アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「浅草」のブログ記事

みんなの「浅草」ブログ

タイトル 日 時
OLAFの江戸吉原おいらん道中見物(’17年4月8日浅草観音うら)
OLAFの江戸吉原おいらん道中見物(’17年4月8日浅草観音うら) ”一葉桜まつり・江戸吉原おいらん道中”が行われると言う記事をネットで見つけ早速見に行く事にした。 雨天順延と書いてあるので天候が気になった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/04/09 23:25
OLAFの子供歌舞伎見物とお花見(’17年3月25日 浅草)
OLAFの子供歌舞伎見物とお花見(’17年3月25日 浅草) 今年も台東区の浅草神社を会場に、奥山おまいりまち商店街振興組合(白倉儀輝理事長)の主催・NPO法人まちづくり推進機構の共催による「浅草奥山こども歌舞伎まつり」が行われます。 今年で9回目となり、首都圏各地のこども歌舞伎団が登場。商店街通りでは、大人顔負けの堂々とした口上に続いて歌舞伎衣装に身を包んだ子供たちがお練りを披露して、約2万人の観客が集まる盛況ぶりとなります。 もともと奥山は江戸時代、見世物小屋や大道芸で賑わった地域です。 その後政策的な事情で浅草の娯楽の中心は六区に移りましたが、... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/03/26 10:49
OLAFの羽子板市見物 (’16/12/18 浅草寺境内)
OLAFの羽子板市見物 (’16/12/18 浅草寺境内) 江戸では毎年三度の大市の中で、12月の市が最も栄え、これを歳の市と称した。 正月用の歳の市といえば江戸中期頃までは、浅草に限られていた。 一方、浅草寺のご縁日は毎月18日であり、17日18日両日は歳の最後の縁日として、一年の無事に感謝し、来年も良い年にと願う納めの観音詣の日でもあることからなお一層にぎわいを示し、江戸の年中行事だった。 武家や大店は、家来や奉公人に用心籠や長持ちをかつがせ、大挙して浅草にくり込み、毎年きまった店で買い、帰りには料理屋へ寄って威勢をつけるのが、見得の様にもて... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/12/20 11:24
OLAFの四万六千日参拝 (’16年7月10日 浅草寺ほおずき市)
OLAFの四万六千日参拝 (’16年7月10日 浅草寺ほおずき市) ネットによると ”観音さまのご縁日は「毎月18日」ですが、これとは別に室町時代以降に「功徳日(くどくび)」と呼ばれる縁日が新たに加えられました。 月に一日設けられたこの日に参拝すると、百日分、千日分の参拝に相当するご利益(功徳)が得られると信仰されてきました。 中でも7月10日の功徳は千日分と最も多く、「千日詣」と呼ばれていましたが、浅草寺では享保年間(1716〜36)ごろより「四万六千日」と呼ばれるようになり、そのご利益は46,000日分(約126年分)に相当するといわれるようになりまし... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/07/10 14:47
OLAFの合羽橋七夕まつり見物(’16年7月7日 合羽橋)
OLAFの合羽橋七夕まつり見物(’16年7月7日 合羽橋) 毎年7月7日に近い週末を中心に、かっぱ橋本通り沿いで開催される祭りです。 沿道には七夕飾りが並び、要所の大竹に大飾りも飾られます。週末にはパレードやショーが催されるほか、工夫をこらした露店が開かれ、浅草下町の心意気が感じられます。 初めてではないが、朝顔市の後に行ってみよう。 (ブログ) http://olaf-mama.at.webry.info/201507/article_4.html 京都の七夕も面白かった。 (京都の七夕) http://olaf-mama.at.webr... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/07/08 03:54
OLAFの入谷朝顔市見物(’16年7月7日 入谷朝顔市)
OLAFの入谷朝顔市見物(’16年7月7日 入谷朝顔市) 朝顔は奈良時代に遣唐使が中国から日本へ持ち込み伝えられました。 当初は「牽牛子(けんぎゅうし)」や「牽牛花(けんぎゅうか)」と呼ばれていました。 「牽牛」と言えば七夕の彦星のことです。 当初、日本では朝顔は薬草として用いられていました。 観賞用として楽しむようになったのは江戸時代からです。 江戸時代に、入谷の植木屋が朝顔を作るようになりました。 花粉の交配によってできた変わった形の朝顔が人気を博し、一番多い時では1000種類以上の朝顔があったといいます。 入谷の朝顔市は明治時代にな... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/07/08 02:35
OLAFの夏詣 (’16年7月5日 第3回 夏詣 浅草神社)
OLAFの夏詣 (’16年7月5日 第3回 夏詣 浅草神社) 梅雨の合間、昨日は30℃以上の蒸し暑い日だったが今日はそれほど暑くない。 ネットによると ”我々日本人は大晦日に「年越しの大祓」で一年の罪穢れを祓い清め、翌日の元日は新しい年に始まりとして、その年の平穏を願い神社・仏閣に詣でる「初詣」を行います。 その始まりから6 ヶ月、同じく罪穢れを祓い清める「夏越しの大祓」を経て、過ぎし半年の無事を感謝し来る半年の更なる平穏を願うべく、年の半分の節目として、7 月11 日以降にも神社・仏閣に詣でます。 この新たな習慣を「夏詣」と称して、我が国の守り伝... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/07/06 08:08
OLAFのこんこん靴市と浅草散歩(’16年4月23日 玉姫稲荷神社、待乳山聖天、浅草寺)
OLAFのこんこん靴市と浅草散歩(’16年4月23日 玉姫稲荷神社、待乳山聖天、浅草寺) ネットによると、今年も「こんこん靴市」が、4月23日の24日に二日間にわたって開催される。 と言う。 こんこん「靴」市は、玉姫稲荷神社の境内で、近隣などの靴の関連業者などが商売繁盛、そして地場産業の発展といったことを目指した市で毎年春と秋に開催されている。 この地の周辺などには、もともと靴製造業者だったり、靴問屋が多くあるからだそうだ。 この靴市では、なんと、市価の2割から8割といった、つまり半額以下のリーズナブルな価格で、最新デザインの靴だったり、皮革製品が即売されている。 靴だけで... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/04/24 10:18
OLAFの浅草散策 (’15年12月19日 羽子板市、まるごとにっぽん)
OLAFの浅草散策 (’15年12月19日 羽子板市、まるごとにっぽん) 本日が羽子板市の最終日と言う事で、また羽子板市見物に出かけた。 羽子板市には何回も行っているが毎年変わり羽子板のスターが変わり面白い。 (今までの羽子板市のブログ) http://olaf-mama.at.webry.info/201212/article_3.html http://olaf-mama.at.webry.info/200912/article_15.html http://olaf-mama.at.webry.info/200812/article_5.html h... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/12/20 08:59
OLAFの「朝顔市」、「七夕」見物A (’15年7月7日 入谷鬼子母神、カッパ橋)
OLAFの「朝顔市」、「七夕」見物A (’15年7月7日 入谷鬼子母神、カッパ橋) (前ブログからの続き) 「下町七夕まつり」を見に行った。 期間中に飾られる、大小様々な七夕飾り、提灯などが、通りに連なる様子は圧巻です。 笹の葉さらさら、吊り飾りはキラキラ、これは通りを「天の川」に見立てる意図もあり、昼と夕方でもまた違った表情を見せます。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/07/09 12:06
OLAFの「朝顔市」、「七夕」見物@ (’15年7月7日 入谷鬼子母神、カッパ橋)
OLAFの「朝顔市」、「七夕」見物@ (’15年7月7日 入谷鬼子母神、カッパ橋) 梅雨空の合間のちょっとした晴れ間を利用して「入谷朝顔市」「かっぱ橋七夕飾り」を見に行ってきた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/07/09 11:04
OLAFのお花見 (’15年3月30日 旧芝離宮、浜離宮、浅草駒形ドジョウ)
OLAFのお花見 (’15年3月30日 旧芝離宮、浜離宮、浅草駒形ドジョウ) 桜の開花宣言から満開予定の発表が有って、それが本日30日。 友人を誘ってお花見に行く。 コースは浜松町から旧芝離宮→浜離宮→水上バス→浅草吾妻橋→駒形どぜう→神谷バー。 浜離宮へは何回か行っている。 隅田川のお花見も既に行っている。 水上バスから見る桜は乙なものだった。 (隅田川のお花見の記録) http://olaf-mama.at.webry.info/200803/article_7.html http://olaf-mama.at.webry.info/200803/ar... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/03/31 14:04
OLAFの流しびな見物 (’15年3月1日 浅草隅田川)
OLAFの流しびな見物 (’15年3月1日 浅草隅田川) 天気はどんよりしていて何時降ってきてもおかしくない。 でも、、《第30回江戸流しびな》が『江戸流しびな振興会』主催で隅田川(吾妻橋親 水テラス周辺)において開催される。 傘を片手に出かけてみる事にした。 OLAFは隅田川の灯篭流しを見に来たことが有ったが、流しびなは初めてだ。 (記録) http://olaf-mama.at.webry.info/201008/article_6.html 雨が降りませんように! ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/03/01 22:32
OLAFの泣き相撲見物 (’14年4月26日 浅草観音本堂裏広場「暫」銅像前)
OLAFの泣き相撲見物 (’14年4月26日 浅草観音本堂裏広場「暫」銅像前) このイベントは1986年に浅草寺に九代目市川團十郎の「暫」の銅像が復元されたことを記念して始まったもの。 銅像が歌舞伎の演目「暫」の主人公で、荒々しくきっぷのよい鎌倉権五郎という前髪姿の子供であることから、彼のような力強さと健康が祈願されている。 赤ちゃんの元気な様子に喝采を送りながら、十二代市川團十郎氏を偲ぶ。 歌舞伎と縁のある浅草の歴史を感じさせる風物詩。 基本ルールは「元気よく泣いた方が勝ち」です。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/04/28 22:19
OLAFの流鏑馬見物A (’14年4月19日 浅草流鏑馬)
OLAFの流鏑馬見物A (’14年4月19日 浅草流鏑馬) (前ブログからの続き。) 流鏑馬の射手を務めるのは、鎌倉時代の礼法、弓術や弓馬術を今に伝える小笠原流の24人。 鎌倉武士の狩装束を身にまとい、疾走する馬上から、一ノ的、二ノ的、三ノ的を次々と弓矢で射抜く。 「インヨーィ(陰陽ー射)」と、静まり返った特設馬場に響き渡る射手の掛け声。鎧(よろい)ひた垂、い草を編んだ綾藺(あやい)笠の勇ましい狩装束の射手が、馬上からヒノキの板でできた54センチ四方の3つの的を次々と射抜いていき、鏑矢(かぶらや)が見事命中すると、的に仕掛けた紙吹雪がパッと飛び散る... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/04/20 15:33
OLAFの流鏑馬見物@ (’14年4月19日 浅草流鏑馬)
OLAFの流鏑馬見物@ (’14年4月19日 浅草流鏑馬) 江戸時代に浅草神社の正月行事として行われていたものを台東区が1983(昭和58)年に観光行事として復活させたイベント。 今年が32回目となる。会場となる隅田公園には、東武線の鉄橋下から言問橋までの区間に幅約2メートル、長さ約300メートルにわたって白い砂を敷き詰め、特設馬場が設けられている。 そもそも流鏑馬とは、単に走っている馬の上から弓をひくことではない。 実際にはそれはあくまでも流鏑馬の一部である。 神事があり、馬上から弓をひき、最後に神事があるという流れ全てで流鏑馬という。 馬を... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/04/20 07:55
OLAFの新春浅草歌舞伎見物 (’14年1月16日 浅草公会堂)
OLAFの新春浅草歌舞伎見物 (’14年1月16日 浅草公会堂) 今年も新春浅草歌舞伎を見に行った。 最近は歌舞伎より能の方が好きになり歌舞伎は年1回程度しか見ない。 この歌舞伎は浅草で行われ若手中心なのでまあ見に行っても良いかナと思っている。 (過去の新春歌舞伎見物の記録) http://olaf-mama.at.webry.info/201301/article_8.html http://olaf-mama.at.webry.info/201101/article_5.html http://olaf-mama.at.webry.info/2... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/01/17 08:22
OLAF in 三社祭(’13年5月19日 くみ踊り鑑賞の集い)
OLAF in 三社祭(’13年5月19日 くみ踊り鑑賞の集い) くみ踊りとは、浅草花柳界では、三社祭期間中、立方と地方を織り交ぜた数人の組を作り、その組のことを「組」と呼び、組がお座敷をつける時に踊る踊りを「くみ踊り」と呼びます。 お座敷をつける(踊りをご披露する)時も、通常の曲ではなく、その年の三社祭に合わせて曲を自ら選び、構成し、師匠に振り付けしていただいて、そのためにお稽古を積んで、三社祭期間限定でご披露する特別な踊りです。 前回も見に来たが、その時は4組だった。 今回は3組だ。 芸者さんが減ってしまってるのかな? それに従って6,000円か... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/05/21 12:13
OLAFの新春浅草歌舞伎見物 (’13年1月16日 浅草公会堂)
OLAFの新春浅草歌舞伎見物 (’13年1月16日 浅草公会堂) 今年は日本でお正月を過ごしたので、新春浅草歌舞伎を見物に行った。 これは若手歌舞伎役者が大看板の大役をこなすのでなかなか面白い。 今までも何回か見に行った。 (過去の新春浅草歌舞伎の記録) http://olaf-mama.at.webry.info/201101/article_5.html http://olaf-mama.at.webry.info/201001/article_5.html http://olaf-mama.at.webry.info/200901/artic... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/01/17 14:23
OLAFの羽子板市見物 (’12/12/19 浅草寺境内)
OLAFの羽子板市見物 (’12/12/19 浅草寺境内) 浅草歳の市の羽子板市が開かれた。 年の瀬の正月用品の市から発展した東京を代表する冬の風物詩だ。 江戸末期頃、羽子板に龍講の歌舞伎役者を貼りつけたことから女性に人気を集め、徐々に羽子板の市が増え「羽子板市」として定着。 明治以降は羽子板の技術も発展し、「江戸押絵羽子板」として昭和60年に東京都の伝統工芸品に指定されている。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/12/21 15:05
OLAFの浅草寺菊花展 (’12年11月9日 浅草浅草寺)
OLAFの浅草寺菊花展 (’12年11月9日 浅草浅草寺) 今年は未だ菊をゆっくり見ていない。 そろそろ。季節も終わりに近づいている。 今日は天気も良いし、近場の浅草寺に菊花展を見に行くことにした。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/11/11 04:02
OLAFの東京散歩 (’12年7月1日 浅草富士浅間神社の例大祭 )
OLAFの東京散歩 (’12年7月1日 浅草富士浅間神社の例大祭 ) 7月1日は富士山山開きの日。 その日に合わせて、浅草富士浅間神社の例大祭が行われる。 富士信仰が最も盛んであった江戸時代、富士山参拝は江戸庶民にとって生涯の夢であった。 しかし当時は交通事情も悪く、そうした中、富士山崇敬を目的とした「富士講」が結成され、全国各地に浅間神社の勧請が行われた。 富士山山開きの日には、富士参りの出来ない人々が、各地元の浅間神社に参詣した。 この人出を目当てに、浅草4,5丁目一帯の道路上に近県植木商数百余りの軒露天や植木がたちならび”お富士さんの植木市”で賑わ... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/07/02 04:33
OLAF台東蝋燭能を見に行く (’11年8月2日 浅草公会堂)
OLAF台東蝋燭能を見に行く (’11年8月2日 浅草公会堂) 夏の風物詩ともいえる薪能。 浅草では毎年浅草寺で行われていた。 しかし3年前から浅草寺工事の為使用できなくなり、浅草公会堂にて本物の蝋燭を照明として使用して”蝋燭能”として行われる様になった。 今年で32回目とか。 32年も続いているのだ。 20歳の人が見始めていたら今年は52歳。 驚き! ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/08/04 11:24
OLAFの浅草寺「大絵馬寺宝展と庭園拝観」 (’11年3月26日 浅草)
OLAFの浅草寺「大絵馬寺宝展と庭園拝観」 (’11年3月26日 浅草) 浅草寺の寺宝「大絵馬」と通年見ることの出来ない「伝法院庭園」の拝観が、「平成本堂大営繕竣工」を記念して3月25日(金)〜4月28日(木)の間行われている。 始まってから2日目、桜は4月に入ってからの方が良さそうだが、30日から京都の桜へに行ってしまうので早速見に行くことにした。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/03/26 21:48
634mに伸びたスカイツリー (’11年3月20日 高さ世界一の東京スカイツリー見物)
634mに伸びたスカイツリー (’11年3月20日 高さ世界一の東京スカイツリー見物) 東北地方太平洋沖地震で被災された皆様にお見舞い申し上げます。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/03/21 07:26
OLAFのサンバカーニバル見物 (’10/8/28 B S1リーグの 出場6チーム〜7チーム) 
OLAFのサンバカーニバル見物 (’10/8/28 B S1リーグの 出場6チーム〜7チーム)  (前ブログからの続き) 足腰も痛くなり、そろそろ立って見ているのも限界のようだ。 でも、後5チーム。 見られる所まで見よう。 これからが、まさに本格的なサンバチームの登場だ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/08/30 15:43
OLAFのサンバカーニバル見物 (’10/8/28 A S1リーグの 出場1チーム〜5チーム) 
OLAFのサンバカーニバル見物 (’10/8/28 A S1リーグの 出場1チーム〜5チーム)  前ブログからの続きです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/08/30 14:43
OLAFのサンバカーニバル見物 (’10/8/28 @ S2リーグ) 
OLAFのサンバカーニバル見物 (’10/8/28 @ S2リーグ)  今年で第30回を数える夏のパレードです。 そもそもの始まりはというと、30年前に喜劇俳優の【伴 淳三郎】さんが、「浅草の三社祭の熱気と躍動感は、ブラジル・リオのカーニバルと似ているよ。」と、当時の台東区長に勧めたからだったそうです。 第一回が開催される前に、「南米視察団」まで結成して、本場のサンバを研究されたようです。 スタート当初の1980年代は、手探り状態だったということで、ふんどし姿の男性や、芸者さんがパレードされていたそうです。 30回目を迎える現在では、「S1」、「S... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/08/29 11:57
OLAFの東京散歩弟51回 (’10年7月9日 浅草寺のほおずき市)
OLAFの東京散歩弟51回 (’10年7月9日 浅草寺のほおずき市) 毎年7月9日・10日に浅草寺の境内一帯に約200店の「ほおずき屋」、250店の露店が並び”ほおずき市”が開かれます。 ”ほおずき市”の日は 「四万六千日(しまんろくせんにち)」と呼ばれ、浅草寺の「功徳日」にもあたります。 この日にお参りすると「四万六千日分、日参したのと同様の功徳を得られる」との言い伝えがあります。 そのご利益は46,000日分(約126年分)は「米一升分の米粒の数が46,000粒にあたり、一升と一生をかけた」などの諸説がありますが、定説は無いようです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/07/09 22:04
OLAF in 三社祭(’10年5月15日 くみ踊り鑑賞の集い)
OLAF in 三社祭(’10年5月15日 くみ踊り鑑賞の集い) 今日も良い天気だ。 三社祭で晴れが続くのはそうそう無い様である。 今日は、三社祭協賛「くみ踊り観賞の集い」が行われる。 昨日、大行列に参加していた綺麗どころが出て踊りを披露してくれる。 浅草の「見番」の二階で12時半開場、1時開演。 少し早めに行って、お御輿も見ることにしよう。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/05/16 22:32
OLAF in 三社祭(’10年5月14日 大行列見物)
OLAF in 三社祭(’10年5月14日 大行列見物) 5月14日。 早いもので、いよいよ東京の夏祭りの代表”三社祭り”が始まった。 今日は、大行列が行われる。 その行列を見に浅草へ出かけた。 午後1時、浅草の”見番”前を出発して、”馬道”を通り”雷門”から”仲見世”を通って”浅草寺”へ。 年によって西回り、東回りがあるようだが、今年はこのルートだ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/05/15 06:09
OLAF in 新春浅草歌舞伎(‘10年1月12日)
OLAF in 新春浅草歌舞伎(‘10年1月12日) 新春恒例の浅草歌舞伎を見てきました。 若手中心の歌舞伎で、将来の一枚看板がこの中から出てくるんでしょう。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/01/13 07:54
OLAFの東京散歩 第33回 (’10年1月8日 鳥越神社のとんど焼き)
OLAFの東京散歩 第33回 (’10年1月8日 鳥越神社のとんど焼き) 東京では、江戸時代から七草粥のお祝いとともにとどこおりなく正月行事をすませ、家々で「お正月飾りを取り払う習わし」になっています。 翌1月8日『とんど焼』は、お正月にお迎えした神様(歳神様)をお送りする日本の伝統的な行事です。 お焚き上げの火や煙には、歳神様の力によって、1年間の様々な災厄を祓い清める力があるとの信仰のもとに、都内でも古くから民間行事として絶えることなく今日まで伝えられてきています。 こんな話で未だ見たことが無い「とんど焼き」を見に鳥越神社へ行ってきました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/01/09 13:14
OLAFの東京散歩 第32回 (’10年1月7日 待乳山聖天の大根祭り)
OLAFの東京散歩 第32回 (’10年1月7日 待乳山聖天の大根祭り) 昨年の紅葉を見に京都へ行った時に、三宝寺で「 厄落としの大根炊き 」が行われ、大根を食べてきました。 甘辛く柔らかく煮えていて「おあげさん」が入っていて、「柚子ご飯」と一緒に食しました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/01/08 02:40
OLAFの羽子板市見物 (’09/12/18 浅草寺境内)
OLAFの羽子板市見物 (’09/12/18 浅草寺境内) 年末の恒例行事「羽子板市」を見に行く。 浅草寺の境内へ。 平日の午前中にもかかわらずかなりの混雑。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/12/19 11:39
OLAFのサンバカーニバル見物 : AS1リーグ (’09年8月29日)
OLAFのサンバカーニバル見物 : AS1リーグ (’09年8月29日) (前ブログからの続き) サンバカーニバルも開始から2時間半経過。 S2リーグの行進も終わり、いよいよS1リーグの行進が始まる。 S1リーグの方が、仕掛けも大掛かりでチームメンバーも多い。 猛暑の中、頑張って見ているがそろそろ限界か? 汗びっしょり、立ちっぱなしで足も痛くなってくる。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/09/02 08:52
OLAFのサンバカーニバル見物 : @S2リーグ (’09年8月29日)
OLAFのサンバカーニバル見物 : @S2リーグ (’09年8月29日) 東京・下町の夏の終わりを彩る恒例の浅草サンバカーニバルが29日、台東区の雷門通りなどで開かれ、19チーム、計約4700人のダンサーがリズムに合わせ、歌や踊りを披露した。 サンバカーニバルは今回で29回目。 色鮮やかな衣装と羽根飾りをまとったダンサーたちが、軽快なステップで約800メートルの通りをパレードした。 今日は昨年の雨模様の日と違い最高気温が30度を超える猛暑となった。 買ったペットボトルも生暖かくなり、汗を拭き吹きの見物と相成った。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/08/30 04:48
OLAFの東京散歩 第23回 (’09年8月27日 浅草むぎとろでお座敷遊び入門)
OLAFの東京散歩 第23回 (’09年8月27日 浅草むぎとろでお座敷遊び入門) 季節も秋らしくなってきたのでまた東京散歩を再開する。 今回は、浅草むぎとろのお座敷で浅草名物でもある”振袖さん”にお酌をしてもらい、踊を見せてもらう。 次は安来節保存会師範 安部洋二さんによる、日本伝統芸能”どじょうすくい”を楽しむ。 最後は安来節と関係の深い銭太鼓の実演。 といったコースだ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/08/28 11:08
OLAFの東京散歩 弟3回 (’09年1月 浅草瓢庵お座敷遊び入門A)
OLAFの東京散歩 弟3回 (’09年1月 浅草瓢庵お座敷遊び入門A) お座敷遊びに来ていた芸者さんから、今日は、新春浅草歌舞伎、 浅草総見の日だと言う事を聞いた。 浅草花柳界の年初めの行事で、浅草公会堂にて行われる新春花形歌舞伎に、芸者衆が出の衣裳でお客様をお迎えして歌舞伎鑑賞。 来ていた芸者さんも、それに出かけるとのこと。 ちょうどお座敷遊びをした料亭、瓢庵の前の見番から、人力車で会場に乗り付けるとの事。 京都で言えば、八朔並みの行事でしょう。 綺麗どころが集まるこのタイミングを、逃す手は無いと出発を見ていくことにしました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/01/17 22:08
OLAFの東京散歩 弟3回 (’09年1月 浅草瓢庵お座敷遊び入門@)
OLAFの東京散歩 弟3回 (’09年1月 浅草瓢庵お座敷遊び入門@)   OLAFは、1月15日に浅草瓢庵(ひさごあん)お座敷遊び入門に参加し、お座敷遊びを楽しんだ。 浅草花柳界は浅草寺の北に広がる花街で、伝統と格式を誇る東京屈指の花柳界のひとつ。 その料亭街にある瓢庵でのお座敷遊び。 お座敷遊びはOLAF初体験。 楽しみだ! 東京浅草組合(見番)の前にある料亭瓢庵。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/01/16 23:24
OLAF in 三社祭(’08年5月17日)
OLAF in 三社祭(’08年5月17日) 東京に初夏を告げる三社祭がやってきた。今週は前半から初夏とは程遠い寒い日が続いたが、祭り当日は汗ばむような初夏の日差しが帰ってきた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/05/19 02:12

トップへ | みんなの「浅草」ブログ

我が家のOLAF 浅草のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる