OLAF’S Diary in 京都(’08/07/31 茅の輪くぐり神事)

祇園祭りは今日で終わりです。
寂しいです。最後の神事、『夏越 祭』が行われました。
茅の輪くぐり神事です。
茅の輪(茅草(かやくさ)で作られた大きな輪)は、正月から六月までの半年間の罪穢(つみけがれ)を祓う夏越しの大祓(おおはらえ)に使用され、それをくぐることにより、疫病や罪穢が祓われるといわれています。
行ってみました。


画像

思っていたより混んでました。
画像

神事が行われていました。
画像

画像

神事が終わって神官が帰って行きます。
画像

一般の参拝者がお参りをする番です。
画像

画像

画像

神官が祝詞をあげていました。
画像

画像

皆、飾ってあった茅草(かやくさ)を持ち帰ります。
ドンドン無くなります。
画像

雅楽隊も頑張っていました。
画像

お参りをした人は、茅草を持って戻って行きます。
画像

画像

画像

出てくると、お神酒の振る舞いがありました。
画像

かわらけは頂けます。持ち帰りました。
画像

頂いた茅草で早速茅の輪を作りました。
そして、社務所で『蘇民将来子孫也(そみんしょうらいのしそんなり)』のお守りを頂きました。
これを結びつければ、完成です。
これからの、お守りとなるでしょう。
帰って家の軒先につるします。

これは、以下の言い伝えに基づくそうです。
八坂神社御祭神、スサノヲノミコト(素戔鳴尊)が南海に旅をされた時、一夜の宿を請うたスサノヲノミコトを、蘇民将来は粟で作った食事で厚くもてなしました。
蘇民将来の真心を喜ばれたスサノヲノミコトは、疫病流行の際「蘇民将来子孫也」と記した護符を持つ者は、疫病より免れしめると約束されました。
「もしも疫病が流行したら、茅の輪を腰につけると免れる」という故事によるものだそうです。

画像

昼食を食べてから、帰りにもう一度寄ってみました。
空いていましたが、お神酒の振る舞いや、茅草ももう既になくなっていました。
もっと驚きは、茅の輪がひどい事になっていました。
茅草が全部むしり取られて、裸になっていました。
神事終了の姿でした。
画像


祇園祭終了してしまいました。
若干寂しい気がします。
祇園祭徘徊も終了です。
でも、京都の街はまだまだいろいろなイベントが続きそうです。
楽しみます。