我が家のOLAF

アクセスカウンタ

zoom RSS OLAF今年の最初の夏祭り(’17年5月7日 下谷神社)

<<   作成日時 : 2017/05/07 17:31   >>

トラックバック 0 / コメント 0

”下町で1番早い夏祭りとされている「下谷神社大祭」は、1,000年以上の歴史を持ち、本社神輿の渡御を行う「本祭り」と町会神輿の渡御だけの「陰祭り」が隔年に行われています。
平成29年は「陰祭り」に当たるため、本社神輿は、5月7日の日曜日、山車に乗せて、氏子区域を巡行します。
また、下町のため露天商の数も多く、期間中は神社の周りに140軒余りが出店し祭りを盛り上げます。”
こんな、ネット記事を見て今年最初の夏祭見物に出かけた。
OLAFは下谷神社の大祭に行くのは2回目だ。
(前回のブログ)
●OLAFの夏祭開幕 (’13年5月12日 下谷神社大祭)
http://olaf-mama.at.webry.info/201305/article_5.html


今日はGW最終日。
高速道路、鉄道などは帰宅ラッシュが続いていると言う。
暑いくらいの良い天気。
半袖で十分。
何時もの様にカメラ、ペットボトル、万歩計を持って出発。

JR上野駅で降りて直ぐ近く。
赤い鳥居が目印だ。

結構な人出だ。
画像

赤い鳥居を潜り、石の鳥居までの参道は露店と人出で賑わっている。
画像

画像

お参りをするため、境内に入る。
左側に行列が出来ていた。
今流行の限定御朱印を頂くために並んでいると言う。
2時間待ちとか・・・
画像

狛犬は脚がまっすぐ、胸を張ってキリッとしたスタイルの招魂社系(岡崎古代型)。
堂々としている。
阿吽だ。
画像

画像


お参り。
御由緒はネットによると
「730(天平2)年に峡田の稲置(町屋・三河島地区周辺の官職者?)らによって、大年神・日本武尊の二柱を上野忍ヶ岡の地に奉斎し、創建されたと伝えられている。
940(天慶3)年、田原藤太秀郷が当社に参籠して平将門追討の戦勝祈願をし、その平定後、報恩のため社殿を新に造営したという。
1627(寛永4)年寛永寺が建立されることとなり、社地を上野山下に遷されるが、この社地が狭かったため、1680(延宝8)年に広徳寺門前町に替地して社殿を造営した。
当社は「正一位下谷稲荷社」と称し奉られており、この時から周辺地域が稲荷町と称されるようになった。
1872(明治5)年に社号を「下谷神社」と改め、翌1873(明治6)年には郷社に列せられている。」
と言う事だ。
画像

この神社のもともとの名称であった下谷稲荷社。
この周辺は稲荷町ともいう。
画像

舞殿ではお囃子が始まっていた。
お祭りだナ〜〜〜〜〜。
画像

周囲は露店だらけ。
また、もの凄い人出だ、
画像

昔ながらの露店。
金魚すくい。
画像

射的。
画像

傍の町会のお神酒所前に飾られていました。
画像


今年は時間が悪かったのかお神輿を担いでいる人達に会えなかった。
勢いが有って良いのだがチョット残念!

今日の散歩は9,015歩で終了。

再来週は早くも浅草三社祭りだ。

夏祭のシーズン到来。

これからも楽しもう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

OLAF今年の最初の夏祭り(’17年5月7日 下谷神社) 我が家のOLAF/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる