OLAF in 修善寺、あさば、お正月(’08/01/02~03 ②)

帰る前に、”あさば”のお正月らしい雰囲気を楽しんだ。圧巻は玄関から部屋に続く広間に由緒有る屏風が飾られていた。鈴と水仙がこれらを引き立てる。

画像


画像


屏風が動かないように、鴨の形をした文鎮のような押さえが印象的。こんなものがあったのか!
画像


玄関の飾りは”繭玉”。

画像


あちこちに飾られている花。
稲、榊、南天。

画像


鼠の飾り。

画像


紅白の梅の屏風。

画像


七種の椿の飾り。

画像


能舞台のお供え。

画像


その舞台で、前回来た時は結婚式が執り行われていたが、お正月は雅楽か奏でられた。優美な雅楽が館内中に響き渡る。

画像


楽しんだ後は、東名高速がユーターンラッシュの渋滞になってしまう前に帰る事とする。雪の富士山が綺麗に迎えてくれた。楽しい温泉だった。

画像