

デザートは杏仁豆腐。
これも美味。
画像


大満足のランチだった。

おめん

四条河原町駅のそばにあるうどんの店。
お寺巡りの間に軽くお茶代わりのビール。
うどんも美味しい。
画像

画像

画像

冷奴にビール。
画像

この店の名物”おめん”
名物おめんは夏は冷たい出汁、冬は温かいだしにつけて食べるうどん。
薬味にはきんぴらごぼうのほか、旬の京野菜(九条葱、冥加等々)が8、9種類つく。
温かい出汁、うどんに良く合う。
画像

関東には無い店。

おおざわ

”おおざわ”は白川に架かっている橋を渡って入って行く。
美味しい天ぷらと冷酒が楽しみ。
画像

カウンター席で目の前で天ぷらを揚げてくれる。
お座敷から灯籠の立っている坪庭がよく見える。
落ち着いている。
画像

いよいよ、天ぷら開始。
画像

画像

締めはかき揚げの乗った天茶。
画像

デザートは、抹茶アイスの天ぷら。
周りは熱く、中はアイスがほど良く溶け始め美味。
画像


ほろ酔いかげんで外へ出ると、暗闇にライトアップされた桜が美しい。
画像

画像

巽橋のたもとの青々した柳越しに眺める白川の桜はこれまた見もの。
画像


満開のライトアップされた桜とお座敷天婦羅。
大満足。