Olaf's Daiary In Waikoloa (‘08/09/30 ヒルトンホテル)

今日でワイコロアも終わり。
明日、ヒロに向かって移動をする。
ワイコロア・ビーチ・リゾートの中核、ヒルトンホテルに久し振りに出かけてみる。
そして、何時ものように中華レストラン・キリンで昼食を取る。


日の出前、今朝は雲がマウナケアをおおっていた。
雲の間から、山頂の天体観測所がシルエットとなって浮かび上がっている。
画像

朝日がマウナケアの裾野から上がってくる。
眩しさは、昨日と同じ。
画像


さて、ヒルトンホテルは2年前と変わっているかどうか確かめたくてヒルトンホテルへ行ってみる。
ヒルトンホテルに入るとロビーで此処のマスコット、インコが出迎えてくれる。
この風景は変わっていない。
このメインロビー前からホテル内の移動手段、掘割の遊覧船に乗ることにした。
移動手段はこの舟か、モノレール。
画像

画像

途中でモノレールが抜いていく。
ほぼ平行に走っている。
この風景も変化無。
画像

舟からはホテル内の色々な建物、置物が見える。
絵葉書の様な風景も変化無。
画像

最終の駅で降りて、海岸線をブラブラすることにした。
海に直につながった入江となっているので、海の景色、入江内の景色両方楽しめる。
まさに、絵ハガキ状態の景色が数多くある。
途中には色々な形のプール、休憩場所が数多くあり飽きさせない。
画像

画像

画像

海の中に亀が泳いでいるのが見える。
スノーケリングをしている人が沢山いるが、熱帯魚の他に亀も見えるに違いない。
画像

庭の真ん中の方には入り江が入り込んでいるが、その入江を利用してイルカを飼っている。
イルカと泳ぐイベントやショーがある様だ。
画像

画像

人工の岩でトンネルが出来ていて、そこの上から滝が流れ落ちている。
その滝を裏から見られるポイントが作られている。
画像

この滝の傍の岩場近くで、また亀を発見。
亀の数も多いこと。
人間が泳いでいるそぐ傍まで近寄ってきている。
画像


ワイコロア・ヒルトンホテルは変化が無かった。
絵葉書の様な風景はそのままだった。
東洋的な置物もそのままだった。
初めて来た時は、ホテル内の掘割に舟が周回し、モノレールが走っている姿にどぎもを抜かれた。
ホテル内のブッティク、洒落た小物売り場も珍しい物の様な気がして心を躍らせながら見て歩いたものだ。
残念ながら、今はその様なエキサイティングを感じられなくなってしまっていた。