OLAF’S Diary in 京都 (’09/3/26 平野神社・渉成園の桜)

今日は、天気も良さそうなので桜が咲いていそうな所を探し花見散策に出かける。
未だ、3分~5分咲き程度の様だが平野神社・渉成園辺りが良さそうだ。


バスで平野神社まで出かける。
道路に面して大きな鳥居が見えてきた。
画像

鳥居をくぐると桜がチラホラ咲いている。
常設のお花見席が準備され、予約受付中の看板が立っている。
上野公園のお花見等では、場所取りが朝から出ているが、ここはお店が常設席を準備している。
合理的だ。
画像

”紅枝垂れ”が満開状態で美しい。
画像

画像

本殿の門の傍にある、魁桜(さきがけさくら)が満開だった。
京都を代表するお花見の名所、平野神社の代表的名桜である。
花は白く、一重の枝垂桜。
この桜の開花により、京都の花見の季節のおとずれをしらせます。
画像

画像

雪山桜も満開だった。
画像

舞殿と桜。
画像

画像

渉成園 (しょうせいえん)に来てみた。
ここも、桜の花で有名な場所。
「お東さん」と京都市民に親しまれている真宗大谷派の本山東本願寺(真宗本廟)の庭園。
周囲に枳殻(からたち)が植えてあったことから枳殻邸とも呼ばれている。
平安時代初期、嵯峨天皇の皇子左大臣源融が奥州塩釜の風景を偲んで難波から海水を運ばせた六条河原院苑池の趣向を取り入れている。

街の真ん中にあります。
周囲は瓦を埋め込んだ壁で囲まれています。
画像

上部には本願寺の文字が刻まれた瓦が乗っています。
画像

西門を入ると直ぐに高石垣があります。
色々な石が組み合わされて石垣になっています。
画像

滴翆軒檜垣の燈篭が静かに佇んでいます。
画像

傍花閣と桜の林です。
画像

画像

画像

画像

小手毬 (こでまり)と桜。
画像

枝垂桜が満開でした。
画像

画像


花冷えのする一日でした。
でも、頑張って今見られる桜の有名な所を二か所周ってきました。
明日は、温泉にでも行くか・・・