OLAF in 修善寺・あさば 夕食編(’08/03)

お正月のおせち料理から三ヶ月経った。その時3月は太刀魚が美味しいので是非又とお誘いを受けた。そう言えば今まで3月に”あさば”に来た事は無かった。今回は、太刀魚を楽しみに大好きな”あさば”へ。(前のブログは館内を記念に、今回は夕食を、次回のブログは、何時もの朝食を記念に残すこととする。)

到着し部屋に案内されると、今回は”桜茶”が振舞われた。

画像


何時ものようにOLAF定位置でパチリ。掛け軸も、花も季節をうつしている。

画像


温泉に入って、ゆっくりしてから、楽しみな夕食の始まり。
今夜の、夕食の献立表が置かれる。お酒は、大好きな”田酒”。



”竹の子の葉のり揚げ”からスタート。竹の子も旬。葉のりも旬。春らしい一品から夕食の始まり。期待大~~~~~。

画像


”季節の盛り合わせ”はまさに春の塊。特に”うど”が美味。桜の葉の香りが強い白魚も絶品。田酒がすすむ。

画像


”空豆すり流し”も春の香り。

画像


椀の物を鍋と言う形で出してくれる”あさば”の板前さんの感覚は最高。ピカピカの太刀魚と野ぜり。新鮮な太刀魚。旬のせりの香りがなんとも嬉しい。

画像

画像


”桜鱒木の芽焼き”木の芽の香りが、春を感じさせる。

画像


”新玉葱の煮びたし”はなんていうことの無い料理。でも新玉葱をこれほど美味しく食べさせてくれるなんて~~~。これも春ならではの料理。さすが!!

画像


”帆立たらの芽揚げ物”も春の香りの塊。たらの芽のほろ苦さ。さいこ~~~。

画像


赤貝もグ~~~。

画像


定番の”穴子黒米ずし”。あれ~~~~。今まで3ヶあったのに、今回は2ヶ。何でも料理の数が増えたので、1ヶ減ったとの事。いいか~~~。

画像


”蕗 豚角煮”は和食。柔らかく、脂っこくなく。さいこ~~~。

画像


”お造り”が最後に出された。順番からいうと変?でも、フランス料理の途中で出てくるシャーベットと同じ?美味しい。

画像


最後のご飯。ご飯粒が美味しいく最高。

画像


最後の甘味。
”葛ぎり”と”メロン”

画像

画像


アイスは”生姜味”と”白味噌キャラメル味”。美味。今までの”麦茶味”は無くなってました。

画像


満足・満足。

寝る前に又温泉。

画像


ふかふかの布団で。『おやすみ』。耳を気にしてるナ。

画像


春の塊を食べさせて頂いた。大満足の夕食でした。