OLAF in 十二月大歌舞伎(’07/12)

今年最後の歌舞伎見物に出かけた。今回は、玉三郎さん、勘三郎さん達が出ていたせいか殆ど席はうまっていた。やはりすごい集客力!

画像


画像


画像


何時もの様に、パンフを買い込む。

画像


出し物は3つ。
初めは、菅原伝授手習鑑(すがわらでんじゅてならいかがみ) 寺子屋

画像


菅丞相の家臣・武部源蔵(海老蔵)は、妻の戸浪(勘太郎)と寺子屋を営みながら、主人の子菅秀才をかくまっています。それを知った敵の藤原時平は、菅秀才の首を出すよう命じ、臣下の松王丸(勘三郎)を首実検に差し向けます。源蔵は苦悩の末、今日、母の千代(福助)に連れられ寺入りした小太郎を身替わりにします。実はこの子の親こそ、松王丸。心ならずも敵方に与する松王丸の、これは命を賭けた償いの行動だったのです。
 わが子を犠牲にする松王丸夫妻の慟哭と、他人の子を殺さざるを得なかった、源蔵夫妻の宮仕えのつらさ。胸を打つ義太夫狂言の名作です。(歌舞伎座HPより転載)

自分の子が笑って身代わりに立派に殺された事を知った松王丸(勘三郎さん)の台詞には涙を流す人が沢山いた。勘三郎さんの演技は感動ものだった。うまい!

食事は、今回はお蕎麦にした。

画像


画像

お酒は一合にしておく。寝てしまってはしょうがない。何時も思うが時間が少ない。最低一時間程度あってくれれば。

二つ目の出し物は、粟餅(あわもち)。
画像


威勢よく現れたのは、二人組の粟餅売りの杵造(三津五郎)と臼造(橋之助)。搗きたての粟餅をちぎっては、粉が入った鉢に投げ入れる曲搗きを見せたり、交互に六歌仙を演じ分けたりと、きびきび軽やかに踊ります。
 江戸時代、曲搗きで知られた粟餅売りの風俗を写した常磐津舞踊。踊り巧者、三津五郎と橋之助の息の合った組み合わせが楽しみです。(歌舞伎座HPより転載)

黒と白の縦じまの着物の袖口から、真っ赤な襦袢が覗くのは粋そのもの。三味線に会わせて踊るが、三津五郎さんの踊はさすが!

休み時間にお土産屋さんを覗く。来年の干支の鼠関連商品が所狭しと並べられていた。”正月近し”を実感。

画像

画像

画像


最後の出し物は、ふるあめりかに袖はぬらさじ(ふるあめりかにそではぬらさじ)

画像


文久元年(一八六一)。江戸幕府が開港した三港のうちのひとつ、横浜にある遊郭岩亀楼には、外国人相手の「唐人口」と呼ばれる遊女もいて、連日賑わっています。気風がよく三味線の名手でもあるお園(玉三郎)は、ここ岩亀楼の名物芸者。面倒見のいいお園は、病に伏せっている同僚の遊女亀遊(七之助)を見舞いに行き、亀遊と、医者を目指す通辞の藤吉(獅童)との仲に気づきます。
 その翌年。岩亀楼に登楼したアメリカ人イルウス(彌十郎)は、唐人口の遊女マリア(福助)を気に入らず、病み上がりの亀遊に一目惚れして、藤吉に身請け話の通訳をさせます。金に目の眩んだ岩亀楼の主人(勘三郎)が身請けを承知すると、藤吉との恋に絶望した亀遊はその場を飛び出し、自害してしまいます。
 その七十五日後。亀遊の死を、〝万金を積まれてもアメリカ人への身請けを断り自害した攘夷女郎〟と事実を歪曲して伝える瓦版が出回ります。「露をだにいとふ倭の女郎花ふるあめりかに袖はぬらさじ」というウソの辞世の句まで添えられている周到さは、攘夷派志士を煽るためのねつ造に違いありません。が、この瓦版のお蔭で評判になった岩亀楼では、商売促進に励む主人はもとより、亀遊の死の真実を知るお園までもが、ウソで塗り固められた「亀遊物語」の語り部となってゆきます…。
 玉三郎の当たり役のお園に、一座勢揃いの顔ぶれによる注目の舞台。今回は初の歌舞伎座での上演です。(歌舞伎座HPより転載)


画像


玉三郎さんというと妖艶な踊がお得意と思っていたが、この舞台を見て印象が変った。わりと現代劇にも通じる舞台であったが、”さすが”と思わせる演技であった。最後の場面などは、長い台詞の一人舞台。人間の機微を感じさせる、名演技。

楽しい一時であった。OLAF大満足。

(参考:岩亀楼)

http://www3.ocn.ne.jp/~ariyoshi/sawako/reading/osono4.htm