OLAF思い出のアルバム(’92/8 インドネシア旅行 ②)

①よりの続き

8月24日

ジョグジャカルタ(Yogyakarta)
ジャカルタの東南東440km、ジャワ島の中央部にある古都です。
肥沃な土地で古くからいくつも王朝が栄え、市内から周辺部に歴史的なスポットがいくつもあります。インドネシアでも特に治安の良い町といわれています。
なお綴り通りの「ヨクヤカルタ」は昔の読み方で、オランダ人が統治時代からこのように発音して、定着したものとされています。
今も王宮が残りボロブドゥール仏教遺跡、プランバナン寺院といった世界遺産があり、インドネシア最大の観光地として知られています。
バティック(ろうけつ染め)の名産地として知られる
ジョグジャには、バティックのお店もたくさんあります。


本日は、最初にボロブドゥール仏教遺跡へ行きます。
画像


ボロブドゥール遺跡(Candi Borobudur)
市街の北西30kmにある、世界最大級の仏教遺跡です。
8世紀末から9世紀はじめのシャイレーンドラ朝によって建造され、自然の丘に岩のブロックを積み上げて造った高さ35m、9段の階段状ピラミッドです。
長い間土砂に埋もれていましたが、1814年に英国のラッフルズによって偶然に発見され、その後発掘が行われました。
底面は一辺約120mの正方形で、上層部は多くの仏塔で飾られています。
壁面には仏像や仏典の浮き彫りがあり、回廊を巡るに従って仏教の教義が理解できる仕組みになっているといわれます。


画像

画像

画像

画像

画像

画像


4つの回廊をぬけると、72基の釣り鐘型をした"ストーバ”がそびえています。
このハンドベルのようなストゥーパの中に仏像が座っています。
小さな隙間から手を入れて、仏像の右手薬指にふれると願いごとがかなうそうです。
みんな頑張って手を入れましたが・・・・
画像

画像

画像


次は王宮を訪問しました。

画像

画像

画像


この後、ジャグジャカルタからジャカルタへ飛行機で移動。

8月25日

ジャカルタ(Jakarta)
ジャワ島北西部にある人口1000万近い東南アジア最大の都市で、インドネシアの首都です。
ビジネス目的で訪れる人が多く、観光地と言われる場所はあまり多くありません。
もともとはスンダ・クラパという小さな港町であったが、1527年にここでイスラム王朝がポルトガル勢力を打ち破ったのを記念して「ジャヤカルタ(偉大な勝利)」と名づけられた。1942年、日本軍が占領中に旧称にちなんだ(あるいは日本人にお馴染みの「ジャガタラ」にも近い)現在の呼称に更に改められる。

朝食をホテルのレストランではなく、ホテルから少し離れた街中へ出かけた。
チョッとホテルの裏の方を歩くともうごちゃごちゃした街中へ。
庶民の生活に触れられる。

画像

画像

画像


安い。一人日本円で100円ほど。しかし、汚い。お皿を拭いてくれるが、そのフキンが汚い。思わず『拭かなくてイ~~~~』と。

画像

画像

(ホテルへ戻る。)
未だ、企業訪問まで時間が有るのでプールへ。
画像


いよいよ企業訪問。バスで移動。
最初に、MM2100工業団地に有る、現地の企業紡績会社アルゴパンテス社を訪問する。
画像

画像

画像

画像

(会議室で説明を聞く。)
画像

(MM2100工業団地の現地事務所で説明を聞く。)

MM2100ー工業団地は、丸紅がインドネシア政府の外紙導入制策の下で、1990年2月に現地パートナーと合弁会社「MMID社」を設立し、約15年間にわたり「MM2100工業団地」の開発・分譲・運営を進めた工業団地です。インドネシアは、人口2億人・豊富な資源・廉価な労働コスト・充実したインフラを有する、アセアン諸国の中で最も潜在的な成長力を秘めた巨大市場です。
こんなうたい文句で進出企業を誘致してました。
●MM2100はブカシ地区では最もジャカルタから近い工業団地で、タンジュンプリオク港・スカルノハッタ国際空港ヘのアクセスも良く、生産・物流拠点として最適の立地にあります。
●ブカシ地区では唯一専用のインターチェンジを有し高速道路(ジャカルタ・チカンベック線)に直結していることから交通 渋滞なく輸送・通勤できます。
●MMID社直営による安定した維持管理により、入居企業をフル・サポートいたします。
●既に日系製造業を中心として153社の企業が入居・操業されており、工業団地内外でのビジネス・物流も拡がっています。
●MM2100はMMID社による確かな危機管理・セキュリテイーにより進出企業の方にも安心して操業頂けます。

夜は、ホテルから表へ出てカラオケ訪問。現地のホステスさんとカラオケを楽しむ。
画像

8月26日
今日は日本へ帰る日。夜中の便なので、それまでジャカルタ市内に有る日本を代表する企業アサヒマツ、トヨタを訪問する。


画像

画像
画像

画像

(工場の終了時間とかち合って、従業員が工場から吐き出されてきた。)

夜中にジャカルタを出発。

8月27日成田空港で解散。全員無事で、団長ホット一息。楽しいネシア旅行でした。
画像